【監督】高畑勲
【出演】朝倉あき/高良健吾/地井武男/宮本信子
【公開日】2013年 11月23日
【製作】日本

【ストーリー】
この地で、ひとりの女性が生きた。笑い、泣き、喜び、怒り、その短い生の一瞬一瞬にいのちの輝きを求めて。数ある星の中から彼女は何故地球を選んだのか。この地で何を思い、何故月へ去らねばならなかったのか。姫が犯した罪とは、その罰とはいったい何だったのか・・・。
 
【コメント】
7月に公開された『風立ちぬ』に続くスタジオジブリ作品第2弾にして、宮崎駿監督と並ぶジブリのもう一人の巨匠・高畑勲監督の約14年ぶりの最新作でもある本作。・・いやはや、とても面白くて感動も出来ましたね♪個人的に最初期の予告編とかで拝見するジブリ最新作とかって喜ぶよりもどこかいぶかしげに見ちゃう傾向があり、本作の場合も映像がかなり独特なとこがありましたから尚更といった感じでもあったんですが、やっぱし食わず嫌いみたいなのは良くないですね。これがまたなんともドラマチックな『竹取物語』となっていて、自分もかぐや姫の容姿を含め、作品内の色々な部分に惹かれてしまってた次第です。

そいえば『竹取物語』と言うと日本の有名な古典文学の1つですが、自分の場合だと絵本とか児童文学その他諸々で見掛ける固いイメージ(?)みたいなのをなるべく取っ払った『かぐや姫』としての方が印象はあったり・・^^;(笑)まあそう言ってもその内容すらもはやうろ覚えになりつつあるんですが、それでも『竹から生まれた』『絶世の美女』『月の住人で最後は月に帰ってしまう』というキーワード的なものは把握していて、鑑賞の際もその程度の知識で十分だったかもしれないw本作はそういった誰もが知ってるあろう部分を踏まえつつ何故かぐや姫は月へ帰らなければならなかったのか?という謎や、オリジナルとしてはかぐや姫個人の心情を丁寧に描いてる部分なども盛り込まれていて、彼女の置かれていた状況や喜怒哀楽の表現などがきっちりと汲み取れるものにもなってるんですよねぇ。
登場人物の方も若干増えてるらしく、そのおかげか人間関係もはっきりしてドラマに深みが生まれてた気もしますし、翁や媼の他にも兄貴分の捨丸や他の子供達と心を通わせる普通の女の子らしい幼少期なんかもあれば、親の要望に応えるべく英才教育を受けるも本心はとても窮屈で都での生活にもあまり馴染めず苦悩するといった繊細な気持ちの描写にも結構グッときてしまう。女性らしい一面として求婚とは別に恋愛に近いような感情を捨丸にも抱いたりと、なんか再構築もここまでやっちゃうと別物に見えかねないですねw実際山暮らしに戻りたいとか言う辺りはハイジっぽくも見えちゃったのですが、高畑監督だからあーなるほどな~なんて妙に納得できちゃうその設定w原作に忠実な一方で高畑監督の手掛けた過去作品の色合いが何処とな~く出ている感じがするのも面白いと思えました。

あと個人的に驚いた要素としてはやはりその映像表現。予告編ではまだ未完成の段階なのかな?と当初思っていたあの映像はその実未完成でもなんでもなかったわけで(笑)、筆というか水彩画で描かれたアニメーションは明らかに今までのジブリ作品には無い手法でとても異彩を放っています。・・まあ粗くてどこか古めかしいというのが予告編で観た際の率直な意見だったというのも正直なトコなんですけど、本作の雰囲気にとても合ってるタッチなのもこれまた確かで、思ってた以上に滑らかなシーンも多いですからシーンによってはやはり『美しい』と思わせてもくれる。桜の舞う表現とかも想像以上に綺麗だったし、着物を羽織って琴を弾いているかぐや姫の横顔とか髪をかき上げる細かい仕草とか自分には何とも魅力的だった♪
またそれでいてとてもスピードとパワーを感じたタッチでもあり、予告編でもさんざん観たかぐや姫の疾走するシーンは本編でも凄かった。その場面に到る経緯を知り、効果音や見合う音楽が加味すると見慣れたシーンが改めて新鮮に感じ取れ、バンバンバーンと扉をぶち破ってバラバラバラーと服を脱ぎ捨てザザザーと駆けるかぐや姫のその一連の行動にゾゾッと鳥肌が立ってしまったのです・・。自分はある意味このシーンだけでも本作を観た価値あったかなぁと思っちゃいました。


しかし大昔の作品は現代とは全然意味合いの違うもので作られたものも多いでしょうし、竹取物語に関しても掘り下げる事によって解釈や想像の仕方は様々になるとは思いますが、今回高畑監督が手掛けたかぐや姫の成長物語はこれが定説になってもいいのでは?(笑)と思わせるほど筋が良く通っていたと感じてしまい、結果非常に見応えのあった作品だったと思いますね♪声優さんにも難が見受けられなかった分、個人的には『風立ちぬ』よりも良かったかも?^^;
それにジブリ作品で涙腺が緩むというのもかなり久々な気がしますし、特にラストは相当やばかったぁ~。『ワンダと巨像』じゃないですけど、最後の一羽織りは・・・切ないっ!( TДT)(ブワッ
 
切なくて悲しくて美しい!  
姫の犯した罪と罰(試写会)
生きているという手応えさえあれば、幸せだった。 日本最古の物語「竹取物語」を大胆に新解釈することもなく、ただかぐや姫の心情を中心に描くことで見事に大人の、そして家族の ...
映画「かぐや姫の物語」を鑑賞しました。
□作品オフィシャルサイト 「かぐや姫の物語」□監督・原案 高畑 勲 □脚本 高畑勲、坂口理子 □キャスト(声) 朝倉あき、高良健吾、地井武男、宮本信子、高畑淳子、          田畑智子、立川志の輔、上川隆也、伊集院 光、宇崎竜童、          ...
高畑勲監督作品「かぐや姫の物語」を鑑賞。 この作品は、かぐや姫が地球で生まれ、育ち、人と出会い、そして月へ帰る。 かぐや姫が生きる中で起こった出来事の喜怒哀楽を見事に切り取った、 タイトル通り、「かぐや姫の物語」といえる作品だ。 そんな「かぐや姫の物語」は人間の業を描いた作品であるともいえる。 「かぐや姫の物語」におけるかぐや姫の人物像。そして感情。 本作を見て一番強く思...
試写会で観ました。正直予告を見た時全然期待していませんでした。絵もシンプル過ぎひん?って思ったのと、「姫の犯した罪と罰」というキャッチコピーに、こういう意味ありげなコピーは怪しい予感がしたんで。ダルくなりそうな。しかも上映時間が2時間17分という長さで...
 「ホーホケキョとなりの山田くん」以来14年ぶりとなる、高畑勲監督(兼・脚本、原案)最新作は、「竹取物語」を基にした長編アニメーション。 まったく何の変哲もない、我々のよく知るごく当たり前の「かぐや姫」。にもかかわらず、これほどまでに観る者の心を惹きつけ、
宮崎駿監督と並ぶスタジオジブリの2枚看板の高畑勲監督の最新作です。 当初は「風立
ジブリ待望の新作。 古典『竹取物語』を元にした、シンプルなストーリー。 のはずが! 上映時間はなんと137分 最大の大作「もののけ姫」の133分を超え、ジブリ作品の長編作では最長(汗) おい大丈夫かと焦る自分が。 で実際は? 終わってみれば... 「例の」クライマ...
 光る竹の中から、小さな女の子を見つけた竹取の翁(地井武男)は、家に連 れ帰り竹取の媼(宮本信子)とともにその子を育てる。たけのこのように急成長 した少女は、都に移り住み 「かぐや」 という名の美しい姫となった。  高畑勲監督、14年ぶりの作品。正直、この日本を代表する映画監督に対し、 宮崎駿ほどの思い入れはない。作品の全てを観ているわけでもないし、本作 の公開を知った時も...
 『かぐや姫の物語』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)高畑勲監督が、製作期間8年、総製作費50億円を費やして作ったアニメだということで、映画館に行ってきました。  本作は、原作の『竹取物語』にかなり忠実に従いながらも(登場人物を若干増やしていますが)、な...
さて、ジブリの高畑監督最新作 風立ちぬと同時公開がここまで遅れたんですよね 高畑監督は火垂るの墓、平成狸合戦ぽんぽこ、そして初期の世界名作劇場のイメージです 独特のタッチの作画とかぐや姫が題材ということで個人的には気になっていたので見てきました 風立ちぬも夏に見ているんですが、個人的にはかぐや姫のほうが好みでしたね あらすじ 今は昔、竹取の翁が見つけた光り輝く竹の中か...
 【ネタバレ注意】  2013年、高畑勲監督は実に14年ぶりとなる新作映画を発表した。  『かぐや姫の物語』は、まさに高畑アニメの集大成ともいうべき大傑作だ。これまで世界中を泣かせ、喜ばせ、感動させてきた高畑勲作品のあらゆる要素がここに結実している。  72歳で長編アニメからの引退を宣言した宮崎駿監督よりも、さらに年上で78歳になる高畑監督が発表したこの長編は、心して観たい作品であ...
かぐや姫の物語 '13:日本 ◆監督:高畑勲「ホーホケキョとなりの山田くん」 ◆主演:朝倉あき、高良健吾、地井武男、宮本信子、高畑淳子、田畑智子、立川志の輔、上川隆也、伊集院光、宇崎竜童、古城環、中村七之助、橋爪功、朝丘雪路、仲代達矢、三宅裕司 ◆STORY◆今...
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    ◆スタジオジブリ作品    「かぐや姫の物語」を姫の罪と罰に焦点を当てた作品と言うことで    昔読んだ絵本と違う印象を持ったので見に行ってきました。    映画観はお子様が大勢いて、映画中に話し出すは ...
評価点:61点/2013年/日本/137分 監督:高畑勲 至極退屈。 昔々、竹を採って生計を立てていた造という翁(声:地井武雄)が光る竹を見つけ、その中からかわいらしい女の子を見つけた。 大切に育てていると、たいそう大きくなり、美しい女性(声:朝倉あき...
【概略】 竹の中から生まれ、すぐに成長して美しい娘に育ち、求婚者たちを次々と振ったあげく、満月の夜、迎えにきた使者とともに月へと去ってしまう――かぐや姫はいったい何のために地球にやってきて、なぜ月へ帰ることになったのか。この地で何を思い生きていたのか。かぐや姫の罪とは、その罰とはいったい何だったのか。 アニメーション 生きているという手応えさえあれば、幸せだった。 繊細で...
2013年 日本 137分 ドラマ/ファンタジー 劇場公開(2013/11/23) 監督: 高畑勲 制作: スタジオジブリ 企画: 鈴木敏夫 原案: 高畑勲 脚本: 高畑勲 音楽: 久石譲 主題歌: 二階堂和美「いのちの記憶」 声の出演: 朝倉あき:かぐや姫 高良健吾:捨丸 地井...

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ

かぐや姫の心情を入れるだけで、別作品にさえ見えるなんて驚きでしたね。
しかもその心情というのが切ないこと。ラストで月に向かう途中に地球を振り返るくだりなど、切な過ぎましたよ。

美しく切ない・・

>にゃむばななさん♪

なんかかぐや姫の人物像を描いただけで、竹取物語の世界観がブワッと広がった感じがしましたよね^^それでいてちゃんと自分達の知ってる内容でもある一方、叶わぬ恋や宮廷での苦悩など感情移入してしまう部分も多くて自分も切なかったですねぇ・・。最後はやっぱり記憶が蘇ったんでしょうかね?でももはや手の届かない場所・・。それがまた辛い・・。

こんにちは

メビウスさん、こんにちは!

やはりあのタッチに目を見張りました。
高畑監督ははあの躍動する線で、アニメーションの原点に立ち返ろうとしたのだろうと感じました。

圧倒的躍動感

>はらやんさん♪

今回のアニメーションは海外からも高い評価を受けてると聞いてるのですが、理解できる方等にはやはり凄いと感じさせるパワーがあるんでしょうねぇ♪自分は多く語れるほどアニメーション製作の云々には詳しくありませんけど、それでもあのタッチから現代のアニメーションとはまた一線を画すクオリティというか、躍動感をビシビシ感じたのは確かですね。じゃなきゃ鳥肌なんて立たないでしょうしっw

こんにちは

筆画じたいは、ゲーム「大神」でみているので、
そこまで驚きはなかったんですよね
けれど、私も同じく夢のような、心が飛んでいった
月を背景に都を疾走するするシーンなどは、ぞくりとしました
前半中盤よりも、後半のほうが面白い表現が多かったように思います
お迎えの使者たちも、仏教の神のようで、天人のイメージが「ああ、そうだよな」とも納得させられましたし

大神と相通じる

>makiさん♪

大神も筆タッチで表現された世界観がかなり印象的でしたよね。そしてその独特さは本作とも共通してる部分が多い気がしますし、少なくとも自分はアニメでこういった表現をしてる作品は見た事が無いですね。予告編で拝見した当初は違和感でしたけど、改めてみればやっぱり躍動感などを感じ取れるんですよね。
普段見慣れてるジブリアートでも、あそこまでの迫力を出すのは難しいかもしれませんね。地上波でまた放映されないかな?^^;

こんばんは!

メビウスさん、こんばんは!
貸出率が異様に高い中、ようやっとレンタルして鑑賞しました。
率直な感想としては、素晴らしい!の一言ですね。
恥ずかしながら私は「竹取物語」の全部の中身を知らなくて、竹から生まれて、月に帰るだけしか把握していなかったものですから、「罪と罰」を背負ってかぐや姫が地球に来ていたという物語に衝撃を受けた次第であります。
丁寧に描かれたアニメーションと、場面に合った音楽、申し分の無い声優と、私個人としては文句のつけようの無い1本となりました。

アカデミー楽しみ

>ヒロ之さん♪

アカデミー賞にもノミネートされましたから、一気に注目度が上がったのかもしれませんね?今時期は確かにレンタルするのも一苦労かも?
竹から生まれた、そして月に帰る。こういった単純な情報しか持ってなかったので、大胆なアレンジが加えられた高畑監督版のかぐや姫は驚きがとても多かったですよね。まあ大昔の物語ですから、誰が新解釈してもおったまげなものにはなるんでしょうけども、高畑監督版は起承転結もしっかりしてましたし、アニメーションも従来とは大分異なる手法だったので、作り手の挑戦意欲みたいなのが凄い伝わって来たのも良かったですね♪

アカデミーの結果はどうなるやら・・。

PAGETOP