昨年の12月にHDリマスター版として新たに発売された『ファイナルファンタジーⅩ』(以下FF10)。当初は『ライトニングリターンズ』を購入しようとも思ってましたが、店頭PVを何度か見てたらあの頃の思い出がすんごい蘇って来ちゃいまして、結局自分はライトニングさんの方をちょっと保留にしてVITA版のFF10を購入。近い時期に購入した『真・ガンダム無双』と並行して只今ゆっくりじっくりプレイしています。

FF10自体はもう10年以上前の作品ではあるものの、それでも改めてまたプレイしてみるとやっぱり涙腺を脆くする箇所が多くて、個人的には名作だと実感しています。当時としましてもシリーズ初のPS2作品だったためかなりの高クオリティでしたし、キャラクターもフルボイス化された事で感情移入もし易くなり、結果自分も要所要所の名シーンや名言で泣かされまくった記憶がある。今回のリマスター版に際しては画質などが若干向上しており、あと音楽もアレンジをして聴いた分では重厚感みたいなのがアップしてるのも良いですね♪おかげでなんかまた新鮮な気持ちでプレイしています。



ちなみに今ココらへん



好きにしろとか言ってさぁ!!選ぶのは俺だとか言ってさぁっ!!だけど俺にはどうする事もできないんだっ!
アンタに言われた通りにするしかないんだっ!!




個人的にFF10で一番最初にウルッとなったシーン。相変わらずティーダの怒りっぷりに胸が締め付けられます。


しかし10年前と比べて自分も明らかに涙脆くなったので、この分だと後の名シーン・・、特にジェクトととの再会シーンではもう号泣してるかもしれんですね・・
今からハンカチを用意しておいた方がいいかもw

コメントの投稿

非公開コメント

PAGETOP