【監督】ルイ・レテリエ
【出演】ジェシー・アイゼンバーグ/マーク・ラファロ/ウディ・ハレルソン/アイラー・フィッシャー/デイヴ・フランコ/メラニー・ロラン/マイケル・ケイン/モーガン・フリーマン
【公開日】2013年 10月25日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
アトラスら4人のスーパー・イリュージョニスト・グループ“フォー・ホースメン”はラスベガスでショーを行いながら遠く離れたパリの銀行から金を奪い、観客の度肝を抜く。この複雑に計画された不可解な犯罪に当局が動き出す。FBI捜査官のディランとインターポールのアルマは、フォー・ホースメンがもっと大がかりな犯罪を行う前に阻止しようとするが、まったく尻尾を掴むことができない。そこで捜査陣はマジックの種を暴くことで有名なサディアスの協力を仰ぐが・・・。
 
【コメント】
これは去年の出張期間中に公開されていて、自分が帰って来た頃には既に終了した後だったという非常に悔しい思いをした作品ですwレンタルしてようやく観る事叶いましたけど、これは期待通り面白かったですね^^トリックモノや謎解きサスペンスなどは下手に考え込むよりもやはり素直に騙されて驚いた方が楽しいし、本作もフォー・ホースメンの繰り出すイリュージョンの数々に自分も気持ち良く翻弄されてしまったといったところ♪

話の展開としてはフォー・ホースメンの4人が大掛かりなトリックを駆使し、銀行や大富豪の口座などから華麗に現金を強奪するといったもので、ここら辺だけを見ればなんだか『オーシャンズ』シリーズにマジックを加えた内容・・と言った感じに見えなくも無かったですね。勿論トリック自体も奇想天外なものばかりで面白かったんですけども、そのトリックで何より重要に見えたのが他でもない4人の巧みな連携プレーによるとこも大きかった気がしたもんですので、だから自分はちょっとオーシャンズにも似てるかな~なんて思っちゃいましたね^^;

また本作にはアトラスら4人のホースメンの他に黒幕とも言える5人目のホースメンがおり、そのミステリアスな存在やアトラス達を集めて壮大なイリュージョンを仕掛けた真の目的が判明した時に明かされる正体を知った瞬間、やっぱりビックリャこいてしまった。大掛かりな強奪計画の裏にあったのは大掛かりな復讐計画でもあったようで、いやはや自分も『あの人』は怪しい人物リストから見事に除外してたもんですからスッカリ騙されてしまいましたねぇ。・・そいえばアトラスが『近づけば近づくほど逆に見えなくなる』なんてことを言ってましたが、今思えばこのセリフが黒幕の正体に気付かせてくれるヒントだったのかもしれません。


・・ただホースメン達のトリックと真相諸々には結構スッキリ爽快な騙しを味わえたのですが、『アイ』という秘密組織?集団?みたいなものの存在に関しては個人的にちょっとスッキリ・・とまでは行かなかったかも知れない。・・・まあ不透明で曖昧であるからこそ謎っぽくて良いんでしょうけども、それでも出来ればもう少し劇中で突っ込んだ説明が欲しかったかなぁ?それこそ本当に魔術の類を知ってるのか気になりましたし、世界中にメンバーがいて純粋なマジシャンをスカウトしてるという話を信じるならば、今度は別の場所で別なマジシャンが活躍するお話をまた作って、そのついでにアイも掘り下げていけばまた面白くなるかもしれませんねぇ?
あと若手やベテランで編成されていたキャスティングも見応えがあり、自分は主演のジェシー・アイゼンバーグがカッコ良かったですね。マシンガントークが『ソーシャル・ネットワーク』から全然変わってなくて可笑しくもありましたけど、トレードマーク(?)の天パがサラサラヘアーになったことでイケメンぶりの方はかなり上がってたんじゃないかと思う。個人的には本作の髪型の方がジェシーには似合ってた気もしますw
NOW YOU SEE ME 2013年 フランス/アメリカ 116分 サスペンス/犯罪 劇場公開(2013/10/25) 監督: ルイ・ルテリエ 『タイタンの戦い』 出演: ジェシー・アイゼンバーグ:J・ダニエル・アトラス マーク・ラファロ:ディラン・ローズ ウディ・ハレルソン:メ...
マジックやイルージョンというのは人それぞれに楽しみ方があるかなと思います。 マジ
単なるマジシャン集団のマジックの謎を暴け!ではなく、何のためのイリュージョンか誰のためのものか、などが最後に明らかになる娯楽作で、とても面白かったです。 ジェシー・アイゼンバーグ、マーク・ラファロ、ウディ・ハレルソン、メラニー・ロラン、アイラ・フィッシャー、デイヴ・フランコ、コモン、マイケル・ケイン、モーガン・フリーマン、うん、豪華キャストですな。 ダイナミックなマジックの仕掛け、そのド...

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは!

メビウスさん、こんばんは!
コメント&TBありがとうございました。
華やかなマジックの数々には目を奪われるものがありましたね。
またそのマジックの種を明かしていく部分にもそういうのが好きな自分としては楽しさを抱かされました。
この騙し、騙されな後半部分まではすこぶる面白かったんですけど、黒幕が出てきた時には素直に「おおっ!」てはならなかったんですよねぇ。
逆に「え~??」ってなっちゃった訳で、理由を説明されても今ひとつピンとこず、すっきりとした気分で観終える事が出来なかったので、そこが自分的には凄く残念に思えました。
自分の記事にも書きましたが、同じマジック映画でしたら、笑っちゃうほどに綺麗に騙された「プレステージ」の方が映画としての後味も良くて好きですねぇ。

黒幕も美人な方が・・

>ヒロ之さん♪

マジックが結構大掛かりなものが多くて派手でしたし個人的には好みでしたねこの作品♪あ、でも黒幕の正体になんか「え~っ」ってなっちゃう気持ちはなんとなく分かる気が・・^^;立ち位置としてならあの人じゃなくても良い気がしましたし、それにどうせならあの女性の方が良かった気もしますよねwモーガン・フリーマンも怪しかったですけど、こちらは的外れでした(汗

こんばんは

メビウスさん、こんばんは!

マジックのシーンは観ていても大掛かりでワクワクしましたよね。
まさにイルージョンという感じでした。
自分は謎解きにウンウン唸るタイプなのですが、今回はあまりそういうのを気にせず流れに身を任せて楽しめました。
こちら続編が作られることになったんですよね。
今から楽しみです。

おおっ♪

>はらやんさん♪

ホースメンたちのマジックが現実的に可か不可かはともかくとして、少なくともあの大掛かりなイリュージョンの映像はエンタメとして観ればかなり面白かったので、自分も流れに逆らわず騙されるとこは普通に騙されて楽しんでましたね(笑

と言うか、続編がもう決まったのですかっ?それは初耳でした^^;嬉しいですね~。出来ればキャラクターも舞台もまた異なる内容にして欲しいです♪

こんにちは

大変楽しく観る事が出来ました♪
最後のオチでええーって衝撃を感じるか否かは、その人の鑑賞の仕方だと思うんですが、この作品の場合は流れにのったまま見るのが正解なのかな?と思ったりも。
確かに不自然な最後の謎解きオチでしたが、理由自体はなんら不自然ではなかったですもんね
それよりも催眠術をかけられた12人が、解かれてないのでいつまでもタックルし続けるのか興味あります(笑)

流れ任せ

>makiさん♪

一番バカっぽい人が実は一番の策士だったわけなので、個人的には結構衝撃を受けちゃった方ですね。「おまえかよーっ!?」といった具合に^^;(笑
ただ所々の会話や行動に伏線もあったので、カンの鋭い人はやっぱりピンと来たのかも?自分は完全に流れに身を任せてたので、牢屋のシーンでそうなのねって感じでしたw

そいえばあの暗示にかけられた12人はどうなっちゃったんでしょうね?ホースメンが逃げる時の為に用意した人達なので、あのままハイサヨナラならちょっと後始末が悪い気がします(汗

PAGETOP