【監督】ザック・スナイダー
【出演】ヘンリー・カヴィル/エイミー・アダムス/マイケル・シャノン/ケヴィン・コスナー/ダイアン・レイン/ローレンス・フィッシュバーン/ラッセル・クロウ/ハリー・レニックス
【公開日】2013年 8月30日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
マーサとジョナサンの夫婦に育てられたクラーク・ケント。クラークは実はクリプトン星に生まれ、星の滅亡を予測したジョー=エルが地球に送った彼の息子だった。幼い頃よりクラークは周囲の人々とは違う特殊能力を持っていることに苦悩していたが、やがて地球を守るという自らの使命に気付く・・・。
 
【コメント】
アメコミ作品のダークなストーリーが好評を博してるのは分かるのですが、有名なスーパーマンまでもがそれに肖るかのように苦悩するヒーローモノとなってしまうと二番煎じやら何やらと言われてもしょうがないと言いますか、ちょっと自分もこの手の内容を最近出し過ぎじゃないかなぁとも思っちゃうこの頃ですねぇ・・・。
まあそんな苦言もありはしますが、実はそのスーパーマンに関してはあんまり深く知っているわけでもないため(汗)、起源でもあり誕生秘話を描いた今回の新生スーパーマンは迫力の映像も手伝い、なんだかんだでやはり見応えはあった方でしたね^^;

古いスーパーマンの方ではなく、比較的新しい『スーパーマン リターンズ』の記憶からですが、スーパーマンことクラーク・ケントと言えば普段はジャーナリストとして働いていて、人々に危機が迫るとあのお馴染みのスーツを着て助けに向かう姿が印象的ですけども、本作ではその誰もが知っている活躍ぶりに到るまでの半生をなんとも波乱万丈に描いている。・・それこそ最初は思い入れが薄いだけあってスーパーマンの出生って自分の中では然程重要に感じてもいなかったのですが、でも知ったら知ったでこれがまたかなり過酷な生い立ちなのだなぁと驚いてしまいますね^^;故郷のクリプトン星が崩壊寸前間際に生を受けたため、何も知らぬまま1人地球へ送り出され更に超人的な能力も持つがゆえに、自分は何者なのかという自問自答を繰り返して孤独と葛藤に追いやられる姿は、確かにこれまでのスーパーマンとは異なりネガティブっぽい所が前面に出てて面白い設定になっていますし、過去作とも違って『全米が知ってるヒーロー』ではなく本作では『イチ地球外生命体』でもあるから、危機を前にして地球人との相互理解を深めて徐々に信頼と絆を得ていく過程なんかも、長い上映時間を使って丁寧に描いてて良かったとも思う。
また、アクションの方もラッセル・クロウ演じるジョー・エルが最初前座とばかりに派手な見せ場を披露してくれてましたが、後半のゾッド将軍一味とスーパーマンの戦いになってからはその冒頭アクションが霞むほどの破壊三昧ともなり、何ともえらいこっちゃな有様になってしまっているw音速の壁も易々と超えちゃうスーパーマンとゾッド一味のバトルはその殆どがハイスピード・・・と言いますかもうあまりにも早過ぎるため、端から見れば瞬間移動そのものとなっていて正直追いつけないとこもしばしばあった(汗)クリプトン星人の超人的能力を上手く表現してはいますけども、これは観る人によっては目が疲れるかもしれませんね?しかしながらその迫力は申し分無く、ドラゴンボールにもひけを取らない空中肉弾戦も周囲のあらゆるものを壊しまくりで、あのアベンジャーズでもここまでやったかな?と思うくらいの過剰ぶりにはもはや笑っちゃうほかありませんでした^^;


・・とまあ序章のつもりで観た限りですと、ドラマ性は深まっていたと思いますしアクションの満足度も言わずもがな。ラストではこれまたお馴染みなあのジャーナリスト姿にもなり、ここからがスーパーマン・・もといマン・オブ・スティールとしての始まりを告げるような終わり方もなんか『心得てる』感じがして、にわかな自分でも心躍らされる締め方だったように思えました♪
ただ物申すとこが無かった・・・と言えば実はそうじゃ無かったりもするわけでして、あくまで個人的ですが、本当の両親のエル夫妻の時は出産から故郷の崩壊に到るまで生い立ちも理解できたので家族の絆みたいなのも感じることが出来たものの、こと育ての親であるケント夫妻に関しては時系列にそった見せ方じゃ無かった分、ぶつ切り感もあってちょっと希薄にも見えちゃったかな~と。
せめてクラークの乗った宇宙船をケント夫妻が見つけるファーストコンタクなシーンが欲しかったんですけどねぇ~。墜落した瞬間場面が切り替わり、出て来たのはヒゲモジャのマッチョな男だったもんですから、自分はかなり面食らってしまったのでした(笑
 
 アメリカ  アクション&SF&アドベンチャー  監督:ザック・スナイダー  出演:ヘンリー・カヴィル      エイミー・アダムス      マイケル・シャノン      ...
スーパーかっけー! スーパー泣ける!  
クリストファー・ノーラン製作、ザック・スナイダーが監督を務めたスーパーマン誕生までの物語を紡ぐアクション大作。過酷な運命を受け入れ、ヒーローとして生きることを決意する主...
「スーパーマン」は1978年に超大作映画『スーパーマン』が作られ、以後『スーパーマンII/冒険篇』(1981)、『スーパーマンIII/電子の要塞』(1983)とシリーズ化され、外伝の『スーパ
父親から息子へ受け継がれる、決して諦めない鉄の心。 トイレでゲイ監督から直々にスカウトされたブランドン・ラウスのことなどすっかり忘れ、にわかヲタク監督によりアクション ...
滅びゆく星。善なる者。文字ではない。
クリストファー・ノーラン製作でザック・スナイダー監督の新生スーパーマンが始動ということで、とても楽しみにしていた作品。最初は3D鑑賞も考えていたけれど結局2D字幕で鑑賞。3D効...
原題 MAN OF STEEL 上映時間 143分 監督 ザック・スナイダー 脚本 デヴィッド・S・ゴイヤー 音楽 ハンス・ジマー 出演 ヘンリー・カヴィル/エイミー・アダムス/ローレンス・フィッシュバーン/...
スーパーマンって目からビーム出るんだ!知らなかったよ!
□作品オフィシャルサイト 「マン・オブ・スティール」 □監督 ザック・スナイダー □脚本 デビッド・S・ゴイヤー□キャスト ヘンリー・カビル、エイミー・アダムス、マイケ
なかなか感想を書きにくい作品だなと思いました。 今までのアメコミのヒーロー映画と
☆面白かったし、王道の傑作でしょう。         プロデューサーの関係で『ダークナイト』的なノワール感があるように語られていたが、そんなことはなかった。  先ず、リブ...
【45 うち今年の試写会5】 今日は昨日より波が小さくそのうえ風も吹いてだめ~、だもんで徹底的に筋トレして、それから映画を観に川崎へ。 この3日間で、「マンオブスティール」「
わたしの世代だと、スーパーマンといえば1978年製作の(日本公開は悠長な時代だか
【出演】  ヘンリー・カヴィル  エイミー・アダムス  マイケル・シャノン  ケヴィン・コスナー  ラッセル・クロウ  ダイアン・レイン  ローレンス・フィッシュバーン 【ストーリー】 ジョー・エルは、滅びる寸前の惑星クリプトンから生まれたばかりの息子を宇宙船...
映画「マン・オブ・スティール」★★★★ヘンリー・カビル、エイミー・アダムス ケビン・コスナー、ダイアン・レイン ラッセル・クロウ、ローレンス・フィッシュバーン出演 ザック・スナイダー監督、 143分、2013年8月30日より全国公開 2013,アメリカ、カナダ,ワーナー・ブラザース (原題/原作:MAN OF STEEL )
MAN OF STEEL 2013年 アメリカ 143分 アクション/SF/アドベンチャー 劇場公開(2013/08/30) 監督:ザック・スナイダー『ウォッチメン』 製作:クリストファー・ノーラン 原案:クリストファー・ノーラン 出演: ヘンリー・カヴィル:クラーク・ケント/カ...
海外ドラマ「ヤングスーパーマン」を(途中まで)見てるからか途中まではなんか違和感あったわ(笑) やはり、地球の父母ジョナサンとマーサ・ケント夫婦の普通の倫理観から正義感が培われているんだなあ。育ての親って重要よね(ヤンスパではまたジョナサンがかっこいいんだ)。 これは、スーパーマンだけどまだスーパーマンになっていない、前日譚のお話。自分の能力への葛藤と出生への戸惑いがよく出ていて、戦う事...

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは♪

養父母とカル=エルのファーストコンタクトのエピは入れる
べきだったとボクも思ったし、いきなり漁船に乗ってとヒゲ
もじゃ登場も同様に「へ?」でしたからね。
アクションは「DB」や「009」の加速装置を思わせるものが
あってかなり興奮したんすけど、その反面、早過ぎ&ヤリ過
ぎ&壊し過ぎに(;´∀`) うわぁ…。 にも。
でもここ最近のアメコミヒーローもの中ではかなり出来がヨ
カッタと思えました♪ (゚▽゚)v

期待と違ったシチュエーション

>風情♪さん♪

自分もまさかカル=エルの宇宙船が墜落した瞬間、別映像に切り替わるなんて思ってもいなかったので、『ん?んん?(汗)』という反応を取らざるを得ませんでした。あの見せ方が悪いってわけではないのですが、期待してたシチュエーションがやっぱりクラークパパが宇宙船を見つけてどういう対応をするか?というのを想像してたため、ちょっと肩透かしをくらってしまった具合ですね(汗

けどスーパーマンのアクションが超絶だった分、多少の不満ならば帳消しにさせてくれるパワーがあったのもまた確かですね^^

こんばんわ

前作は完全にゲイ色に染まりかけていましたが、今回は王道のヒーロー映画に原点回帰してましたね。
特にラストで女性将校に「セクシーだと思ったので」と言わせるあたり。これぞアメリカンヒーローだと嬉しくなりましたよ。

こんにちは。

前半の人間ドラマと対になる形で、これまでに観たことないほどの破壊があり、
その後、やっと皆が知る姿で登場してくる…ということに込められた意味があるのでしょうね。
そういう意味でも、これまでのヒーロー物の枠に収まらない作品だと思いました。
これは案外、何度も見直すと、違う一面が見えてくる作品かもしれません。

こんにちは。

そうなんですよね。
ヒゲモジャのマッチョが唐突に登場するギャップは逆に巧さを感じたりもするのだけど、真実を話したあの時に言葉だけじゃなく、ファーストコンタクトの絵を見せて欲しかったです。ましてやケビン父さんの存在感はハンパなく、「クラーク家」をもう少し見たかった。(尺の長いTVシリーズではガシガシ入っていたので面白かったですよ)。

仲間は死に絶え、人間には受け入れられた彼だけど、続編でも何かしら苦悩し葛藤するクラークがみられるような気がします。
ただ超人パワーがケタ違いすぎるだけに人間とのギャップを激しく感じるわけで、それが当たり前として破壊三昧を何とも思わないようなところは是非とも改善して欲しいと思います。

意外なファーストコンタクト

>にゃむばななさん♪

そういえばスーパーマンってヒロインを抱えて飛んでいるイメージも確か・・・あった気がするので、そういう優雅さを醸し出してる雰囲気が、女性から見て魅力でもありそしてセクシーであるのかもしれませんね?それに考えてみればアメコミヒーローの主役キャラって、なんだかんだでセクシーとかイケメン路線ですよねw三枚目な人ってあんまりいないような気がします(当然か^^;)

>悠雅さん♪

少なくともあの破壊の凄まじさは、単独のヒーローモノの中では確かに枠外・規格外な所がありますよね。過剰過ぎる点も逆に印象が強く残ってしまってます^^;
それに前半もドラマ性に力を入れてた分、カル・エルもといクラーク・ケントを挟んでの生み・育ての親の諭しも良かったですね。特にクラークパパの言葉には重みもあったので、確かに一度だけでは理解できない深い意味が存在しそうです。

>たいむさん♪

時系列に当てはめないクラーク夫妻とのパートは、生みの親でもあるエル夫妻とはまた異なる見せ方にはなっていましたが、良くも悪くも期待外のシーンから始まってしまったもんですから、個人的には意外過ぎるファーストコンタクトでございました^^;・・でも聞いた限りでは続編が既に決定しているようなので、クラーク家は回想などでもまた見せてくれるかもしれませんね?その頃には破壊三昧は治ってるかな~?日常生活間で簡単に物を壊してしまうドタバタな画が想像できてしまい、足りなかったユーモアさを補ってくれそうな感じがしますw

こんにちは

メビウスさん、こんにちは!

スーパーマンっていうのは、生まれながらにして周りの人々は異なる存在であるということが、他のヒーローとは違うのですよね。
自分が周りの人々と違うということ、その力の存在を自分として受け入れなくてはいけない。
このあたりを丁寧に描いていましたよね。
悩んではいてもスーパーマンは決して暗黒面には落とせない、それがバットマンとは違うところですよね。

No title

やはりゲイのブライアン・シンガー監督から離れたのが良かったですね… 

個人的には良かったです

>はらやんさん♪

バットマンやスパイダーマンは主人公が人間ゆえに、その生い立ちから来る過去のトラウマや自身の未熟さなどが重厚なテーマに挙げられてましたけど、スーパーマンはそのどれにも当てはまらないですよね。だから自身のアイデンティティと行うべき使命に迫っていくテーマは良かったと思います^^
まあ一方で闇に囚われるスーパーマンというのも観てみたい気はするのですが、それをやっちゃったらさすがに伝統を傷付けちゃうかもしれませんね(汗

>クロツ大尉さん♪

ブライアン版の06年スーパーマンリターンズはシリーズの中でも汚点と言われてるそうですが、個人的には結構面白かったんですけどね~^^;本作公開前にテレビで放映されてましたけど、ユーモアも取り入れてた分、本作よりも笑っていた気がします。主演のブランドン・ラウスも未公開系で頑張ってるんですけどね(汗

No title

こんばんは。やっぱりヒーローなのに街壊しまくりなのが気になりましたね… イェーガーの場合は図体がでかいから仕方ないので許しますけど(ええ!?)
空中戦もそうでしたが、意外と共通点の多いドラゴンボールとスーパーマン。子供の頃異星から地球に送り込まれて…というところも一緒ですよね。鳥山先生は別作品で「スッパマン」とか出してるんで、もしかしたら意識してたかも?

サイズ

>SGAさん♪

サイズによる線引きみたいなのは確かにある気はしますね。パシフィック・リムの場合は世界の脅威が目に見えて分り易いですし、イエーガーも巨体ですから大暴れして街を壊したりしても大義名分がまかり通りそうな気はするのですが、スーパーマンの場合はサイズが人間でも破壊力はイエーガー並でしたもんね。市民からふざんけんなっ!って言われちゃっても仕方がない気もします(汗

そいえばドラゴンボールのモデルになったものって自分も知らないので、共通点の多さから推測してスーパーマンとにらむのもあながち間違いではないかもしれませんね?(スッパマンもそうですしw)

こんばんは!

メビウスさんこんばんは。
過去のスーパーマンも好きですけど、こういうダーク系なスーパーマンも良いと思いますねぇ。
ケビン・コスナーの最期は感動的でした。
戦闘シーンもスピード感があり自分的には凄く楽しめたものがあります。
兎に角終盤は派手だなぁという気持ちと、それを伴っての興奮さに夢中で見ていました。
是非ともこのスタッフで続編作って欲しいです。

こんにちは

あっ同じ同じ、やはりケント夫妻がクラークを発見する件はあったほうがよかったですよね
時系列がバラバラなのはさほど気になならなかったのですが(重要でかつ愛されてるエピソードが多かったので)ラストの子供時代のマントをつけて犬とはしゃいでる姿を地球の父親が温かく見守っているというシーンは良かったです~(出番少ないけどケヴィン・コスナー凄く良かった)
また、あのゾッド将軍を倒した時の絶叫。敵であれ殺さなければならなかった。その嘆きがダイレクトに伝わってきましたよね
そんな優しい心と鋼の肉体をもつ好青年を、「インモータルズ」のヘンリー・カヴィルさんが上手く演じられてました
インモータルズのときも肉体改造は凄かったですけど、今回は本当にマッチョ!腕の盛とか凄かったですね~
スーパーマンには実は思い入れがちょっとあって、最初は違和感があったのですが、それもすぐに払拭されました
街破壊ぶりが凄まじくて、ここまで街破壊したアクション映画って他にあったっけ!?と思っちゃいました~(笑)

続編に出て欲しい・・

>ヒロ之さん♪

ノーランテイストのダークさを併せ持ちながらアクションも超ド級だったので、エンタメとしては言う事無しでしたホント♪でも続編がチラついてる作品でもあるだけに、クラークパパがいなくなってしまったのが何とも残念ですね・・。続編では回想シーンとかでもいいのでまた会いたいものですw

>makiさん♪

makiさんも感じたようですが、やはりクラーク夫妻の部分ももう少し密に描いて欲しかったとこはありますね。時間の都合上2つの家族を描くのは難しいのは理解してますし『そこ』を見せずとも内容は理解できるのですが、ヒゲモジャクラークが出て来た瞬間端折り感もあったため、違和感を持っちゃったのは確かです^^;

あ、そいえば主演のヘンリー・カヴィルは『インモータルズ』に出演してた俳優さんだそうですね。あの作品は『300』みたいにマッチョガイが多かったため、案外そこでヘンリーの肉体美も注目されていたのかもしれませんね?筋肉は無駄じゃないと言うことか?(笑

PAGETOP