ブラザーズ・グリム

【監督】テリー・ギリアム
【出演】マット・デイモン/ヒース・レジャー/モニカ・ベルッチ/レナ・へディ
【公開日】2005/11.3
【製作】アメリカ

【ストーリー】
19世紀のとあるドイツの村。そこでは呪われた森の中で、次々と少女達が姿を消すという事件が立て続けに起きていた。その事件の解明を依頼されたのがグリム兄弟だった。
今まで色々な魔物退治で賞金を稼いできた兄弟は、そこで想像を絶する数々の魔術的な事件に遭遇する・・・


【コメント】
テリー・ギリアム監督の実に7年ぶりの新作。

グリム童話の世界観を元に、ダークファンタジー的なアドベンチャー映画となっており、有名な『赤ずきん』や『白雪姫』、『ヘンゼルとグレーテル』等に出て来たキャラクターや有名なシーンがストーリーの随所に散りばめられています。
実際の童話と関連性はないものの、オリジナルの物語に上手く絡めていると言う点では、結構斬新な内容だったと思います♪
グリム童話を好きな方なら、新鮮な感じで観れるのではないでしょうか?

中世を思わせる幻想的な街並みの再現も然ることながら、劇中に出て来る不気味な森を作る為に、膨大な数の木を植えまくったと言う森のセットもかなり本格的ですし、そこにCGの美麗さも加わると見所がかなり増えてきます。
ジンジャー・ブレッド・マンと呼ばれる泥状のモンスターや、蠢く木、謎の狼と、異形なクリーチャー達も色々な場面で活躍するし、謎の狼に到っては、狼から人に変身するシーンを見て『か・・可変式?!それじゃ狼はMA形態か!!』と変な所でガンダムマニアの心をくすぐられた気がしました(^▽^;)(笑

ただ・・ファンタジー映画としてはイマイチ盛り上がりに欠けているのではとも思ってしまいます。
意外な結末と言う展開も無いですし、全体的に観ても緩い感じがどうしても出てしまっているような気がするのです。
自分がグリム童話と言うものにあまり関心がないのにも要因があるのかもしれませんが、観てる途中であくびが出てしまったんですよね。この頃6時間以上寝てるので寝不足ではないと思いますし・・

それにラストもイマイチ中途半端な感じを思わせ、個人的には素直にハッピーエンドと呼べず、宙ぶらりんな気持ちになってしまいました。
観終わった後も『あ~面白かった~♪』と言えるようなすっきり感が沸いて来なくて、結果、ファンタジー映画としては娯楽性が低い映画。と言うのが個人的見解です。

『指輪~』や『ハリポタ』と違い、少々残酷描写も交えているので万人向けかどうかは微妙な所ですね。

※ついでに言うと主人公のグリム兄弟を演じたマットとヒースの役所も、ギリアム監督の意向通り、ヒースがグリム兄、マットがグリム弟の方が良かったと思います。終始マットが兄と言うイメージがちょっと薄かった・・・(-_-;)

『ブラザーズ・グリム』公式サイト
鬼才テリー・ギリアム監督7年ぶりの最新作。 テリー・ギリアムと聞くと何となく凄い人というイメージがある。 今も「未来世紀ブラジル」「12 モンキーズ」が代表作なのね。 19世紀“赤ずきんちゃん”や“ヘンゼルとグレーテル”の住むドイツの村を舞台に、少女の連続失踪事
昨日の晩飯の時間。ダンススクールでお母さんいなかったので私が必然的に晩ご飯担当に。帰ってから何も作る気力なかったのでコンビニでお惣菜を買って帰って主食はカップ麺にしちゃいましたw
グリム童話の世界を大胆にアレンジしたファンタジー映画。
 ヅラネタ満載のピーター・ストーメア。彼、笑えます。 「シンデレラ」「白雪姫」「赤ずきんちゃん」「ヘンゼルとグレーテル」等々、グリム童話のエピソードで織り成す冒険ファンタジーなのですが、かなりブラックだったし、ディズニーに対して挑戦状を叩きつけてるような
11月3日公開の「ブラザーズ・グリム」を観てきました。この映画は、「未来世紀ブラジル」、「12モンキーズ」などのテリー・ギリアム監督の7年ぶりの新作だそうです。タイトルにもなっているグリム兄弟を始め、グリム童話のキャラクターやエッセンスをストーリーの中に散り..
観る前からB級っぽい匂いがプンプンする作品(笑)
登場する人物たちにちっとも魅力を感じず,映画の世界を楽しめなかった・・・
今日は2人ともお休みだったので一緒に試写会。よみうりホールでの試写会だったので、ちょっと早めに行ってビックカメラで「通勤一筆」を買ってもらいました☆やった~☆明日から毎日通勤時に楽しみます。{/kaeru_en3/}STORY 日本語オフィシャルサイトウィルとジェイ
「ブラザーズ・グリム」 一ツ橋ホールで鑑賞誰でも小さい時から親しんだグリム童話がモチーフとなっている作品。、グリム兄弟が物語を書く伝記的なものではなく、アドベンチャー、ファンタジーとして仕上がっています。VFXもたくさん使われて印象的な映像がたくさんあり
大好きなテリー・ギリアム監督の最新作。全作品好きな映画ですけど、特にお気に入りは「バンデットQ」と「フィッシャー・キング」。ギリアム監督はファンタジーで本領発揮する人。この新作は「バンデットQ」や「バロン」そして処女作「モンティ・パイソ...
《ブラザーズ・グリム》 2005年 アメリカ映画 - 原題 - THE BRO
伝説の兄弟がすべての謎に立ち向かう!ーというか悪魔退治?? "グリム童話がモチーフとなった、愛と冒険の未知なるファンタジー"ということで,いつものように予備知識なく試写会に参加。毒ある、裏グリムワールド。 最初に言っておくと、ファンタジーと言ってる
初日だけあって館内は満員御礼状態でした。す、すごい。でもこの作品、どちらかというとB級じゃないですか?始まりからなんかこう緩~い笑いが浮かんでしまって、ずっとその笑いがはりついたままでした。一番最初の魔女退治ですが「これってニセモノじゃ・・・」なんてすぐ
2005年のワースト候補。グリム兄弟を好きになれないせいで作品の全てが悪く思えてしまいました。ストーリーに盛り上がりはなく構成が悪かったです。寝不足の人は観ない方が良いです。
アメリカ&チェコ合作 117分監督:テリー・ギリアム出演:マット・デイモン    ヒース・レジャー    モニカ・ベルッチ    ジョナサン・プライス19世紀のフランス占領下のドイツで兄ウィルと弟ジェイコブのグリム兄弟は各地の村を旅してその...
一晩寝てから改めて感想を書きますが、とりあえず。ピーター・ストーメア、やっぱり私アンタ大好きさ!はい、それでは感想。うーん、やっぱり消化不良。10年前にビッグネーム連弾(ブルース・ウィリス、ブラピ出演)に釣られてみた「12モンキーズ」ははっきり言ってダメ
ギリアムっぽいよぽいよぽいよ~ブラザーズ・グリム(THE BROTHERS GRIMM)http://www.b-grimm.com/《ストーリー》地方の村々を巡り民間伝承を蒐集するかたわら、魔物退治と偽り村人から多額の報酬を得ていたペテン師まがいのグリム兄弟が、ある時本物の魔女と対決するハメ
早起きしたので(したくはなかったが)、午前中は映画館へ。今日から公開になった表題作を鑑賞した。詳しい感想はサイトの方へ書いたが、まぁまぁ期待通り、かつ予想通りにつまらない作品だった(苦笑)。コレ、あちらではコケたらしいけれど、日本でも難しいなぁ。いくら最
生きている ぼくらはみんな ペテン師だ  ジャンルに「ファンタジー」と書かれてる。でも、「だまされた、ホラーだという」解釈もある。単なるファンタジーだとか、グリム童話が好きで、とかで観てしまうと、なんじゃこれ、になってしまう。この映画は、テリー・ギリアム
ファボーレ東宝にて本日全国公開『ブラザーズ・グリム』を見てきました。出演は『ボーン・スプレマシー』『オーシャンズ12』の「マット・デイモン」、『サハラに舞う羽根』の「ヒース・レジャー」。共演に『マレーナ』の「モニカ・ベルッチ」。監督は『未来世紀ブラジル』
久々のテリー・ギリアム監督作品、しかもファンタジー、しかもグリム童話ときたら、期待するなというほうがムリってもんですよね。しかも主演がマット・デイモン、ヒース・レジャー、モニカ・ベルッチですよ。でも、この顔ぶれって何となくテリー・ギリアムっぽくないような
ブラザーズ・グリム上映時間 1時間57分 監督 テリー・ギリアム出演 マット・デイモン ヒース・レジャー モニか・ベルッチ ピーター・ストーメア グリム童話誕生秘話。赤ずきん、白雪姫、シンデレラ、ヘンゼルとグレーテルなど誰もが読んだことがある馴染みの....
最近は、試写会あたりの運が向いてきているらしくちょっとうれしい日々が続いております。その第一弾。「ブラザーズ・グリム」に小学生の娘と共に、夜行ってきました。もともと、マット・ディモンみたいなおサル顔が好きだし、ヒース・レッジャーだってわりとそうじゃない?
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆子供にはお勧めできないグリムの世界
作品:ブラザーズ・グリム監督:テリー・ギリアム主演:マッド・デイモン、ヒース・レンジャー、モニカ・ベルッチ制作:2005年 アメリカ映画館ブラザーズ・グリム 永遠の名作<グリム童話>の誕生にまつわる秘密とは?1本目は今日から公開のブラザーズ・グリム。童話好きな
マット・デイモン、ヒース・レッジャー、モニカ・ベルッチ主演ドイツの童話作家 グリム兄弟の物語この映画では兄弟が村の呪いや魔法を解くふりをして旅をし色々な言い伝えを書き記している 詐欺師のように描かれるある街でそんなペテンがばれそうになりフランス政府から、
 2005年11月7日『ブラザーズ・グリム』を観て来ました!2005年11月3日(木・祝)より丸の内ルーブルほか、全国松竹・東急系にてロードショー(東芝エンタテインメント/配給)★スタッフ&キャスト★ 監督:★テリー・ギリアム近況の監督~!脚本:アーレン・クルー
早々に観て来たよ~v(°∇^*)⌒☆イエイ鑑賞終了後のハニーとあたしの感想は「ビミョ~・・・・・」だった(-_-;)王女=魔女との壮絶な戦いや、ハリーポッターの様なファンタジーだと思っていた為あれれ?という感じ。と
19世紀のドイツが舞台。兄・ウィル(Matt Damon)と弟・ジェイコブ(Heath Ledger)のグリム兄弟は各地の魔物を退治して名をあげていた。ところがそれはデッチあげの作り芝居。礼金目当てのヤラセだった。しかしある日思いがけない展開から、ある村で起こった連続少女失踪事
冒頭のシーンでは、かなり期待が膨らみグリム童話に出てくる悪者をバッサバッサと倒してくれるのかと思いきや。。。見事に私の期待は裏切られ、チョットおちゃらけたグリム兄弟(マット・デイモン、ヒース・レジャー)にもゲンナリ。。。勝手に、ストーリーを想像して...
The Brothers Grimm 地方の村々を巡り民間伝承を蒐集するかたわら、魔物退治と偽り村人から多額の報酬を得ていたペテン師まがいのグリム兄弟が、ある時本物の魔女と対決するハメになるさまを、『赤ずきん』『ヘンデルとグレーテル』『眠れる森の美女』などのエッセンスを散
ブラザーズグリム鑑賞しました。友人が、長いと感じたそうで、ちょっとドキドキしましたが、私は、映画の世界に入り込めたので、時間は忘れてました~。グリム童話って、一応子供の頃に、読んでたけど、大人になってから「ほんとは怖いグリム童話」という本が出...
お気に入り度:★★予告を観た段階では、兄と弟の役が逆だと思っていました。うーん、というか逆のほうが良かったのでは(^_^;)観ている間中、マット・デイモンがどうしても兄役に思えなくて・・・ヒース・レジャーの方はちゃんと弟のイメージだったんだけどなぁ。
実は試写会が当たって・・・観に行くことになった『ブラザーズ・グリム』とんでもないのは、交通費が片道1240円 by JRもしくはドライブコース150km ^^;;;それでも出かけた自分にちょっと呆れてるけど・・・グリム兄弟は実はペテン師だった・・・超...
永遠の名作の誕生にまつわる秘密とは?オススメ度 ★★☆☆☆ひと昔前、本当は恐いグリム童話という本が流行りましたが、、一般的なグリム童話のメルヘンなテイストはゼロ、、、、むしろエグい、、。ドイツ出身のグリム兄弟、兄ウィルを演じるマッド・デイモン(米国出身)
「鏡よ鏡よ、鏡さん。世界で最も美しい女性はだあれ?」眠りの森の美女・赤頭巾ちゃんと狼、ヘンデルとグレーテルなど、バレエや歌劇でお馴染みの童話のエッセンスがつまっている。
ブラザーズ・グリム The Brothers Grimm (2005/アメリカ・チェコ)
公開初日から、映画「ブラザーズ・グリム」を観てきた。「容疑者室井慎二」や、「ステルス」観た時と比べると、若干空いてた。あんまり話題の映画じゃないのかね?まぁ仕方ないか。B級映画のニオイが漂ってるし。て言うか、完全にB級映画だったし。でも、ノリは嫌いじゃない
グリム兄弟、ウィル(マット・デイモン)とジェイコブ(ヒース・レジャー)は、魔物退治で賞金稼ぎをする旅を続けていた。しかし、ドイツの村で芝居がばれて、その地を支配するフランス将軍に逮捕されてしまう。将軍はグリム兄弟に命じ、森で10人の少女が姿を消した事
19世紀のドイツでの出来事・・・グリム兄弟のウィルとジェイコブは、地方を回りながら、その土地土地の言い伝えの物語を集めながら、またその土地の人達を苦しめている魔物達を退治していたのでした。実は魔物退治とは名ばかりで、裏で仲間と共に工作をして、...
前から気になってた、奇才テリー・ギリアム監督、久々の作品「ブラザーズ・グリム」を劇場鑑賞。伝説の魔物退治師、グリム兄弟。10人の子供の失踪事件を受け、暗黒の森へ!背景、衣装、色彩、世界観、さすがギリアム。映像は、超A級。人喰い馬、かっちょ...
CAST:マット・デイモン/ヒース・レジャー/モニカ・ベルッチ 他 他■アメリカ/チェコ産 117分ちょっとむか~し『本当は恐ろしいグリム童話』を読んだ時には、あまりにもグロくてエロくてドキマギした記憶が残ってます。でも映画はグリム兄弟が主人公のお話です。彼らは
観てまいりました!グリム童話大好きです* とりあえず純粋なグリム童話ではありませんでした(笑
人気blogランキングに参加してます!ここを一度クリックして頂けるとありがたいです。ご協力お願い致します。グリム童話の誕生に隠された愛と冒険の未知なるファンタジー永遠の名作<グリム童話>の誕生にまつわる秘密とは?
コメディじゃないの?ファンタジーなの?どっち?事情があって冒頭から見ていない。赤頭巾の女の子が森に入っていく場面から見た。もしかして一番大事な場面を見逃した?冒頭からしてすでにへましてる私…純粋なファンタジーかと思って見ていた。…ら、違った。これはコメデ
危ないねえ・・赤ずきんちゃん。。。黄色のずきんのがいいよ・・森を歩くのは・・。
注意:ネタばれ有りなので、これから観る予定の方は楽しみが損なわれることをご承知いただいた上で御覧下さい。有名な童話作家のグリム兄弟は、実は魔物退治を演じて金を稼ぐペテ
●ブラザーズ・グリムをTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 ウィルとジェイコブのグリム兄
「ブラザーズ・グリム」を観てきました。 ブラザーズ・グリムオフィシャルサイト オ...
【渋谷TOEI2】 19世紀のドイツ。兄ウィル(マット・ディモン)と弟ジェイコブ(ヒース・レジャー)のグリム兄弟は各地の村を旅して、その地に伝わる古い物語を集め回っていた。その一方で、村人たちを苦しめている恐ろしい魔物がいればそれを退治し、賞金を手にしていた。と
監督:テリー・ギリアム出演:マット・デイモン,ヒース・レジャー,モニカ・ベルッチ,レナ・へディ,ジョナサン・プライス,ピーター・ストーメアウィル(ヴィルヘルム)とジェイコブ(ヤーコプ)・グリム兄弟は、いかさまの魔物退治で賞金稼ぎをする旅を続けていた。し...
「ブラザーズ・グリム」を観てきました。ブラザーズ・グリムオフィシャルサイトオフィシャルサイトフラッシュ重すぎ(;´Д`)レディースデーにて、ほんとうは別の映画を見たかったのだが、夜やっていなかったので...
あのテリー・ギリアムの最新作!!私は「未来世紀ブラジル」が好きなんだけど、最後に見たのは「ラスベガスをやっつけろ」だったかなぁ・・・・。こんなにCMやってるしメジャーな感があるのは、「12モンキーズ」以来かもしれない。でも、この映画を真面目な「ハリポタ」の
試写会「ブラザーズ・グリム」開映18:30@九段会館「ブラザーズ・グリム」 THE BROTHERS GRIMM 2005年 アメリカ・チェコ配給:東芝エンタテインメント監督:テリー・ギリアム 製作:ダニエル・ボブカー、チャールズ・ローヴェン製作総指揮:ジョン・D・スコフ
テリー・ギリアムの『未来世紀ブラジル』が大好きで。 なんか、久しぶりにその感覚に再会して嬉しかったよ。 <STORY> ウィル(マット・デイモン)とジェイク(ヒース・レジャー)のグリム兄弟は、魔女退治と称して、“ウソの魔女”を登場させて、退治したフリをしながら、
映画鑑賞が趣味になって数ヶ月、どうやら私は恋愛物が嫌いでファンタジーが好きらしいということが、だんだんわかってきた。 なので、今日見た『ブラザーズ・グリム』は予告編を見たときから楽しみにしていた映画の一つだ。 さっそく映画の感想を、、といきたいところだが、
この作品はコンセプトが見事だった。童話というのは所謂、ファンタジーである。しかし、この21世紀のエンタメ界で一大勢力を形成したファンタジー勢力分布派もはや留まるところを知らない。勿論始まりはスターウォーズであったが、その原作をも超え、幾重にも積み重ねた沢山
「ブラザーズ・グリム 」★★★マット・デイモン,ヒース・レジャー,モニカ・ベルッチ出演テリー・ギリアム監督,2005年アメリカ「こうしてグリム兄弟は童話を書くようになったとさ」その前夜、兄弟の驚くべき冒険談が描かれている。この大げさな...
本日は『ブラザーズ・グリム』を鑑賞。鬼才:テリー・ギリアム監督の、なんと7年ぶりの新作だ。テリー・ギリアムといえば、映画ファンにとっては“映画界きってのトラブル・メーカー”というイメージが定着しまくっていると思う。“7年間の沈黙を破って”と言えば聞こえはい
いろんなキャラがチョロチョロ出るので取り留めのないストーリーに思えた。序盤は面白くなりそうと期待したけど、惹き込まれることなく、傍観したまま、あっけない最後を迎えてしまいました。私には、新しさが感じられなかった。今までどこかで観たことがあるような、新鮮..
映画館の予告編を観て公開を楽しみにしてた作品である “驚愕のファンタジーワールド” ワタクシが最も大好きなジャンルである。キャ~ わくわく ドキドキだわぁ~(●⌒∇⌒●) 。。。。って何だこりゃ?? う゛~~~っ ちょっと違ったな。。。てか騙されたわ( ̄_..
「ブラザーズ・グリム」THE BROTHERS GRIMM / 製作:2005年
グリム童話~~このメルヘンに盛り込まれた幻想的な世界、そして戒め、残酷絵・・・「血肉」「魔女」「呪い」「死」。。。日本のお伽話と同様、子供向けの物語とは言え奥が深い。そしてこの作品「グリム兄弟」~‘赤ずきん’‘ヘンゼルとグレーテル’などの童話を取り....
さるおです。 『THE BROTHERS GRIMM/ブラザーズ・グリム』を観たよ。 監督は、69年にコメディ集団モンティ・パイソンを結成し、当時は監督・脚本・出演の3役をこなす大活躍、『TIME BANDITS/バンデットQ』『BRAZIL/未来世紀ブラジル』『THE ADVENTURES OF BARON MUNCHAUSEN
劇場で観ました。「未来世紀ブラジル」「12モンキーズ」の奇才テリー・ギリアム監督作品なんで観ました。CGは流石によく出来ています。魔物が出てくる映画だと思っていましたが、そうでもなかったですし、「赤ずきん」「ヘンデルとグレーテル」などグリム童話の話を上手にス
テリー・ギリアム監督作品、マット・デイモン主演の、映画 「ブラザーズ・グリム」を観た。グリム兄弟の魔物退治。感想。①ツバ、吐き過ぎ。②マット・デイモンより、ヒース・レジャーの方が兄だと思った。③カエルにキス・・ってソレ、“キス”?!見所。①ヅラ。②狼の俊
鬼才(奇才?)テリー・ギリアムグリム兄弟の童話からインスピレーションを受けた、素晴らしいイマジネーションの世界へ誘われる。★「ブラザーズ・グリム」 2005年アメリカ 117分  監督:テリー・ギリアム 出演:マット・デイモン    ヒース・レジャー  
5.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。)ん?これってファンタジーなの?変な映画を作らせたら随一の奇才テリー・ギリアム監督が作ったグリム兄弟を題材にした作品と言ったらファンタジーを期待してしまうし、実際そのよーな宣伝がされてたと思った
娘は「本当は恐ろしいグリム童話」のファンでして、 これだけは絶対見るとか言うて。(おい) 本当は恐ろしいグリム童話桐生 操 ベストセラーズ 2001-01売り上げランキング : 23,907Amazonで詳しく見るby G-Tools グリム兄弟ってサギ師だったの?! ま、まあOPの
評価:★5点監督:テリー・ギノアム  主演:マット・デイモン ヒース・レンジャー モニカ・ベルッチ2004年 117minウィル(マット・デイモン)とジェイク(ヒーズ・レンジャー)・グリム兄弟は、いかさまの魔物退治で賞金稼ぎをする旅を続けてい....
製作年度 2005年 製作国 アメリカ/チェコ 上映時間 117分 監督 テリー・ギリアム 脚本 アーレン・クルーガー 音楽 ダリオ・マリアネッリ 出演 マット・デイモン 、ヒース・レジャー 、モニカ・ベルッチ 、ジョナサン・プライス 、レナ・ヘディ テリー...
 『ブラザーズ・グリム』 監督:テリー・ギリアム(「12モンキーズ」)出演:マット・ディモン(「ボーン・アイデンティティ」「オーシャンズ12」)   ピース・レジャー(「 」)   モニカ・ベルッチ(「マ...
世界中で最も愛されるグリム童話。その誕生の影に実在したグリム兄弟の恐怖と魔法のアドベンチャーがあったら・・・。誰も知らないグリム童話の恐ろしい真実と謎が、遂にこのファンタジー大作で解き明かされる!テリー・ギリアム監督がグリム童話誕生秘話をイマジネーショ...
グリム童話にはいろいろな説があって、それが結構興味深かったりする。そのグリム兄弟が主人公、マット・デイモンが主演ということでちょっと期待して観ました。DVDで鑑賞。グリム兄弟は魔女伝説を利用して、いかさまの魔物退治で賞金稼ぎをする旅を続けていた。とこ
はい、Guten Abend!ドイツ語でこんばんは=グーテン・アーベントですって。ワールドカップ決勝戦、見ましたかあああ?三時に起きましたよ。私、学習したんです。足でするシュートはもちろんかっこいいし、重要ですけど、同じくらい、ヘディングシュートは威力....
こんにちは、ブラペです。映画DVD『ブラザーズ・グリム』を見ました。感想かいてい
ブラザーズ・グリム DTS スタンダード・エディションTHE BROTHERS GRIMM2005年 アメリカ・チェコうーん、面白くなかった。 主人公たちが、森から出たり入ったり出たり入ったりして、なにやらごちゃごちゃし
>映画『ブラザーズ・グリム』★★ シネカノン有楽町、ありがとう。それはさておき、この映画って観るの二回目なんですよねー。なぜ二回目なのかは、おいておいて。置く( ̄□ ̄;)テリー・ギリアム監督作品です。この監督の
原題:The Brothers Grimmグリム童話を知らない人はいないと思うが、この映画にヘンゼルとグレーテルが突然登場なんて驚かされる。ちょっぴり気持ちの悪い虫も蠢くファンタジー・・ 魔女に妖怪、いまだ暗黒時代の尾を引く19世紀はフランス占領下のドイツ、ウィル(マッ
2005年 アメリカ 監督:テリー・ギリアム 主演:マット・デイモン ■ストーリー 魔物退治のペテン師兄弟が捕まって 本物の魔物退治を命じられる。 ■コメント 星3つ、特に印象に残らない作品。可もなく不可もなし期待し....
『ブラザーズ・グリム』を観ました奇才テリー・ギリアム監督が、グリム童話誕生秘話を悪夢的ビジュアルで描いたファンタジックなコメディです>>『ブラザーズ・グリム』関連原題:THEBROTHERSGRIMMジャンル:SF/ファンタジー/コメディ製作年度・国:2005年・米/チェコ
 『永遠の名作<グリム童話>の誕生にまつわる秘密とは?』  コチラの「ブラザーズ・グリム」は、Kaz.さんのご紹介で観ちゃいましたぁ~♪  お話としては、19世紀のドイツ、兄のウィル(マット・デイモン)と弟のジェイク(ヒース・レジャー)のグリム兄弟は、村々を...
ブラザーズ・グリム DTS スタンダード・エディションアーレン・クルーガー あれ?なんでこのDVDがレンタルで届いたんだっけ、、 なんて考えることしばし。ああ、きっとヒース・レジャーが出てるから借りたんだなぁ、と思い至る。 で、このグリム兄弟の話。最初はなんと...
『未来世紀ブラジル』『12モンキーズ』などの作品で知られるテリー・ギリアム監督の2005年の作品。 マット・デイモンとヒース・レジャーがグリム兄弟に扮してる。グリム兄弟を魔物退治でペテンを働く詐欺師として描く冒頭。それだけでなんとなくウキウキしてくる気がする...
[テリー・ギリアム] ブログ村キーワードブラザーズ・グリム(原題:The Brothers Grimm)キャッチコピー:呪われた森に消えた12人の少女、500年の眠りから覚める鏡の女王伝説の兄弟がすべての...
THE BROTHERS GRIMM 2005年:アメリカ・チェコ 監督:テリー・ギリアム 出演:マット・デイモン、ヒース・レジャー、ピーター・ストーメア、ジョナサン・プライス、モニカ・ベルッチ、レナ・ヘディ、リチャード・ライディングス 19世紀のドイツ。兄ウィルと弟ジェイ...
作品情報 タイトル:ブラザーズ・グリム 制作:2005年・アメリカ/チェコ 監督:テリー・ギリアム 出演:マット・デイモン、ヒース・レジャー、モニカ・ベルッチ、ジョナサン・プライス、レナ・ヘディ あらすじ:ウィルとジェイクのグリム兄弟は、魔物退治の達人として...

コメントの投稿

非公開コメント

jamsession123goはこの映画を観ようか止めようか迷っているのですが、あまりお薦めではないようですね。
ひょっとすると、「予告編がすべて」という映画でしょうか?
やっぱり、止める方へ少し傾いています。

お早めにご鑑賞を

>jamsession123goさんこんばんわ♪

そうですね~・・個人的にはあまり良作とも言えるような内容じゃなかったんですよね。1回観たら十分・・みたいな感じだったんですよ。
でも個人的見解なので、こういうファンタジーが好きな方には当たりかもしれません。あ、でも観るのでしたら、11月は新作ラッシュが来ますので早めに観た方がいいかもしれませんね(^▽^;)

こんばんは♪

ボクもこの作風は決して嫌いじゃないんですが・・・だったですね。
狼人間=可変って♪ さしずめZガンダムのバウンドドッグといったところですかね ^^

キャラ

マットはやはり弟キャラですよね。
猿顔も今回はちょっと二枚目に見えました。
ギリアム監督ということでもっとおどろおどろした物を期待していたんですが、残念でした。

可変式

>Notorious♪さんこんにちは♪

繋ぎが悪かった所も幾分見え隠れしていたので、あまり納得できない所もあったのですが・・
あの狼はちょっとバウンドドッグ風ですね(笑)MSっぽかったのがなんとなく嬉しい♪そう見えたのが自分だけかもしれませんけど(^▽^;)>゛


>xina-shinさんこんにちは♪

自分もギリアム監督といったら『12モンキーズ』なので、予告編では垣間見れないダークな印象がたくさん出てくるとは思っていましたが、あまり無かったですね。冷めたジョークがたくさんあったように思えましたけど・・

TB有難うございました。
グリム童話として見ちゃダメですよね。
私も、マットは弟が良かったです(^^♪

詰め過ぎかな?

タ~コさんこんばんわ♪

もしかしたら、グリム童話を詰め過ぎちゃったのも原因かもしれないですね。
6~7つくらいありましたから、『赤ずきん』や『白雪姫』とか、3~4つくらいの有名な話をオリジナル要素たっぷりな感じで濃密に描いていれば、自分ももっと興味が沸いたかもしれません。

こんばんわ、はじめまして。
確かに、兄と弟は逆の方がよかったかもしれませんね。
外見からして、マットのが幼く見えますし、
いまいちマット兄は威厳が欠けていた気がします。
まぁ、私はあの雰囲気の映像が見れただけ良しとします♪

やっぱり

TB返し&コメント有難うございました!
やっぱりマットは弟の方がしっくりきますね~。
>途中であくびが出てしまったんですよね
私が観た時は、隣の人がイビキかいてました。^^:
もう少し盛り上がりを見せてくれればなぁ~・・・。

実は年上

>もっちさんこんばんわ♪

弟役を演じていたヒース・レジャーは、髭も生えてて少しおっさん顔で、絶対兄役だと思うのですが、実は年齢的にマットの方が少し上なんですよね。マットが幼く見えますが、逆にヒースは老けて見えますね(笑


>ルーピーQさんこんばんわ♪

自分が観た時はイビキをかいてる人は見当たりませんでしたが、やっぱり少し『飽き』が来る映画みたいですね。
或いは期待していたのとまるっきり違うものだったと思う方もいるでしょうね。
もう少しアクション要素が強かったら自分ものめり込めていたと思います

こんにちは。
そうですよね!やはりマットが弟でヒースが兄ですよ~!
ヒロインはモニカじゃなくて、レナだ!と言いたくなる(笑)
中途半端さは私も感じたのですが、監督は色々なやりきれない思いもあったのでしょうね。

こんばんは~

返しトラバにコメントまで、ありがとうございます!
これからもどんどんぶった斬っちゃってください。結構楽しみにしていますんで…

峰打ち!

>charlotteさんこんばんわ♪

自分はちょっとひねくれた見方になってしまったのかもしれませんね(^▽^;)もしかしたら監督の意向はストーリーに重点をおいたものではないのかもしれませんし、charlotteさんのような笑い所を捉えた見方にすれば良かったのかもしれません。


>八ちゃんさんこんばんわ♪

自分なりにぶった切る間隔でバッサリコメントをしているつもりなのですが、最近文章にバッサリ感が乏しくなってきたような気がして、峰打ち程度になってきてます・・(^_^;)
ブログも『シネマをぶった斬り!!』から『シネマを峰打ち!!』にした方がいいでしょうか?(汗

自分のブログの方にコメントありがとうございます!私もメガネくんの方が兄に見えて最後まで違和感をぬぐえませんでした。役者さんのことは余り知らないのだけど、ミスキャストだったのかもしれませんね・・・。

外見年齢

ヒース・レジャーの髭を生やした姿がまさかあれほどのおっさん顔だとは自分も予想外です(^_^;)
年はマットよりも下なのですが、外見年齢だとかなり違って見えますよね(笑

ギリアム監督

こんにちは。
コメントありがとうございました。

>万人向けかどうかは微妙な所ですね

仰るとおりだと思います。
テリー・ギリアムという人は、おそらく万人受けを狙っていないのではないか・・と思います(ーー;)
まったく、こまったおっさんですね(笑)

鈍った?

>toeさんこんばんわ♪

テリー・ギリアムは12モンキーズとか結構好きだったんですけどね。
7年も経つと勘みたいなものも鈍ったんでしょうかね?(笑

メビウスさん、こんにちわ。ようやく本作を鑑賞したのでTB貼らせて頂きました。いや~、どこを覗いても辛口批評ばかりで気の毒なくらいです。ギリアム監督には、次回からまた頑張ってもらいたいですね。

頑張れギリアム!

>隣の評論家さんこんばんわ♪

そうですね~、自分もTBを色々と頂きましたが、大多数が酷評かイマイチと言う反応だったんですよね。
何でも噂では米でもそれ程受けが良くなかったとか聞いたのですが、やはり7年のブランクをこの映画で埋める事が出来なかったんでしょうか・・
今回は残念な結果だったみたいですが、次作に期待をしたいですね♪

どうも・・・

イマイチ、面白さが理解できなかったです。。。
盛り上がりにも欠けるし、‘正統派グリム童話’を期待しすぎたのかもです。
私も兄弟のキャスティングは逆の方が良かったと思います。

合わなかったみたいでして・・

>未来さんこんばんわ♪

自分もあまりグリム童話にそれほど興味があるわけでもなかったので、ちょっと今回のギリアム作品は自分には合わなかったようでして・・(^▽^;)>゛
グリム童話が1~2つくらいだったら内容も少しは濃くなっていたでしょうかね~?

TBありがとうございます

いつもTBありがとうございます。
僕も見終わったあとしっくり来なかったです。

脱ぐんじゃないかと・・

>maimaiさんこんばんわ♪

思えばこの映画を観に行った理由は、モニカ・ベルッチが出ていたから、どこかでちょっとくらい脱ぐんじゃないかと淡い期待を込めていたからかもしれません・・(--;)脱がないからちょっとがっかりもしましたし(汗

でも映像だけは特筆すべきものがありますね。色々なモンスターが出てくるから、そこは楽しめますね。

ヒースが

どうしても好きなので、
甘くなってしまいがちです。
コレも彼のおっさん姿を堪能しちゃいました♪

甘くなる

>miyuさんこんにちは♪

好きな俳優さんなどが出てると、どうしても評価などが甘くなってしまいますよね。その気持ちは分かります(^^;)
でもそのヒースももういない・・・自分はファンと言うほどではありませんでしたが、映画界やファンの人たちにとっては悲しい出来事ですよね。

PAGETOP