【監督】大友克洋/森田修平/安藤裕章/カトキハジメ/森本晃司
【声の出演】山寺宏一/大塚明夫/悠木碧/二又一成/他
【公開日】2013年 7月20日
【製作】日本

【ストーリー】(『火要鎮』より)
18世紀、江戸の町。商家の娘・お若と幼馴染の松吉はお互いに惹かれあっていたが、松吉は家を勘当され町火消しとして生きる。そんな最中、お若の縁談の話が進み始めた。松吉への思いを忘れられない彼女の狂った情念からの行動は大火事を引き起こし、江戸の町を焼き尽くす。その大火の中で、二人は再び巡り合うが・・・。
 
【コメント】
国内を代表する著名なクリエイター陣が、『日本』という共通のテーマで以って競作を手掛けた一大短編作品集の『SHORT PEACE』。地元では順次等も来なかったので、公開時は随分と口惜しい思いをしたんですよねぇ~。個人的には期待していた作品もあったので楽しみにはしていましたし、オープニングも含めた先進のジャパニメーションを体験できたといった感じもあって、やはり結構見応えがあったと思います♪

先ず最初の作品の【九十九】は嵐の夜に山の祠で雨宿りをしていた男が、人間に捨てられた傘や着物の妖怪と対峙する奇妙な物語。森田修平監督のオリジナル作品ですが、元となってるのは多分長年使っていた物などに霊魂などが宿ったりする『付喪神』の伝承を取り入れたんでしょうね。・・ちなみに自分は『地獄先生ぬ~べ~』でこの付喪神の存在を知ったり(笑
作品の方はCGをふんだんに駆使したビジュアルなどが目を引きましたし、最後の巨大な妖怪も迫力があって自分は好感触♪・・そう言えばこの九十九は今年のアカデミー賞短編アニメーション部門にもノミネートされた事でも話題になってましたねぇ。こちらも是非受賞して欲しい所です。

2作目の【火要鎮】を手掛けるのは『スチームボーイ』以来の劇場作品となる大友克洋監督。江戸を舞台に商家の娘・お若と隣に住む幼馴染の松吉の悲恋を描いた作品になっており、火消し組のダイナミックな活躍や大火の中での2人の男女のロマンスなどは、経った10分そこそこながらも見応えがあった。アニメーションも絵巻物の中の建物や人物がそのまま動いてるかのような演出が面白くて目を引きました。

【GAMBO】は4作品中一番バイオレンスと言うだけあって、確かに血生臭さやグロさは突出してた内容だと思いましたねぇ。鬼の所業にも『ベルセルク』のクシャーン鬼兵の作り方を彷彿するものがあって気持ち悪かったですし(汗)・・それに『人語を理解する白熊』と『宇宙船みたいなのに乗って来た鬼』の対決というのもある意味凄い発想ですよねぇ~^^;
一番バイオレンスだけど、一番斬新だったのも本作じゃないかと思いますw

そして最後の作品の【武器よさらば】は、大友監督の同名漫画が原作で4作中一番興味を持っていた作品です♪・・・と言っても『武器よさらば』自体漫画でしかも大友作品だったと言う部分は観賞して初めて知ったくらいでして、自分が興味を示したのはやはりカトキハジメさんが監督を務めるという部分だったんですよねぇ。
カトキさん自身もこの作品には原作の頃から思い入れがあるらしく、本作に出て来るパワードスーツや自立戦車、その他様々な武器のディティールの細かさなどは圧巻で、メカニックデザイナーらしいこだわりっぷりが随所に感じられますね。それでいて小隊と無人兵器の戦いも派手だし、その無人兵器もなかなか倒せないもんだから次第に窮地に立たされる小隊の姿もスリリングに描いてて期待通りの面白さでもあった。
それと個人的には二又一成さんが主人公を演じてたってとこも良かったですね(数少ない地元声優さんなので^^;)


・・まあ当初は上記の『武器よさらば』にばかり自分は焦点が当たっていたものの、4作品共に映像や演出諸々が独創的でもあり担当した監督毎のセンスも光っていたので、結果的には何が一番良かったではなく、4作品とも良い出来映えだったというのが総評かなと。
それにこんな豪華な名匠たちのオムニバス作品集というのもそうそうないでしょうから、一見の価値があった作品であるのも確かでしたね♪
2013年 日本 68分 オムニバス/アニメ 劇場公開(2013/07/20) 監督: 大友克洋 「火要鎮」 森田修平 「九十九」 安藤裕章 「GAMBO」 カトキハジメ 「武器よさらば」 森本晃司 (オープニング) 原作: 大友克洋 「武器よさらば」 原案: 石井克人 「GAMBO」...
これで1800円は、ちょい高いかな。
背景などの質の良さはもちろんのことですが、表現力が素晴らしいんですね。しかし全体的にストーリーはいまひとつパッとしなかった。映像には文句ないです。 「火要鎮」の画の美しさは圧巻だけれど話は八百屋お七状態で既視感がちょっとね。 「九十九」は妖怪っぽさが良い。 期待していた「GAMBO」は思ったほどでもなかったがあの白熊の正体は結局わからずで続きが気になる。 「武器よさらば」は前半中盤と...

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは!

メビウスさん、こんばんは!
流石、世界に誇れるジャパニメーションだけあって、映像の美しさには凄く惹かれました。
ただ、一つ一つの作品を見ると、もう少し長く観たかったかなぁというのが本音ですかねぇ。
中途半端に終わっちゃったなぁと思う作品もあり、起承転結をしっかり入れて欲しかったです。
この辺は短編作品なので多少は仕方がないかもしれませんが^^;

美しかっただけに

>ヒロ之さん♪

作品毎の監督の独創性とCGを取り込んだビジュアルはどれもが美麗でしたから、見入ってしまう映像であったのは確かですね。しかし反面10~15分くらいで終わってしまう尺の短さがやはり残念と言った所でしょうか?ビジュアルが美しければどうしてももうちょっと観ていたいという気持ちは出て来てしまうとこですから、『武器よさらば』を除いてはそれぞれの作品にもう10分くらいは欲しかったかもしれませんね^^;

PAGETOP