ダンシング・ハバナ

【監督】ガイ・ファーランド
【出演】ディエゴ・ルナ/ロモーラ・ガライ/セラ・ワード
【公開日】2005/7.9
【製作】アメリカ

【ストーリー】
1958年のキューバ革命前夜。父親の赴任でアメリカから魅惑的な常夏の国、キューバへとやってきた18歳のケイティ(ロモーラ・ガライ)
そこで出会ったのは、貧しいけれど誇り高いキューバ人ハビエル(ディエゴ・ルナ)と、サルサのリズムだった。家族と共にアメリカへ移住するハビエルの夢を叶える為、2人は力を合わせ、ダンス大会優勝を目指してレッスンを重ねるが・・


【コメント】
前売券を買った際に『ダーティ・ダンシング2』と書いていたので、えっ?!もしかして続編!!と焦りまくって、急いでレンタル店で見付けてスピード予習した次第です・・(-_-;)(汗

物語は1950年代のキューバを舞台に、生真面目な女子高生ケイティが、地元の青年でラテンダンスを得意とするハビエルと出会い、ダンスを通じて自分自身を変えていくと言った大まかなストーリー。

前作をスピード予習したのですが、続編と言うよりも全く別のストーリーでしたね。繋がっていると言えば、前作の主人公を演じていたパトリック・スウェイジが本作ではダンス教室の先生として出演してると言う事くらいでした。
でも前作からかなり年月経ってるので凄く年季が入っていますが、ダンスは変わらず素晴らしかったです。
そして本作もラテン系の音楽がふんだんに盛り込まれていて、かなりノリノリな気分にさせてくれます♪
パリッとした社交ダンスとは対極的に、体全身で音楽を感じるキューバダンスの躍動感がまたたまりません♪
映画観ながら指とか足とかでステップ刻んでいる人、1人くらいはいるのではないでしょうか?(笑

ハビエル役のディエゴ・ルナは、『ターミナル』で清掃員のエンリケ役を演じていましたが、あの時は髭がボサッと生えてて少しみすぼらしかったのですが、髭がないと不思議な事にこれがまたかなりイケメンなのです。
主人公としてはややキャラが弱い気がしますが、それは前作の主人公の方がインパクト的に勝ってるだけで、決して悪い方ではないです

ただ、ケイティとハビエルの恋愛模様の方が少し強くて、ダンス映画と呼ぶには些か物足りない感じも否めませんでした。
ダンス大会の際の2人のダンスも、観ていると正直『優勝出来るの?』と言った考えも生まれてくる。でもその辺りはちょっとしたどんでん返しがあるのですが・・
又、キューバ革命と言う政治的な問題も背後に描かれていますが、それもストーリー全体で見るとあまり重要性が感じ取れないのが痛いですね・・

やっぱり前作に勝る続編を作ると言うのも難しいのですが、それでも個人的にはハリウッド版『shall we ダンス?』以来のダンス映画でもありましたし、結構楽しく観る事が出来ました♪
クライマックスシーンでキューバの人達がごった返してるクラブの中で、最後は皆で楽しく踊って終るシーンは印象に残りましたね。

あ・・そう言えば『shall we ダンス?』でもそんな終り方だったような・・・(・ロ・;)
 2004年/アメリカ 監督/ガイ・ファーランド 出演/ディエゴ・ルナ     ロモーラ・ガライ 原題は「Dirty Dancing2」です。ちなみに「1」は観たことありません。でも、知らなくても楽しく観られます。 1958年、父親の赴任でアメリカからキューバへやってきた18
????????κ???????????????????????塼Ф??ä????衣???β?????Τ????ä1958? 塼г?Τ??礦??Υ塼п???????в???????Ρ塼Ф??????????????Ť?????Τ???????Τ????礦α?ΰ??????塼в???????å?????Υ?????ä?ä?????褫ä?Τ???????¤??Ĥ???ο??ä??????ä???
????Х?????衣????λ?塼Ф???в???ä?ä??Τ?????塡?塩??褦?????????Τ?礦???Ū?ŵŪ?????????褫ä???塼Ф?ĤĤ?Ť????????Τ?Ĥ???Τ夬??????????ä?????????Υ??ä???????????ä??????ĤäΤ???Τ?Τ??塢?礦???Ū???????Ф???α????????????塼ФΥ??
映画「Shall we Dance?」や「ウリナリ」で社交ダンスのことを知ってやってみたいなぁと思っているあなたに男女がカップルで踊る社交ダンスの魅力をお伝えします。
原題のDirty Dancing Havana Nights とあるが87年のダーティ・ダンシングとは別物革命前の1958年キューバーへ両親と共に上流社会で育った少女がハバナに来てラテン サルサの強烈なリズムに心を奪われ 貧困の中でも情熱を失わない少年に出会い二人でダンス大会に力を合わ
             私を解き放つ、灼熱のリズム。 原題:Dirty Dancing2: Havana Nights監督:ガイ・ファーランド出演:ディエゴ・ルナ/ロモーラ・ガライ脚本:ボアズ・....
ストーリー:1958年、父の転勤でキューバのハバナに移ってきた18歳のケイティは、情熱的なリズムに合わせて街中で楽しげに踊る地元の人々の様子に心を奪われる。その中には、彼女が優雅に暮らす高級ホテルでウェイターとして働くハビエルの姿もあった。二人はやがて惹かれ合
最近見た映画ではこの映画が一番ドキドキした。 ドキドキ感が大作見たときのとはやはり質が違う。 
 オープニング・タイトル・・・「えっ、DIRTY DANCING?」と驚きながらも、ストーリー展開も似ていることに気づき、さらにパトリック・スウェイジの登場で驚愕! オリジナルの『ダーティ・ダンシング』とは全く設定が異なるが、こちらはダンスシーン、音楽、ストーリにお
なぜか東北^^;;;仙台の夜でーーす(爆)最近はホテルの部屋にPC完備なんてとこもあって、なんて便利なのでしょう^^ということで(?)先日、東京で『ダンシング・ハバナ』鑑賞することができたのでもうもう、うれしくって♪原題は『ダーティ・ダンシング...
映画館にて「ダンシング・ハバナ」★★★☆ストーリー:1958年、父親の転勤でキューバへやってきたケイティ(ロモーラ・ガライ)は、ハビエル(ディエゴ・ルナ)という青年と知り合う。二人はペアを組んでダンス大会に出場することになった。懐かしの「ダーティ・ダンシング
1987年の「ダーティ・ダンシング」のリメイクと思いきや、原題は「Dirty Dancing2」ちゃんとした続編だったんですねぇ。「ダーティ・ダンシング」は、超大好きな映画で今までの私の映画人生の中で一番繰り返し観た作品ではないでしょうか。どうしても、前作と比べてし...
かっ、可愛いっ!!ディエゴ・ルナ、可愛いすぎ~っ!!彼を初めて観たのは、あの・・・青春エロ映画『天国の口、終わりの楽園。』タイトルがすごく素敵だし、メキシコの美しい海についつい釣られて観たのだが、あまりにも「えぇっ!?」な衝撃内容。観....
「ダンシング・ハバナ」を観ました。優等生のケイティは18才、父のキューバへの転勤が決まった。革命前のキューバは政治的にも不安定であり、大学進学を控えたケイティにとってはキューバは何も期待できない国であった。彼女達は高級ホテルに滞在、そこでウエイターと....
                             『ダンシング・ハバナ』●監督:ガイ・ファーランド●出演:ディエゴ・ルナ、ロモーラ・ガライ 、セーラ・ウォード
ダンシング・ハバナDIRTY DANCING: HAVANA NIGHTS2004年 アメリカガエルの映画を2本見た後は、幼馴染のディエゴ・ルナが出てるコレ。いやー、良かった。開始5分で気にいりました
今年は、よく中南米が舞台の映画をよく見ているひらりん。ハバナはキューバの首都。原題は「DIRTY DANCING: HAVANA NIGHTS」。
ダンシング・ハバナDIRTY DANCING: HAVANA NIGHTS監督 ガイ・ファーランド出演 ディエゴ・ルナ ロモーラ・ガライアメリカ 2004
熱い国、キューバを舞台にした青春もの。革命&ダンス&ハイスクール=パッション私の中にあるラテンの血(?)が騒いだ1本あんな情熱的なダンスを愛する国民がいるキューバ、やっぱり行ってみたいなー。一緒に踊るのは、どうひっくり返っても私にはムリだけど

コメントの投稿

非公開コメント

TBありがとうございます。

私は『ダーティ・ダンシング』は知らずに観たんですが、
前作の続編ではないんですよね。これ。タイトル紛らわしすぎ。

で、映画の方は、ラテンのサウンドとダンスに魅了されましたが、
内容的には消化不良でしたね。やはり、ダンスが上手くなる過程が省かれてるのが・・・。

原題のままで

>kazuki-ktさんこんばんわ♪

自分も原題の『ダーティ・ダンシング2』のままでも良かったと思うのですけどね。確かにちょっとややこしいいです(^▽^;)

ダンスの練習の過程は描かれていますけど、それ程猛特訓と言う風でもなかったですしね。
決勝をああいう結末にしたのはある意味ちょうど良かったのかもしれませんね。

dance映画

最近のダンス映画の中では最高でしょう♪
はしごで『永遠のハバナ』を観る予定でしたが、
この映画で感動したため中止しました(笑)

もともとが・・・

こちらのヒロインはダンサーの娘で社交ダンスの基本はあったから(笑)
1作目と比較すると、そのダンスの完成形に至るまでの経過が
微妙に物足りないのかも
最後にみんなで踊りまくるっていうラストは、なんか定番になってきてるような気がします(笑)
フットルースの頃もそうだし、ダンス系の映画はほとんどかもね
でも、こーいうのは大好きなんですよね~
と、TBいただきました。

完成形

>kossyさんこんばんわ♪

kossyさんには当たりな映画だったみたいですね。
前作を観た人にもニヤリとさせてしまうパトリックの登場だったり、サービス要素も欠かしていなかっただけに、自分はダンスの楽しさを再認識できた映画かもしれません。


>にゃんこさんこんばんわ♪

ケイティはダンスの基礎もあり、ハビエルはラテンダンスが上手いしと、前作と違ってかなり完成形に近いですよね。後は微調整すれば完璧みたいな?
だから練習風景もあっけらかんだったんでしょうか?

う~・・んでもサントラが見つからない・・・

こんにちは♪

ダンス映画大好きです~!
絶対に楽しめますもんね!
あのダンス大会の踊り、最後まで見せてほしかったわ。
でもあの時のドレス(薄いピンク)はインパクトがイマイチでしたよね。予選の時のオレンジ色もしくはラストのブルーのドレスの方が似合っていたような気がします。
サントラは買いですよね!

キューバダンス

>ミチさんこんばんわ♪

この映画はキューバの人達が自由に楽しく踊ってる姿もあってか、自分も楽しく観れた部分がありましたね♪
あのダンス大会の決勝は、むしろ優勝せずああ言うオチも自然な感じで良かったようにも思えます。

でもサントラはどこにあるんでしょうね~?(^▽^;)
ツタ○巡っても1枚もありませんです・・・

観ました~

メビウスさん、こんにちは。
スワロも今日、DVDで見ました。
ので、TBもさせて頂きました。

ハビエル君、結構すてきでした(笑)
ラスト、革命のあおりで二人が結ばれなかった、という終わり方は
物語の流れや、政治的背景を考えるとしっくりくるし、
スワロもこういう流れはすきなのでよかったのですが。
ただ、全体的にあっさりしすぎていた感じがしました。

あ~スワロも『ミュンヘン』観たいです。
でも行けるかな・・・
『ヴェニスの商人』は絶対に行くぞ!!と心に誓っております。

DVDがっ

>スワロさんこんばんわ♪

ハゥッ!!∑( ̄▽ ̄;)DVDが既に出ていたのですかっ?!
特典か何かあったら買ってみようかな・・・

一貫して2人の恋物語が強かったようにも思えますし、やはり自分としては前作の方が面白いと感じますね♪時間も短かったですし、もうちょっと長くても良かったですね。

ヴェニスの商人は自分も観たい!地元のミニシアターにそろそろ来る頃なんですが・・・

男優陣が私好みでした。。。

メビウスさん、こんにちは~♪
『ダーティ・ダンシング』っていう1作目があったことを知らずに観ました。
主演のディエゴ・ルナの笑顔はとっても可愛らしくて良かったですが、パトリック・スウェイジが出演しているのは、私的にはそれ以上のサプライズでした~!
未見の『ダーティ・ダンシング』はもとより、『ゴースト』、『ハート・ブルー』等もまた久しぶりに観たくなりました(^.^)

結果オーライ

>honuさんこんばんわ♪

『2』っていう文字が入っているだけで、内容的には殆ど繋がっておらず、今更ながらスピード予習した自分が馬鹿らしく思えてきましたけども、前作を観なければパトリック・スウェイジが出てくるシーンをそのままスルーしていたとも思いますので、結果オーライと言った感じでしょうか?(^▽^;)
本作も良かったですけど、ダンスをとことん楽しむのなら前作の方が上かもしれませんね。中々面白いのでオススメしますよ♪

PAGETOP