【監督】マーク・ウェブ
【出演】アンドリュー・ガーフィールド/エマ・ストーン/ジェイミー・フォックス/デイン・デハーン/ポール・ジアマッティ/サリー・フィールド
【公開日】2014年 4月25日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
スパイダーマンとしてニューヨークの人々を守り、ひとりの男性として恋人グウェンを愛する日々を送るピーター・パーカー。しかし、街を離れていた旧友のハリー・オズボーンが戻ってきたことから、その生活に少しずつ変化が現れる。そんな中、高圧電流を武器とするエレクトロ、強力なサイ型パワードスーツの超人ライノ、高速グライダーで全てを切り裂く冷酷なグリーン・ゴブリンなど、スパイダーマンのいない世界を作ろうと目論む強敵が次々と出現する・・・。
 
【コメント】
時折サム・ライミ版もテレビに放映される時があるのでちょっとまだ前シリーズの影もちらつき心から楽しめてるとは言えない・・と言うのが前作を鑑賞した際の言い訳にも似た弁だったんですけども、続編である今回は色々と衝撃展開多めでこれこそ正にアメイジング(驚き)の名を冠するにふさわしいといった感じがしましたねぇ。シリーズモノってのもやっぱり2作目からアクセル掛かってくるんでしょうかね?アクション、ドラマ共に見応えがあって良かった良かった♪

それこそ1作目だとキャラクターの紹介やヒーローになっていく過程を描く部分に時間を割かなければいけない時がありますしスパイダーマンもご多分にもれずといった感じなのですが、その土台形成が前作でちゃんと出来てるおかげか2作目の本作は冒頭からとても面白かった♪・・・もっとも、今回は最初からスパイディアクションに魅せられたと言った感じではなくて、むしろ最初はドラマ部分の方が濃厚で、好物のドンパチアクション諸々は後半に集中していた気がする。
アメイジング・スパイダーマンって恋人グウェンとのもどかしいロマンスも然る事ながら、行方不明となっているピーターの両親の謎に迫るサスペンスみたいな要素も含んでいるので、冒頭からその両親の真実がいきなり明るみとなったのが自分にとって最初のアメイジング(驚き)だった。このシリーズも3部構成でしょうから(4部の噂もあるけど)、もっとこう・・ジワジワ明らかにしていくと思ってたので、いきなりの核心には結構呆然となってしまったほど。オズコープ社にしても実は『バイオハザード』のアンブレラ社みたいな計画を秘密裏に行っていて、ヴィラン=悪が集中してるブラック企業であるというのも悪くない設定でしたね。

でもってそのヴィランは今回3人の大所帯でスパイダーマンに挑んでくるのですが・・・これはちと予告編とかにうまく騙されちまったいってとこですね^^;てっきりヴェノム&サンドマンのようにコンビを組んで襲ってくるのかなと予想してたものの、フタを開ければメインで活躍してたのは電撃魔人のエレクトロだけと言った風にしか見えなかった。グリーン・ゴブリンはエレクトロ戦が終わった終盤辺りで少しだけと言った感じでしたし、ライノに到っては別にいてもいなくてもどうでも良かった始末で、これもまあ・・・ある意味アメイジング(驚き)でしたね(笑)
ただゴブリンとライノに関しては観た感じ次作で大暴れといったようにも見えたのでそれが分かれば少し憤りは抑えられたし、その分本作ではエレクトロが大いに頑張ってくれたといったところ。電気人間と化し自らも電流となって攻撃できるそのスタイルはジョジョ4部のスタンド『レッド・ホット・チリペッパー』を思い出さずにはいらないほど個人的には歓喜モノで、スパイダーマンとのハイスピードアクションもテンション上がって非常に満足♪
そうそう、あとエレクトロ戦が終わった後のゴブリン戦にもアメイジングポイントがあって、これがやっぱり一番の衝撃だったかな?ヒロインは安全圏だと考えてただけに凄い油断してましたねぇ。終わり間際になって『ダークナイト』のような重さがどしーんと圧し掛かってきたのでした(;´Д`)


・・まあ両親の事グウェンの事ハリーの事と、なんだか前作以上に苦労人となってしまってて思わず同情してしまいそうにもなる今回のピーターでしたけども、その両親の真実やオズコープの陰謀を全て知った事、あと悲しみも乗り越えてスパイダーマンとしての責務と覚悟を決めたかのようなラストのセリフにはちょっと感動してしまった次第♪オズコープがある以上また新たな戦いは直ぐ始まるだろうしライノとは真っ最中なので、3はひょっとしたらいきなりライノ戦から始まるかもしれませんね?(笑
そいえば前作のトカゲ博士の前にも現れた謎の男もまた出ていましたが、あの人は一体何者なんでしょうね~?最後に何故かX-MENの映像も出てきたし、ひょっとしてアベンジャーズのように別作品とのコラボレーションを果たすための橋渡し的な人物だったりして?う~む、また新たな謎が出て来てしまいました・・(;・д・)
リブート版『スパイダーマン』の第2弾。前作のラストで「守れない約束もあるよね」なんておちゃらけたことを言っていたピーターだったけど、実はそのことがずっと頭の片隅にあり、一見すると「リア充」にもかかわらず前作以上に屈折したキャラに。そのせいでグエンとの関係もギクシャクしてしまってる。やっぱり「スパイダーマン」は外見が爽やか系イケメンのピーターに代わっても、ウジウジしないと成立しないのかな。屈折...
誕生日。地下鉄。父の遺言。
ピーターにエール!!!  
(原題:The Amazing Spider-Man 2) ----へぇ〜っ。『アメイジング・スパイダーマン』、 2作目ができたんだ。 確か前作は、あまり気にいっていなかったよね。 「うん。 監督が真瑛マーク・ウェブ。 『(500)日のサマー』における新鮮な映像感覚で注目を集めただけに期待は...
 アメリカ  アクション&アドベンチャー&青春  監督:マーク・ウェブ  出演:アンドリュー・ガーフィールド      エマ・ストーン      ジェイミー・フォックス ...
【THE AMAZING SPIDER-MAN 2】 2014/04/25公開 アメリカ 143分監督:マーク・ウェブ出演:アンドリュー・ガーフィールド、エマ・ストーン、ジェイミー・フォックス、デイン・デハーン、キャンベル・スコット、エンベス・デイヴィッツ、コルム・フィオール、ポール・ジアマ...
監督:マーク・ウェブ 出演:アンドリュー・ガーフィールド、エマ・ストーン、ジェイミー・フォックス、デイン・デハーン、サリー・フィールド 【4DX】 "座席が動く!風・水・香りが出る!!"のうたい文句に誘われ(笑)中国地区初上陸という「4DX」を体...
リブートした「アメイジング・スパイダーマン」シリーズの2作目です。 サム・ライミ
□作品オフィシャルサイト 「アメイジング・スパイダーマン2」□監督 マーク・ウェブ□原作 スタン・リー、スティーブ・ディッコ□脚本 アレックス・カーツマン、ロベルト・オーチー、ジェフ・ピンクナー□キャスト アンドリュー・ガーフィールド、エマ・ストーン、...
2012年公開の『アメイジング・スパイダーマン』の続編。何から何までパワーアップしての再登場。敵がひとりでも大変なのに、今回はエレクトロ、グリーン・ゴブリン、ライノと3体と対決っていうからどんなことに
1を観た訳でもないのに、特にスパイダーマンが好き、という訳でもないのに、何故か行ってしまった「アメイジング スパイダーマン2」。いや、何故か、というとちゃんと理由はあって、春休みに訪れたUSJ、そこで250分待ち(!!)のアトラクション「スパイダーマン」に2回乗ったから。「ジュラシックパーク」の一番前の席で全身びしょ濡れになってしまって、朝からダウナーな息子の気分が盛り返したアトラクションだ...
 【ネタバレ注意】  サム・ライミ監督の『スパイダーマン3』には、ヒロイン、メリー・ジェーンの恋敵として、グウェン・ステイシーが登場した。そのグウェンが、新シリーズではヒロインになっている。まったく逆の扱いだが、原作ではどちらかといえばグウェン・ステイシーがヒロインでメリー・ジェーンは恋敵だったから、これも新シリーズの原点回帰の表れだろう。  そして『アメイジング・スパイダーマン2』...
143分長いなぁと思いつつも、前作同様面白かった。
「アメイジング・スパイダーマン2」は2012年に公開された「アメイジング・スパイダーマン」の続編で、スパイダーマンとして活躍するピーターが再び数多くの難事件に立ち向かい、解 ...
14-41.アメイジング・スパイダーマン2,3D■原題:The Amazing Spider-Man 2■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:143分■料金:2,300円■観賞日:5月2日、TOHOシネマズ日本橋(三越前) □監督:マーク・ウェブ◆アンドリュー・ガーフィールド◆エマ・ストー...
【概略】 スパイダーマンとしてN.Y.の人々を守り、ひとりの青年としても恋人を愛し充実した日々を送るピーターの前に、強敵が次々と出現する。 アクション アメイジングシリーズ第二弾。 オズコープ社の御曹司のハリー・オズボーンをデイン・デハーンさんが演じています(これはイイ配役)。しかし、突然出てきて「親友」と言われても戸惑ってしまう。前作でもそうだったけれど全く持って主人公...
THE AMAZING SPIDER-MAN 2 2014年 アメリカ 143分 アクション/アドベンチャー/青春 劇場公開(2014/04/25) 監督: マーク・ウェブ 製作総指揮: スタン・リー 原作: スタン・リー 出演: アンドリュー・ガーフィールド:ピーター・パーカー エマ・ストーン...
かなり賛否両論だったみたいですが、今度の敵は、二倍二倍… というか、ダブルです。 しかも、マンネリを避けてか、サプライズ展開! 驚きました。 アクション満載、ユーモラスな味付けで、見方によると、やや、お子様ランチになった…かも。  でも、テーマ自体は深くて、もう少し、孤独と友情、恋、主軸をなす「希望」を掘り下げれば、ヨカッタかもしれませんね。 アメリカン・コミック自体...

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは♪

サム・ライミ版にちっとも思い入れがないもので(^^ゞ
っていうか、アンドリューくん目当てに1作目を観たという相変わらずの軽薄さで申し訳ないのですが、
アンドリューくんを観始めたら、お隣にいるデイン・デハーンくんに目が止まり、
「彼は誰だ」「どこかで観たことがあったか?」とずっと自問自答・・・
善人も悪人も、エリートもアブナイ人も演じ分けられそうな、今後楽しみな1人に認定しました(笑)

注目株ですね

>悠雅さん♪

サム・ライミ版に思い入れが無いのは、ひょっとしてE-MEN(イイ男)がいないからですか?^^;・・ま、まあそれは冗談としてw

デイン・デハーンは初見でしたけど、色々な方がディカプリオに似てると言うだけあって、本作でも役柄を含めかなり注目を集めてたと思いますね。日本の特撮と同じで、アメコミのマーベル作品もなんだか若手俳優の登竜門のように見えますから、彼の活躍が楽しみですよね。自分もチョイスしておきましょうかw

こんにちは

X-MENの映像はただの予告編だったみたいですよ。
紛らわしいですよね^^;

私はサム・ライミ版のイメージが強いので、軽めのスパイダーマンにもちょっと...というか青春映画してるのがいまひとつハマレないような^^;
でも映像はぐるんぐるんと凄かったですけど(笑)

No title

こんにちは♪

>前シリーズの影もちらつき心から楽しめてるとは言えない

これスッゲェわかりますよ!
「バットマン」もそうなんすけど、マンガチック全開の前
シリーズの方が好みだったりするもんで。
新シリーズもオモシロいことにかわりはないんですけどね。
ライノは思いっきり肩すかしでしたね~。
あれだけの装甲と重火器をそなえてる敵はそうそういない
から期待したんすけどね~。
次回作に期待ってぇところでしょうね。


>レッド・ホット・チリペッパー

やれやれだぜ…コレだからジョジョヲタは……r(^^;)
ていうかこの辺の文章はメビウスさんとボクの間で釣り針
たらして互いに釣りあげようってぇ感じですよね♪
(゚▽゚)v

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは!

サム・ライミ版に思い入れ
深い人多いですね~。
僕は実は「アメイジング~」の方が好きです。

まあそれも好みですからね!

ところでエレクトロ以外の敵は
とって付けたような感じですごく
(うーーーん)でした。。。

メビウスさんが言われるように
もっと徒党を組んでかかってくれば
良かったのに・・・次回に期待です(゚∀゚)

思い入れは強いものの・・

>yukarinさん♪

えー単なる予告編だったのですか^^;確か上映前にもX-MENの予告編が流れてたと思うのですが、だとしたらどんだけプッシュしてるのだという感じに(笑)
マーク・ウェブ版の青春スパイダーマンはサム・ライミ版に思い入れが強いとやや抵抗感ありますね。でもでも少なくともまだ1作はありますからここらでそろそろ慣れないとw

>風情♪さん♪

確かに自分もまだサム・ライミ版が抜け切れてないものの、本作が嫌いというわけではないですし、むしろ今回は驚き要素が多かったので評価は高い方ですね。もう2~3年経てばディオの如く馴染む!!・・かもしれませんw
そうそう、それともう一つのコメントの方も有難うございます。やや不安もありますが、機会があればちょっと覗いてみます^^;

>ケントさん♪

自分の場合、スパイダーマンの物語を本格的に知ったのがやはり前シリーズのサム・ライミ版でしたので、必然的に思い入れが強くなってしまいましたねぇ。登場するヴィランもカッコ良かったですし。そういう意味だとアメイジングの1作目は、ヴィランにあまり惹かれなかったというのも相まって少し失速感があったかも?ただ今回はエレクトロが凄い強かったですし、ゴブリンとライノは肩透かしだったものの、次回作での大暴れには期待できるので楽しみですね♪オズコープの研究所にはライノのような兵器がまだ幾つか残ってたので、また新しいヴィランも出てきそうな予感がします。

こんばんは

メビウスさん、こんばんは!

こっちのピーターの軽いノリに馴染めないところがあって、どうも作品に入っていけないんですよねー。
どっちかというとヒーローものというよりは青春ものですよね。

遅くなりました

また旅に出ていたのでお返事遅くなってごめんなさい。

ピーターとスパイダーマンとであまりに性格が違っているのが気になる点ではあるし、敵さんがみんな逆切れ八つ当たりってところが設定的にどーよって感じはあるのだけど、派手のなアクションに、頭脳戦に、苦悩と葛藤などなどてんこ盛りだったので休みなく楽しめました。

でもヒロインのグウェンは勿体無かった~~
最初からそういう運命なのは解るんだけど、もう1作くらいなんとかならなかったのかなぁ~とか思ったり。

青春活劇

>はらやんさん♪

前作も本作もジャンルが少し違うようなマーク・ウェブ監督ですもんね^^;彼の作品上、アクションよりもどことなく青春寄りになってる感じ、否めない気はします。
そいえば3作目も監督は続投すると聞いてますが、グウェンに変わる新ヒロインともしかしたらまたこういう流れになっちゃうのかな?(汗

>たいむさん♪

今回の敵のエレクトロは自己中心的で逆恨み的な考えでしたし、ハリーもハリーで自分の思い通りに行かなかったからこれまた逆恨みと確かに敵対する理由としてはしょーもないですけど、マーベル作品にあんまり『深さ』は求めてない方なので、個人的にはこれくらいアバウトというか、単純でも良かった気はしますねw

あとグウェンは原作だと同じように悲運な最後を遂げてしまうキャラクターだというのを鑑賞後に他のブロガー様から教えて頂きましたけど、これに関しては先に知らないで良かったとも思ってます。知らなかったからこそ自分には一番の衝撃でしたからね♪・・でも悲しい--;

心の叫び~

メビウスさん、おはようございます^^
TB&コメント、ありがとうございましたm(__)m

前作が良かっただけに、正直期待ハズレ感大でした。
アクションシーンが少なかったこともそうですが、
何故にグウェンを・・・。 あのグウェンのシーンで、
「次作があっても絶対観ないぞ~」と心の中で叫んでいました(笑)

こんばんは。

こんばんは。

ぼくが試写で観たときは、
最初に「エンディング・クレジットはまだ完成版ではありません」とのアナウンスが流れ、
どういうことかなと思ったら、
なるほど『X-MEN』繋がりでしたか。
ヒロインに関しては、
リチャード・ドナー版『スーパーマン』のような
ロマンチック・シーンが描かれていただけに、
その結末にはビックリしてしまいました。
次回作で、果たしてどのような展開を見せるのだろう?
簡単に新しい恋には走ってほしくないです。

なかなかの喪失感

>cyazさん♪

なんだかんだでグウェンの喪失はやはり大きい気がしますよね。ようやくくっ付いたかな?と思った矢先の悲劇でもありましたし自分も悲しかった・・。まあ3で新ヒロインが出るにしましても、それをまた受け入れられるかどうか個人的にも少しばかり不安ですね・・^^;

>えいさん♪

『X-MEN』の映像は突然出てきたので、そういった情報を知らなかった自分もかなり呆気に取られてしまいましたねぇ。それこそ本作と全然繋がりを感じさせない場面でもあったので、『これもしかして事故?』と勘ぐってしまいました^^;果たして繋がるのやら?

あとグウェンの後釜としてはMJが控えてるのかもしれませんが、自分も出来れば新しい恋はちょっと抑えて欲しいところですね。3ではハリーとの対立を主軸にした方が面白くなりそうな気がします♪

ありがとうございます!

ここなつ映画レビューのここなつです。こんばんは。
こちらにも訪問していただきましてありがとうございました。
私はスパイダーマン的なものに全く思い入れはなかったのですが、本作は楽しめました。
今回のピーターの身に起こった事は、アメイジングだったのですね。ふむ…ブログ参考になります。
又どうぞよろしくお願いします。

少々勿体無い

>ここなつさん♪

個人的に両親の真相はもうちょっと後から明らかになるんじゃないかな~とも思ってましたし、ヒロインのグウェンの悲劇も原作を読んでいなかった故に自分には良くも悪くもなアメイジングでしたね^^;エマ・ストーンもべっぴんさんだったので、ここでの退場は少々勿体無い気もしました(汗

3もどんなアメイジングが起こるのやら?

こんにちは

「クロニクル」のデイン・デハーン君ですが
相変わらず繊細そうで神経質そうな顔立ちをしていて、
そこがウリでもあるので、彼のハリー役はなかなか良かったです
ただ…今回やけにスパイダーマンがチャらい。ストーリーも軽めで、敵としてのエレクトロの背景もスパイダーマンは知らず、むしろグウェンのほうが詳しいくらいだった
グウェンといえば最愛の人の死ですが、
こういう唐突に失う人への愛情って消えにくいんですよね
3作目で恋人:MJで出てきたら「おいっ」ってなりそうだけど(笑)

どうなるヒロイン

>makiさん♪

デハーンくんの初見ですが、自分は『ちゃんと栄養のあるもの食べてるのかな?』という印象も抱いちゃいました^^;(笑
まあ役柄上なのかもしれませんが、それでも確かに繊細な面持ちもありますね。サム・ライミ版のジェームズ・フランコとはまた違うハリー像を醸し出しているので、観比べとかが面白そうな気もします^^

続編でMJはどうでしょうね~?出したら出したでグウェンは無かったことかよとか心変わり早過ぎとも言われそうですし、かと言ってヒロインがいないスパイダーマンもなんか華が無いし・・・(汗
いずれにせよそこら辺でまた作品の賛否が分かれそうな予感もしますね。

こんばんは!

メビウスさん、こんばんは。
自分もこの手のヒロインは安全だと油断してたので、まさかの展開に呆然としました。
こういう意外性を持たせた展開には弱い人間です。
なので1作目よりも評価は高いですねぇ。
アクションもどれも素晴らしく見応えがありましたし、所々でウルッとする場面もありましたし、時間の長さを忘れる位に夢中になって観ていました。
ハリーとの決着がメインとなる(であろう)3作目も楽しみにしたいです。

ヒロインの安全圏が・・

>ヒロ之さん♪

大抵の作品でヒロインはピンチになるもののギリギリで主人公に助けられたりするのが定番のような感じなので、本作のグウェンの結末は正に意表を突かれましたね。ヒロインは安全と言う既成概念を崩した意味で、自分も結構評価高くなっちゃいました。正にアメイジングです(笑

3作目は新しい恋をしなくていいので、ハリーたちヴィランとの戦いを本格化させて欲しいですね。

PAGETOP