【監督】マーク・フォスター
【出演】ブラッド・ピット/ミレイユ・イーノス/ファナ・モコエナ/ジェームズ・バッジデール/ダニエラ・ケルテス/マシュー・フォックス
【公開日】2013年 8月10日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
中国僻地で発生した謎のウィルスが爆発的に全世界へと拡大。このままでは世界は90日以内に滅亡する。全人類を絶滅へと導くウィルスの感染を防ぐため、元国連調査官のジェリーは愛する家族と離れ、世界を駆け回る。しかしすでに政府と軍隊は崩壊、感染の速度は加速し続けていた・・・。
 
【コメント】
実は『マネーボール』からずっと未見が続いているため、自分にとってはかなり久しぶりなブラッド・ピット出演作品^^;それも観る目的の1つでしたが、本作の驚愕映像が圧倒的過ぎてそれに食指が動かされたと言うのも本音ですねwゾンビ映画にしましてもご無沙汰ですから恐怖映像で涼みたかったってのもありますけど、それでもこれはまるっとゾンビ映画って感じでは無かったかな?・・ただまあウィルス感染の恐怖を描くパンデミック作品として観てもそれはそれでまた楽しめた事に変わりは無かったのも然りです。

心臓に悪いようなビクッとするとこもあれば思わずぎょえー!と叫びたくもなってしまう鳥肌モノなとこもあったりする本作は、不安や恐怖を掻き立てるドキドキなシーンの見せ方が結構上手く、始まりも凄く平穏な日常の様子からなのですが、車の渋滞時に後方の爆発→暴走トラック→そして一気に大混乱と、パニックの度合いが徐々に強まり迫ってくるかのような冒頭は個人的には秀逸で掴みもオッケーだった。そしてそこから謎のウィルスによってゾンビのようになった感染者たちが襲ってくる光景にしても地獄絵図と言っていいくらいの惨状。自分はゾンビ映画をそれほど観てないからなんでしょうか、本作のゾンビたちにもただただ仰天で、噛まれたら感染は早く、Bダッシュしてるみたいな全力疾走、何よりまったくもー!ってくらいの数でもってゴバゴバ押し寄せてくる様は怖さよりもどこか気持ち悪さの方が勝っていたかもしれない。けど人柱状態になって壁をよじ登ってきたり雪崩みたいに押し寄せてくる場面も嫌悪感を抱きかねないくらいの衝撃さがあるものの、その映像に魅了されたのもまた事実なので、津波ゾンビ郡の猛威はやはり本作を鑑賞する価値を充分上げてくれている気もしますね。

あと後半は趣が少し変わり、ウィルスの感染を免れる方法を模索し解明していく『アウトブレイク』のような方向にシフトする謎解きのような一面もあれば、ゾンビとも限定空間内でのバトルなどが展開されたりと、前半とはまた違ったシチュエーションで恐怖を煽ってくれてますね。感染を防ぐ策にしてもなんか意外性があるというか、ウィルスにはワクチンという考えとは異なる発想で斬新でもありましたし、WHO施設内のゾンビてんこ盛り棟に入って目的の場所までゾンビ(敵)に見つからず行くといった部分も自分にはどこかゲーム的で面白い見方も出来た気がする^^;
それによくよく考えてもみれば死んだ後に蘇ってるってわけじゃなかったですし、噛まれて感染して『ゾンビのように凶暴化してしまう』という部分を踏まえれば、本作はバイオハザードのような作風に見えてしまいますね。街を覆い尽くすほどの膨大な感染者達も『バイオハザード6』に近いものがあったな~と、途中からなんかゲーム脳な視点にも切り替わっていたのでしたw


そいえば本作はマーク・フォスター監督がメガホンを取っていましたが、007でアクション作デヴューしたと思ったら今度はパニック作品にも新境地を開いちゃったんでしょうか?感動的なヒューマン作品を手掛けたりするのが上手い印象もありましたけど、ひょっとしたらあんまりジャンルの型に嵌らないマルチな人なのかもしれない。マーク監督の作品は『君のためなら千回でも』以外は一応鑑賞してて、自分にしては珍しく取りこぼしも少なく、また本作も個人的にはエンタメとして好みな内容だったので、ブラピと共に彼の代表作の1つとして印象に残るような気がします。
□作品オフィシャルサイト 「ワールド・ウォー Z」 □監督 マーク・フォースター□脚本 マシュー・マイケル・カーナハン□原作 マックス・ブルックス□キャスト ブラッド・ピ
予告編は何度となく見ていたけれど、それ以外に知識を入れていなかったので世界滅亡も天変地異の何かかなぁと勝手に思っており、まさか”ゾンビ映画”だったなんてちっとも気が付い...
 アメリカ  アクション&パニック&ホラー  監督:マーク・フォースター  出演:ブラッド・ピット      ミレイユ・イーノス      ジェームズ・バッジ・デール   ...
映画「ワールド・ウォー Z」★★★☆ ブラッド・ピット、ミレイユ・イーノス、 ジェームズ・バッジ・デール、ダニエラ・ケルテス マシュー・フォックス、デヴィッド・モース出演 マ
ランキングクリックしてね ←please click ワールドウォーZの「Z」はゾンビのZ ついにブラピもゾンビ映画出演か〜ってことで、ゾンビ映画ファンとしては楽しみにしてました 題し...
程よい怖さで面白い。  
ブラピ主演のゾンビ映画。 へー?ブラピがゾンビ映画?と思って、かねてから気になっていた作品。 ハンパないスケールに大興奮☆
「ワールド・ウォーZ」のZは、人類の世界戦争の最終日を表すXYZのZではなく、なんとアレのことでした。 アレとは、アレです。Zombie…。そうきたか。今回は予告篇製作
ベストセラーを記録した、マックス・ブルックスの小説を実写化したパニック大作。人間を凶暴化させる未知のウイルスの感染原因を解き明かそうと、感染者と非感染者の死闘が繰り広げ...
「Z」は「Zombie(ゾンビ)」の「Z」。 ゾンビは以前はノロノロと歩いて襲っ
WORLD WAR Z 2013年 アメリカ 116分 アクション/パニック/ホラー 劇場公開(2013/08/10) 監督:マーク・フォースター『007/慰めの報酬』 製作:ブラッド・ピット 製作総指揮:マーク・フォースター 原作:マックス・ブルックス『WORLD WAR Z』 出演: ブ...
ワールド・ウォーZ [DVD]角川書店 2013-12-20売り上げランキング : 241Amazonで詳しく見るby G-Tools 劇場鑑賞はさすがに年末なので終了しましたけど(^_^;) DVDでギリギリ年内に見れました的なもんはアップしようかと。 個人的にはカッコいいブラピパパが...
ブラッド・ピット主演ですが評判が悪かったので期待せずに見たら意外と面白かった。ゾンビ映画というよりはパンデミック映画。 Zピラミッドが必見ですかね。ワーワーと群れるを超えて雪崩れ込んで壁を上っていく姿が圧巻でしたねえ。しかしながらツッコミどころも多く、そこがダメな部分と思われるのかなと。 まず、力強い説得力あるいい言葉を話した科学者が呆気なく直後にすべって転んで事故死。音を鳴らすとZたち...

コメントの投稿

非公開コメント

ドドドドド

メビウスさん、こんにちは。
まさかゾンビ系だとは思っていなかったので、イキナリのソンビの猛襲が始まったときには度肝を抜かれましたよ。
そして、博士の自論からあの結果に行き着くっていう、謎解き風要素も私も結構好みでした。
でも何だろう?釈然としないものも???(笑)

ジェリーの役割は終わったものと思うけれど、この後きっとゾンビも進化するはずで、ちょっと見てみたい気もしています。

No title

こんにちは♪

お巡りさんがトラックにはねられるシーンは予告編で幾度
となく観てたハズなのに油断して手不覚にも本編でビクっ
としてしまい我ながら「何で今さらココで…。」と泣きた
くなっちゃいましたよ。
前半は怖いものがあってヨカッタんだけど、中盤からひん
ぱんにご都合主義が目立ちオモシロさに温度差があってチ
ョイと興醒めしちゃいました。
それでも好きな作風なんでなんだかんだ言いながら最後ま
で楽しく観れました♪ (゚▽゚)v

博士の退場は早過ぎるw

>たいむさん♪

予告編を観る限りだとゾンビという説明はされていなかったので、あの人柱や津波もどことなく未知のものを感じましたよね。なんだなんだ?って感じでw自分は『アイアムレジェンド』の類を考えていたのですが、当たらずとも遠からず?^^;

自分は原作未読というのもあるので変わったゾンビ映画としても面白く観れたのですが、たいむさんが釈然としなかったのはやっぱりアレですかね?博士がすんごい早く退場しちゃったとことか?(笑

>風情♪さん♪

撥ねられるおまわりさんは予告編でビックリさせられたので、自分は逆に『来るぞ来るぞ・・』と変に構えてましたね^^;けど出来ればあのシーンは公開まで取って置いて欲しかったかな~というのもあったりで・・w
中盤からのご都合主義な部分は希望の残るラストな以上、やはりどこかに打開策を盛り込まなければならなかったのではとも思うのですが、一方で前半の絶望感を持続させるために敢えて理不尽さを貫いていれば、それはそれでまた違った面白さになっていたかもしれませんね?B級みたいに主人公がバケモノになっちゃうオチとかとか(笑

Z~

メビウスさん、おはようございます^^

予告編を十数回観せられ本編を観ましたが、
“Z”がマシンガーでなくゾンビだったとは(笑)
冗談はさておき、予告では地球規模の・・・とか想像しながら、
実際にはこじんまりとした映画になっていました。
何もブラピでなくてもと思いましたが、
ブラピを出してないと、興行的に失敗した映画かなと
正直思いましたよ(笑)

こじんまり

>cyazさん♪

Zと聞いてマジンガーを思い出してしまうcyazさんは、自分と同じロボットダイスキーな性分ですねw・・とまあ冗談はさておき、Zをゾンビに当てはめると『ゾンビと世界戦争』にもなるわけで言い得て妙ですねw
あとこじんまりな印象があったのは、おそらくアパート内やら施設内やら飛行機内やらと、パニックの大部分が限定空間で起きてた事も要因かもしれませんね?エルサレムのようなシーンが多くあれば世界規模も納得できるとこなんですけどね~?

No title

メビウスさんコメントありがとう、

>心臓に悪いようなビクッとするとこもあれば思わずぎょえー!と叫びたくもなってしまう鳥肌モノなとこもあったり

私、そういうのを期待してたんだけど全然でした 
やはりゾンビ映画としては違うかな、
パンデミックのパニック映画でしたね、
やっぱりブラピがやるとこういう感じかなって、
ゾンビもの好きには物足りないです。笑
ご都合主義がかなり気になりましたが
ブラピ史上最高の興行になったようですごいなぁ。

亜種

>migさん♪

本作のゾンビは突発的に出て来たり凄い凶暴性もあったので自分はアパートの逃亡シーンとかで結構ビックリャこいてしまったのですが、ゾンビ通(笑)なmigさんにとっては驚き要素はちょっと薄かったようですね^^;ゾンビというのはやはり一度死んで蘇ってくるというのが大前提でしょうから、それが欠けてる本作のゾンビは『亜種』と呼んだ方がいいかもしれませんね?
でも他のブロガー様も口々に仰ってるのですが、やはりブラピがなんらかの形で感染してくれたら面白かったかも?^^;

すっかりご無沙汰しておりました

メビウスさん☆
私もゾンビ映画はそれほど観ないこともあって、存分に楽しめました。
どちらかというとパンデミック映画なので、映画にもちょいちょい登場した鳥インフルエンザとかそういった未知のウイルスによる感染の恐怖を描いた作品だと思うと、その感染の拡大の様子をゾンビという目に見える形にしただけなのかもしれないですよね。

ウィルスの表現

>まだ~むさん♪

ゾンビって言っても、Zな人達は実際は生きてますもんねwその時点で本場のゾンビとは別物な感じはしますので、パンデミックと見るか異質なゾンビとして見るかでも評価は分かれそうな気がしますねぇ。

でも本作のように感染したらこうなりますよと、ウィルスの凶暴性と危険性を肉眼でちゃんと認識できるようにしてる、このZの設定は確かに上手いですよね。顕微鏡なんかで確認するよりもずっと怖さが引き立ってますw

No title

そういえばフォスター監督の『007 慰めの報酬』はあまり評判がよくなかったですね… わたしはあれもけっこう楽しめたんだけど
ゾンビに見つからずにこっそり潜入していくというあたりは、『メタルギア・ソリッド』のルールに近い気もしました。わたしゃ一作目しかクリアしてないんですけどね
最近『パシフィック・リム』といい『進撃の巨人』といい壁が突破される作品が目につきます。その辺の「いつかは破られる壁」ってまさしく『マジンガーZ』に出てくる基地のバリアーみたいだな~と思いました(わかってもらえるだろうか…)

壁・壁・壁

>SGAさん♪

フォスター監督の『慰めの報酬』はなんかイマイチな評価が世間にありますよね。自分もそれほど悪い内容じゃないと思ってますし、フォスター監督初のアクション作品でもありますから大目に見て頂戴・・ってとこもあるのですが・・^^;(汗

マジンガーZの基地バリアーはさすがに分からなかったのですが、進撃の巨人なら分かりますw本作と『パシフィック・リム』に壁を用いた防御壁が描かれていたので、進撃の巨人を思い浮かべた人は多いと思いますね。アニメでもすこぶる人気になっていますけど噂の実写化はどうなるのやら・・(汗

こんばんは

メビウスさん、こんばんは!

ゾンビ映画というよりは、「スターシップ・トゥルーパーズ」のバグとかああいった怪物わらわら系な感じがしました。
研究所のシークエンスはゾンビ映画的な感じはしましたけれど。
少々都合がいい話なので、そのあたりは気になりました。

ゾンビの嫌悪感よりも・・

>はらやんさん♪

確かに本作の感染者を遠目から見ると、「スターシップ・トゥルーパーズ」のバグのような群生体を思わせる嫌悪感もありますねぇ~wそれにゾンビでもさすがにあれだけの数だと、もうゾンビそのものの恐怖よりも別な脅威を感じてしまいます^^;

あと研究所のパートは個人的には好きなシーンでした。隠れながら目的を果たす所なんかもあるゲームにそっくりで、自分はちょっとニヤけてましたね。

こんばんは!

メビウスさんこんばんは。
一本のゾンビ映画としてはとても面白く見れました。
ブラピラブな私なもんで、その辺でも見ていて楽しかったです。
全力疾走するゾンビの群れの描写が圧巻でしたねぇ。
あれって実写なんですかね?それともCG??
そう思ってしまう程に数の多さに驚かされました。
グロさは全く無かったですけど、死体の目がギョロッと動くシーンが怖かったです。

一粒で二度美味しい

>ヒロ之さん♪

自分もゾンビモノとかそれほど観ないので、単純なゾンビ作品として観る事も出来れば、爆発的なウィルス感染の恐怖を描いたパンデミック作品として観る事も出来たため、なんか一粒で二度美味しいような作品に見えちゃいましたねwあ、でもヒロ之さんがブラピ好きなのは初めて知った(笑

それとゾンビの動きなどに関しては、確かAIを持たせたCGで動かしていたとかなんとか・・と言うのを愛読してる映画雑誌から知り得ました。CGもついに人工知能搭載の時代か~なんて思っちゃいました^^;

こんにちは

とにかく圧巻のZ量でしたね
Zピラミッドとか凄かったなー上空からみたショットが、
まるでゴミのようだとか思っちゃうくらいでしたもんね
ただ色々ツッコミどころが多くて気になってしまいました^;
ブラピをかっこよく見せる映画としては完成されていたとは思いますが。
それにしても目に優しいゾンビ映画でした(笑)ゾンビというよりパンデミック映画ですけどね

圧倒的物量

>makiさん♪

自分はゾンビ映画それほど多く観ていないせいかゾンビに対しては敷居がそれほど高くないので、本作の大量のZはmakiさん同様圧巻で呆気にも取られちゃいましたね^^
ゾンビ特有のグロさとかは無いですけど、最新映像技術にものを言わせたZの圧倒的物量は凄まじくて、あれだけを見ればホント世界の終わりを感じさせますw
まあご都合主義やツッコミも多分にある内容ですが、それもひっくるめて面白かったと思いました。

PAGETOP