【監督】アルフォンソ・キュアロン
【出演】サンドラ・ブロック/ジョージ・クルーニー
【公開日】2013年 12月13日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
地表から60万メートル上空のすべてが完璧な世界。そこで誰もが予測しなかった突発事故が発生。スペースシャトルは大破し、船外でミッション遂行中のメディカル・エンジニアのストーン博士と、ベテラン宇宙飛行士マットの二人は無重力空間<ゼロ・グラビティ>に放り出されてしまう。残った酸素はあとわずか。地球との更新手段も断たれた絶望的状況下で、二人は果たして無事生還することが出来るのか・・・。
【コメント】
宇宙でトラブる作品といえば自分は真っ先に『アポロ13』辺りを思い浮かべちゃったりもするんですが、今度からはこの作品を一緒に挙げても良さそうな気がしますねぇ。突然のアクシデントにより宇宙に放り出されてしまった2人の宇宙飛行士の90分弱の物語は、終始緊迫感に満ちていてかなり見応えがあったと思う。

個人的にも12月の年末作品の中では特に楽しみにしていたもので、予告編でも垣間見えた宇宙空間での絶望感とか映像美とかもそうですが、中でも気にしていたのはやっぱり監督がアルフォンソ・キュアロンだという部分かもですね。この監督さんの作品は『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』と『トゥモロー・ワールド』以外は鑑賞していないけど、そのトゥモロー・ワールドにおいては独特の世界観や長回しの多用が凄い面白かったのが今でも印象に残ってるんですよねぇ。そしてその期待も本作を鑑賞した限りでは充分に応えてくれていたとものだと思う。

まあ本作はいきなり宇宙空間から始まり、それこそ自分は何のために2人の宇宙飛行士は宇宙に行きそしてトラブルに合うのかという『段取り』みたいなものがちゃんと描かれてるとも思ってたので、それらの過程をすっ飛ばしてるような冒頭は『ん?(・_・?)』と、少々の違和感を持ってしまった。けどこの冒頭から既に監督お得意(なのかは分かりませんが?)の長回しが炸裂していて、長い静寂の後にマットが遠くから登場、そこからシャトルとハッブルが連結してる全体像も徐々に見え、他愛ないアメリカントークなどを交わしながらライアンとマットが対面越しで船外作業してる中、はるか遠方から猛スピードで大量のデブリが2人のいる場所に飛来直撃し、哀れ2人は宇宙へと放り出されてしまう・・・・というこの一連の流れが途切れる事無く持続していたので、もう最初から凄い演出で観客を引き込ませてるな~と感じちゃいますね。
また2人が宇宙に投げ出された後の展開もハッブルからISS(国際宇宙ステーション)、そして中国の天宮と、地球に自力で帰るために帰還用シャトルを探して何度も宇宙遊泳を繰り返す過酷さも相当なものっ。当然主人公のライアンもこの状況に何度も心が折れかけますが、その度に彼女を勇気付けてくれるのがジョージ・クルーニー扮するベテラン宇宙飛行士のマットであって、いやはやこの人は本当に素晴らしいっ。自分が絶望的な人になっても無線などで可能な限りライアンをサポートし、生きる希望を見出してくれるその心強さと存在感の何と大きなことか。正直本作ってこのマットとライアンの2人だけしか出てこない為映像特化の作品かなとも思っていたのですが、こういうグッとくる2人のやり取りも多いおかげか、なかなかどうしてヒューマンドラマもしっかりしたものになってる。ライアンの地球での悲しい過去もちらりと汲み取れるから彼女のメンタルの不安定さやすぐ絶望に屈してしまう所もなんか理解できてしまうし、それでも諦めるなと諭すマットの言葉もベテランならでは重みと言うか力を持ってるから結構感動もしてしまう。本作はオスカー候補も視野に入ってると聞いてますが、それもなんだか頷けるとこがありますね♪


・・ちなみにこのレビューを書いている時点で今年も残す所10日を切っているため、実質このゼロ・グラビティが自分の2013年最後の映画鑑賞となってしまったものの、それでも本作はその締めを飾る作品としては非常に満足のいく内容だったかなと思ってます。息苦しさような圧迫感だけじゃなく、無音の表現のこだわりようや、所々でカメラが宇宙服の内部から映し込むシーンに切り替わったりと、まるで自分達も宇宙にいるかのような体験ををさせてくれるリアリティさもあれば、逆にどこまでも果てなく広がっている宇宙空間の暗黒さに改めて恐怖を感じたりもしてしまったほど。ライアンとマットのスペースサバイバルに到っても、絶望や不安を吹き飛ばすくらい『生』への執着がひしひしと伝わって来るので、個人的には映像・物語共に秀逸なキュアロン監督の新しい代表作の1つとなった気がします。
求めよさらば与えられん。  
無重力、 真空状態 衝突によって大破した機器が宇宙空間に拡散してく、緊張感 観てる方も苦しくなってくるこの臨場感 重力=グラビティ で原題。 監督は、「大いなる遺産」や、ガエルとディエゴの「天国の口、終わりの楽園。」 「トゥモロー・ワールド」...
生きろ。大地を踏みしめるまで。 メキシコの鬼才、アルフォンソ・キュアロン監督の、「トゥモロー・ワールド」以来となる最新作は、地上600キロの宇宙を舞台としたサバイバルサスペンス。 無限に広がる空間に、たった一人取り残される恐怖。 手を伸ばせば届きそうな地球に、帰れないという無情。 撮影技術の開発だけで四年半を費やしたという、体感する3D映像は圧巻の仕上がりだ。 まるで自分が本当...
 1968年公開のSF映画と云われたら、多くの人が『2001年宇宙の旅』を挙げるに違いない。  しかし、同年公開の『バーバレラ』だって捨てがたい。  無重力状態でフワフワ浮いてる人物が、ごつい宇宙服のパーツを外すと、スラリとした脚がニョッキリ飛び出す。パーツを外していくにつれ、手や脚が露わになり、やがて美しいジェーン・フォンダが姿を現す。この意表を突いたオープニングに、どれだけの人がノッ...
宇宙でのミッション中に事故にまきこまれてしまった宇宙飛行士と科学者のサバイバルを描いたSFです。 予告編を観て、これは凄そうな映画だなあと気になっていました。 予想以上にリアルな宇宙の様子に、自分にこんなことが起きたら…と想像してしまうような作品でした。
□作品オフィシャルサイト 「ゼロ・グラビティ」□監督 アルフォンソ・キュアロン□脚本 アルフォンソ・キュアロン、ホナス・キュアロン□キャスト サンドラ・ブロック、ジョージ・クルーニー        (声)エド・ハリス ■鑑賞日 12月14日(土)■劇場 ...
宇宙から見た地球の映像とかは見応えあるなぁ。
2014年の最初の映画はこちら!「ゼロ・グラビティ」です。 昨年末の映画ブロガー
久しぶりに3Dの作品を観てきました。 予告編見てても、面白そうに感じてなかったし、 全然期待してなかったし、情報も得ないままで劇場に向かったのですが、 それが良かったのかも(*´∀`*) 予想外に面白かった〜〜〜ヽ(≧∇≦)ノ 正直言って、ストーリー的なものはほとんどないです。 ただひたすら、宇宙空間に放り出されたライアン博士が 孤独と不安と絶望感に打ち勝って生還す...
元日のファーストデーに映画「ゼロ・グラビティ」を鑑賞しました。
『ゼロ・グラビティ』  Gravity 【製作年度】2013年 【製作国】アメリカ/カナダ 【監督】アルフォンソ・キュアロン 【主演】サンドラ・ブロック/ジョージ・クルーニー 【イントロダクション】 by Amazon.co.jp 地表から60万メートル上空。すべてが完璧な世界。そこで誰もが予測しなかった突発事故が発生。スペースシャトルは大破し、船外でミッション遂...
 
 『ゼロ・グラビティ』を渋谷TOEIで見ました。 (1)いつもは躊躇する宇宙物ながら、サンドラ・ブロックとジョージ・クルーニーとが初共演とのことで、映画館に行ってきました。  映画の冒頭では、地上600?の高さになると、温度は+250〜−100&amp;ordm;Cで、音を伝えるも...
映画『ゼロ・グラビティ(3D・字幕版)』(公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら85点にします。 【私の評価基準】(映画用) ・★★★★★  傑作!これを待っていた。Blu-rayで永久保存確定。 ・★★★★☆  秀作!私が太鼓判を押せる作品。 ・★★★☆☆  まぁまぁ。お金払って映画館で観ても悪くない。 ・★★☆☆☆  好き嫌いの分岐...
おととしでしたか、「はやぶさ」ブームの影響でその関連の映画が立て続けに三本くらい
君は生きて帰れ。“必ず生還する&quot;と誓うんだ―。 無限の宇宙に取り残された宇宙飛行士が、酸素・重力・生存率《ゼロ》の極限状態に立ち向かうSFサスペンスドラマ。 まずはやはり圧巻の映像!私はDVD鑑賞なので2Dですけれども、それでも宇宙空間の無限の広がりやクルクル回る様にまるで自分がそこに…?という妙な気持ちを抱かされましたよ、これをIMAXシアターで観てた人は、そりゃ〜半端ない一...
GRAVITY 2013年 アメリカ 91分 サスペンス/SF 劇場公開(2013/12/13) 監督: アルフォンソ・キュアロン 製作: アルフォンソ・キュアロン 脚本: アルフォンソ・キュアロン 編集: アルフォンソ・キュアロン 出演: サンドラ・ブロック:ライアン・ストーン ...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

2013年の映画おさめだったのですね。

すんごい濃密な完成度でした。
サバイバルもドラマも劇的!!!
二人ともオスカー獲得してほしいなぁ。

最後に相応しく

>AKIRAさん♪

12月はちょっと夜勤とかが多くなってしまってちょっと時間も無くなっちゃったため、本作が今年の映画納めになってしまいましたけど、それでも最後の鑑賞に相応しい内容だったと思いますね^^確かに濃密というのも頷ける出来映えで、宇宙空間をここまで上手く再現して観る者にも体感させてくるものって滅多に無いのではないでしょうか?故に3D鑑賞しなかったのは失敗だったと思ってます(汗
サンドラとジョージも2人演技ながら迫真でしたし、どちらかがオスカー候補になって欲しいですね♪

No title

こんばんは、年の瀬ですねー
もういそがし過ぎてこうしんとまってます
コメントありがとう
これは劇場でみなきゃね!
皆が言ってる程わたしはハマらなかったけど、、^^
でもサンドラ一人芝居、あの宇宙空間の演出すばらしかったですね。

年の瀬間近はホント大変w

>migさん♪

年の瀬は映画ブロガー様にとってはベスト作品を決める事でいっぱいいっぱいになってるでしょうから、migさんも忙しさに追われてると言った感じでしょうか?ちなみに自分はこの作品は面白かったので今年のベストに入れちゃいました^^仰るとおり、宇宙空間の再現や演出が素晴らしくて、年末までまだ公開してたら見逃していた3D観賞でホントの映画納めにしたいと思ってます♪

こんばんは

無限の空間なのに、逆に密室劇というか舞台劇の様な趣もあるんですよね。
ふたり芝居という構造もその印象を強めます。
ラストに込められた精神性を考えると、リアルな物語というよりも寓話劇として捉えたほうがしっくり来る印象でした。

密室

>ノラネコさん♪

確かにあの宇宙空間で奮闘するのはライアンほぼ1人であとはもう誰もいませんでしたから、彼女の置かれた状況は広大な密室の中にいるような感覚に見えますね。サスペンスモノでも場所は広いのに誰も助けに来ないとか気付かないとかそういうシーンたまにありますけど、それに近い・・・かな?^^;
あとジャンルは違いますけども、なんか三谷監督の『笑の大学』とかを思い出してしまいましたw

こんばんは

メビウスさん、こんばんは!

冒頭からの長回しはびっくりでした。
「トゥモロー・ワールド」よりもさらにさらに凝っていて。
削ぎ落としたストーリーも良かったです。
シンプルにしたからこそ、メビウスさんが書いてらっしゃる「生への執着」がクローズアップされた感じがしますね。

パワーを感じたっ

>はらやんさん♪

自分もまさか一番始めからキュアロン監督の得意技(長回し)が見れるとは思わなかったので、静寂の中にも凄いパワーみたいなのを感じました^^
それにストーリーも確かに分かり易い分、訴えかけるものも何か明確で良かったですね。怠けた生活などを送ってる人に是非この映画を観て欲しいものです(笑

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

遅ればせながらこちらにも。宇宙デブリといえばわたしが思い出すのはやっぱり『プラネテス』ですね。あちらよりやや深刻ではありましたが、まんま『プラネテス』の世界が再現されてると思いました

マットさんの男気は本当にすごいですね… 普通自分の命が関わっていたらあんなにあっさり決断できるものではないと思いますが、それができるのが宇宙飛行士ってことなんでしょうか

今回のアカデミー最有力候補と言われてますが、果たして受賞なるか?

本戦でも奮闘して欲しいっ

>SGAさん♪

プラネテス。作品名だけは知っていますね^^;公式サイトを拝見したら、デブリ回収業者の物語ってとこでしょか?(汗)自分はデブリの方じゃないですけど、宇宙空間に孤立して放り出されてしまう展開に『ポリスノーツ』という昔のゲームソフトを思い出してしまいました。

そいえば本作は今年のアカデミー賞でも有力候補に挙がってますね。前哨戦のゴールデングローブ賞はキュアロン監督が監督賞を受賞したようですが、本戦でも連続受賞が出来るか注目ですね。でも作品賞はちょっと難しいかな?イジョフォーさん主演の『それでも夜が明ける』が最有力候補かもしれませんね。

こんにちは

無限の宇宙空間に、冒頭から放り出されての長まわしや、360度広がる宇宙に感動!
どうやって撮っているんでしょう!素晴らしかった!
久々にメイキングをみてみたくなるような作品でした
まるでNASAのシュミレーターを使って撮影したかのような浮遊感が素晴らしかったです


あと全然関係ないですが
ポリスノーツは私の5指にはいる大好きゲームだったりします(笑)

メイキング気になるなる

>makiさん♪

こういう作品を観ると、映画も遂に宇宙を作り出すまでになってしまったかーと、ただただ驚嘆してしまいますよね^^;キュアロン監督の得意技・長回し手法も宇宙空間に凄くマッチしてて予想以上の緊迫感を生み出していたのも秀逸ですね。ホント、メイキングも凄い気になりますから、発売中のDVDに手も出したいところっ♪

>ポリスノーツ

makiさんもポリスノーツ大好きですかっ!狭く浅くですが、自分もアドベンチャーゲームの中では3指に入るほどの名作♪ライアンの宇宙サバイバルは、どことなくジョナサン・イングラムの宇宙漂流に近いものもありました。

>ポリスノーツ

中学生くらいですか、はまりましたねえ~
とかく色々と色んな意味で遊べるゲームでしたよね

ええ、もちろん女体にさわりまくりましたっ!(笑)

またストーリーと演出が秀逸で、一本の映画のよう。
ぜひともメルギブソンにジョナサンを演じてもらいたかったなあ。
ビバリーヒルズコップがみたくなるなる作品でもありました
ちなみに、サントラもゲットしています。
曲もいいんですよね~!

またやりたくなってきた

>makiさん♪

そうそう、ポリスノーツはアドベンチャーパートでは女性の体をタッチ出来たり(笑)、そして時々シューティング要素も混じり、爆弾の解体シーンでは緊迫感も味わえたりと、アドベンチャーゲームの枠に囚われない様々な遊び心がありましたよね。それでいてストーリーは重厚ですから傑作です。小島秀夫監督のこうした手法は、もう一つの代表作である『メタルギア ソリッド』にも反映されている感じがします。

と言うか、サントラも持ってるのですかっ。いいいなぁあああ~。ポリスノーツのメインテーマは素晴らしいですし、エンディングにも効果的に演出されてるんですよねぇ♪

『ジョナサーン!俺たち良いパートナーだったよなっ!!』

こんにちは!

メビウスさん、こんにちは!
話題作の本作ようやく視聴致しました。
いやぁ、ハラハラドキドキの連続で、一瞬たりとも目の離せない展開に90分間、画面に釘付けでした。
終わった後は手に汗びっしょり。
力を入れて観ていたせいかグッタリでした(笑)
でも、心地の良い“疲れ”ではありましたねぇ。
とても上手く作ってある作品だなと感心しました。
映像にしろ、ストーリーにしろ、全てに私は文句のつけようが無かったです。
まるで自分も無重力を体験しているかのような素晴らしい演出でありました。

しんどいのもまた醍醐味w

>ヒロ之さん♪

そうそう、力入りますよねwデブリの被害にあった後は本当に気の緩めない展開が立て続けですから、結構観てる方もしんどいですよねコレ。3Dは更にしんどいですし^^;
・・でもやっぱり作り手側の狙いとしては観る側にも宇宙サバイバルを共有して欲しかったんだとも思うので、その疲れこそ正に本作の醍醐味とも言えるかも知れませんね(笑

PAGETOP