【監督】新房昭之/宮本幸裕
【声の出演】悠木碧/斎藤千和/水橋かおり/喜多村英梨/野中藍/加藤英美里/阿澄佳奈
【公開日】2013年 10月26日
【製作】日本

【ストーリー】
少女は、自らの願いと引き換えに魔法少女になる。魔法少女たちは絶望を撒き散らす災厄の遣い・魔女と戦い、やがて自らも絶望に沈み、最後には魔女そのものへと変貌してしまう。永きに渡り繰り返された希望と絶望を巡る残酷な連鎖は、鹿目まどかの犠牲によって断ち切られ、世界は新しい理へと導かれた。・・しかし魔法少女は戦い続けなければならない。それが奇跡を願った対価だからだ。まどかへの想いを果たせぬまま取り残された魔法少女・暁美ほむらは、再編された世界でたったひとり戦い続ける。その少女の想いは、新たなる物語を紐解くのだった・・・。
【コメント】
昨年の公開日から幾日か過ぎても地元公開の目処がなんにも立っていなかったもんですから、今回ばかりはそのままレンタル待ちかぁ・・と諦めモードになってはいたのですが、どうやらかな~り遅めな順次公開待ちだったようで、今月に入ってようやくホームグラウンドでも劇場公開してくれたのは何とも嬉しい限り♪
まあブルーレイとDVDリリースが近いようなのでそれまでゆったり待つというのも手ではありましたけど、前後編を観賞して『にわか』ながら自分もハマってしまった作品なので、やはり劇場での鑑賞は楽しみでもありましたねぇ^^

・・しかしながらその楽しみな気持ちとは裏腹に、本作は冒頭からかなり混乱もしてしまう展開だった気がします--;前後編では自らを犠牲にし、『概念』になってしまったまどかの願いにより魔法少女達の悲しい連鎖が断ち切られ、新しい世界が構築されて終わった・・という結果をまだ覚えていたので、当然本作はその後の新しい世界でのほむらの活躍とかが見れるとばかり思ってたのですが、いきなり出て来たのはほむらではなく魔法少女になっているまどか・マミ・さやか・杏子らであって、それ以外にもマミをガブリンチョしたあのお菓子の魔女が何故かマミの側にいたり、さやかはなんだか含みのある言葉を匂わせたりと、とにかく色んな部分で『あれれ?』な感じが付き纏い、違和感と矛盾だらけな部分をどんどん見せられてしまうので自分も相当困惑してしまいましたね。まるで『エヴァQ』みたいな出だしのようにも思えてしまったもんですから気を抜くと置いてけぼりをくらっちゃいそうなんですけども、ただこの奇妙な出来事やまどか達の住む街の秘密をほむらが紐解いていく前半は結構ミステリアスな要素もあったので、困惑はするものの『どうしてこうなったんだろう?』という謎めいた部分は個人的に興味を引かせてくれる内容でもあった。

個人的に一番怪しかったのはモチロンキュゥべえ(笑)であってその予想も一応的中してはいましたけども、それ以上にビックリしてしまったのはやっぱりほむらそのものでしょうかねぇ~?それこそ遮断フィールドだったりキュゥべえは一体いつから実験してたんだ~?とかもの凄い唐突感も否めないものの、その真実が色々な意味でインパクト大であったのも確か。新しい世界も『魔獣』が敵だったような気がしましたし、鑑賞中は『魔女』の存在を自分も蚊帳の外みたいにしてしまってたから虚を突かれた感じでそれもビックりゃこいた理由の1つだったのかも?
更に更に終盤は『はい~っ!?』なんて素っ頓狂な声を上げそうな程とんでもない事にもなっちゃいましたし、これにはもうビックリ通り越して唖然ともなってしまう。劇中内の世界と言い、『友情』を超越して遂には『愛』に昇華した事と言い、良くも悪くも今回の劇場版はもうほむらが大暴れしてますね(汗)。ほむら推しな自分にとってはあのダークサイドっぷりなども喜んでいいものなのかどうかちょっと微妙ではありますが、まあまだにわかファンでもあるからでしょうか『ほむらはこういう人だからこうなっちゃ駄目』みたいな縛りは薄くて、あの激変もそう悪くは無い・・と思っていたりしますw


・・しかし正直な所、前後編だけでも作品としては凄く完成されてたようにも見えましたし、魔獣と戦ってたほむらのラストもあれで終われば観た人各々の想像も膨らむ感じはしてそれはそれで良いんじゃないの?みたいな思いもあったものの、それでも本作を観たら観たでよくもまあこうやってくっ付けましたな~なんて感心した気持ちにもなってしまい、結果的にはこの叛逆の物語も個人的には前後編同様とても見応えがあったと言った所♪ほむらの取った行動とかもマミの殉職に匹敵するくらい衝撃的で、他にもまどか達が魔法少女になる変身プロセスが妙に凝り過ぎてたりもすれば、マミとほむらの対決ではガンカタアクションまで出て来たりと、面白い映像が多かったのもベネ(良し)♪(  ̄▽ ̄)b
まあ一度の観賞で状況を理解するのは少し大変でしょうし結末もまた続きを意識してるのか些か中途半端ではあるけども、何度も観賞すればその内見方も変わってくるかもしれないですね。レンタルされたら自分ももう一度じっくりゆっくり観賞したいものです♪
一人ぼっちになったらダメだよ。 これは5人の魔法少女の物語ではなく、一人の魔法少女が魔女になっていく物語。美樹さやかも佐倉杏子も巴マミも、そして鹿目まどかさえもその存 ...
華やかな繁栄を誇る地方都市・美滝原市。その街には人の欲望から生まれる魔物「ナイト
いや〜衝撃的だったな。
2013年 日本 116分 ファンタジー/ミステリー/アドベンチャー 劇場公開(2013/10/26) 総監督: 新房昭之 監督: 宮本幸裕 アニメーション制作: シャフト 原作: Magica Quartet 主題歌: ClariS『カラフル』 Kalafina『君の銀の庭』 挿入歌: Kalafina『mis...
監督:宮本幸裕 声の出演:悠木碧、斎藤千和、水橋かおり、喜多村英梨、野中藍、加藤英美里 【解説】 多彩なメディアミックスも話題の人気アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」の劇場版第3弾。テレビシリーズをベースとした前2作のアフターストーリーとなる完全新作で、鹿...
劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語 10/26公開 MOVIXさいたま 宇宙から来た謎の生き物キュゥべえの力によって、どんな願いでも一つだけかなえる 代わりに魔法少女となった鹿目まどかは、魔女と戦うほかの魔法少女たちの悲しい姿を 見て、魔女が存在しない世界を願った。 彼女の願いはかない世界は改変されたが、魔女の代わりに魔獣がはびこるようになり、 魔法少女の暁美...

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちわ

前2作からの流れから言えば、完全に期待と違う方向に行ってしまいましたよね。
でも仮に続編があるのならば、これは大団円への遠回りと捉えたいのですが、果たしてどうなるのでしょうか~。

『この先』はあるのやら・・?

>にゃむばななさん♪

前後編の記憶がまだ新しいので、期待とは裏腹な展開に自分も困惑&仰天でした^^;でも決してつまらない内容では無かったですし、なんだかんだで魔法少女全員が活躍する本作は見応えあったのも確かですね♪

製作者側が続編意欲を持ってますならば『この先』も当然気になりますが、それが実現するのは何時なのか?という話ですよね^^;出来れば自分もほむらが自分の理想の世界を構築してめでたし・・じゃなくて、まどか達全員が幸せになるような大団円にして欲しいものです。

No title

確か公開前の虚淵先生のコメントは「心を強くして観てください」だったかな… 確かにきつかったけど、でも耐えられないほどではなかった(笑)
今回は本当にほむらちゃんメインで実質『魔法少女ほむら☆マギカ』であったと思います。それとも『悪魔少女ほむら☆マギカ』か。まどかちゃんは影が薄かったですね… 完全に成長してしまったキャラってそういうものかもしれません
個人的には特に気に入っていたキュウベエの無残な姿が特にショックでした(笑) やつのことなのであのままでは終わるまいと信じてますが

一皮剥けた

>SGAさん♪

虚淵さんの脚本は相変わらずドロッ・・としたものを盛り込んできますから、確かに作品によっては心を折らないように観賞しないといけませんね^^;でも本作に関しては自分もキツイとか辛いという気持ちは無くて、むしろほむらの悪魔化などは『一皮剥けたな・・』って気持ちにもなって微笑ましかったかも?(ぇ

キュウべえもあの様子だとほむらの下僕みたいになってしまいそうですが、あの宇宙人がただ従うとは思えないので、この先があるのならばキュウべえの叛逆もまた面白そうな気がします。

こんばんは!

メビウスさん、こんばんは!
楽しみにしていた「新編」ようやく観る事が出来ました。
レンタル開始日から人気が高く中々借りれず苦戦しましたが、昨日たまたま1本返却があり借りれました。
これだけ回転率が良いってのはそれだけアニメファンが注目しているという証拠でしょうし、もう一度観直したいと思っている人もいるんでしょうね。
現に私も1度見た限りでは理解出来ない部分も多かったのですが、そんな中でも引き込まれるストーリーは相変わらずでかなり堪能出来ました。
ほむらがまさかあんな事になっていくとは、とそこに一番の衝撃を受けてしまいましたが、愛する者に対する決断と考えると心が痛くなるものがありました。
私も本編中で一番好きなのはほむらとのガンファイトですねぇ。
あそこは迫力のあるシーンで好きです!

未だ借りれず

>ヒロ之さん♪

ヒロ之さん、運良くレンタルが出来たようで良かったですね^^自分がいつも行ってるゲオは前の前後編もそうだったんですが1本しか置いてないので借りるのが凄い至難で、未だにレンタル出来ません。まどか達の変身プロセスもう一回観たいんですけどね~(汗)

でもほむらの豹変振りは確かに衝撃でしたよね^^;魔女になってただけでも驚きだったのに、それすらも飛び越えた終盤のどんでん返しにはほむら推しな自分も唖然~--;まあいささか歪んだ愛に見えなくも無かったのですが、ほむらの今までの経緯を思えば気持ちは分からないでもないので複雑なんですよねぇ~w
ともあれ、あのままじゃあまりハッピーエンドとも言えないので、あるとか無いとか囁かれてる次作にちょっと期待してみたり。次はほむらとまどかのガチバトルとか見たいですね(笑

No title

こんにちは。

いつもTBのみで申し訳ありません。
コメント本当にありがとうございます。

この作品のスゴいなあと思うのは先の展開が
(僕自身は)全然読めなくて・・・しかも結果が
分かってからの衝撃もスゴいというか・・・
とにかく萌え系のキャラだけ見て馬鹿にしてた
自分に反省しまくりでした。

また奇をてらい過ぎという感じもなく僕も
メビウスさんに同じくこの「反逆~」気に入りました。
次回作あるといいですね~というか絶対あると
思いますけど(笑)

映像・内容共に気に入ってます

>タケヤさん♪

自分も先の展開はぜんぜん読めなくて衝撃を受けた次第ですが、ただ分かってたとしてもやはり映像諸々で驚かされてたと思いますね^^;まどかマギカの映像って可愛いキャラと一緒にカオスな映像も多く映し出されているので、自分も見る度に圧倒されています。

個人的にはとても気に入ってる内容になりましたが、それでもファンの方から見ればやはり賛否は激しいようで、そう思うとやはり見るべき箇所が違うのかな?といったところ^^;
続編は自分も待ち望んでいますが、それもまた果たして綺麗に纏めてくれるかどうか疑問ですね~(笑

PAGETOP