まだまだあぶない刑事

【監督】鳥井邦男
【出演】館ひろし/浅野温子/仲村トオル/佐藤隆太/窪塚俊介/ベンガル/山西道広/水川あさみ/原沙知絵/木の実ナナ/小林稔侍/柴田恭平
【公開日】2005/10.22
【製作】日本

【ストーリー】
韓国・釜山の深い闇に舞う2つのロングコート・・・サングラスだけを残して、爆発と共に横浜の海から消えたタカ(館ひろし)とユージ(柴田恭平)は、アンダーカバーコップとして世界最大スケールの危ない事件(ヤマ)、核爆弾の取引を追っていた。小さな国なら軽く吹っ飛ぶその代物がなんと日本に持ち込まれたのである。
2人は7年ぶりにハマ(横浜)に戻り、港署の面々と再会を果たすが、トオルが捜査課長、カオルは少年課課長、そして松村課長は署長へと昇進しておりすっかり様変わりしていた。そんな中、タカとユージは7年前に逮捕した銀行強盗犯・尾藤が脱獄し、大型ライフルで自分を裏切った仲間達を次々と報復している事を知る・・・


【コメント】
自分もロードショーなんかで劇場版のアブデカを全部観ましたし、地元でもテレビドラマの再放送等をしていたので一通り見てますし一通りのファンでもあります。
刑事ドラマの中では一応『刑事貴族』の次にアブデカは好きなのですが、観てみると今回の劇場版もやっぱりファンの為に作られた映画と言う印象が強いですね。

『リターンズ』辺りから国際的な事件(テロとか核兵器とか)に様変わりして、個人的にはハマ(横浜)内の事件を劇場版で大きく扱って欲しいといつも願ってはいるのですが、やっぱり今回のストーリーも全体的に見ると、シーン毎の繋ぎがイマイチで、緊迫感や衝撃的な展開はかなり薄いです。真犯人の犯行目的もお粗末な感じで、ここも相変わらずと言えば相変わらず・・

でもどっちかと言えば、自分はこの映画に関してはストーリーよりも、タカとユージや脇役達のコメディトーク(一部寒い所もありますが)、そしてシリーズ通じての『お約束』の展開の方を強く期待している方でありまして、そこの部分はしっかり盛り込まれていたのが良かったです。

7年経って、タカとユージもすっかり老け込んだものの、ダンディズムは逆に増していたのでそこは嬉しいところ♪
後輩だった透も3代目捜査課課長になり、港署課長に受け継がれている名セリフ『大バカモノッ!!』も透がしっかりと言ってくれますが、悲しいかな威厳が無いです・・・(苦笑
やっぱりこの名セリフは、今は亡き中条静夫が演じていた、港署初代課長である近藤課長が一番威厳がありますね。
そして相変わらずのコスプレだけど少年課の課長となった薫。グラサンがタカとユージよりも決まっている松村課長も署長になってたり(唯一老け込みを感じさせない人)と、2人を取り巻く港署の個性的な面々も昇進やら何やらですっかり変わってしまいましたが、シリーズの『お約束』である・・・

車のトランクいっぱいの銃器

柴田恭平が歌う『ランニングショット』に乗せて犯人を追うユージの全力疾走シーン

ハーレーに乗ってショットガンをぶっ放すタカ

この3つシーンはやっぱり外せないですね♪
バイクアクションノースタントの館ひろしや、相変わらず全力疾走の柴田恭平は、五十路過ぎたのにまだまだ現役!!なアピールを見せてくれたような気がします。

強いて言うともう1作くらいイケそうです(笑

しかしながら、やはりファン向けに作られた感じなので、観る人が限定されそうな映画だと言うのは否めないですね。
特にファンでもない方には少々物足りなさが残るかもしれません。


【この映画で印象に残ったセリフ】
『ダ・・・・・ダンジリ鷹山!!』


『まだまだあぶない刑事』公式サイト
10月22日公開の映画「まだまだあぶない刑事」を見てきた。7年振りとあって事件もハイテク化し功名な手口になったのも今回と前回の大きな違いだがそのハイテク化が今回のキーワードでもあった鷹山と大下のコンビは20年経っても体力は落ちたものの経験と場数は多の追随
うわー 年齢層たっけー!! 久々に映画館に足を運び(甘い人生以来)、感じたことは
-----おや、心なしか目頭が潤んでない? 「いやあ。やはり映画は観てみないと分からないね。自分でもまさか『アブデカ』に泣かされるとは思わなかった」-----えっ、この映画で泣けるなんて信じられないニャあ?というか、このシリーズって前作でピリオドを打っていたんじゃ
鑑賞した日 : 10月23日日曜日 鑑賞した劇場 : 109シネマズ名古屋(11:10~) 想像通りの出来。楽しめました。予告を観て面白そうと思った方は楽しめると思います。タカ&ユージ最高です。僕は劇場版を観るのは多分初めてです。ドラマ版を観ていたのは小学校の頃...
 7年経ってまた7年。かつての同僚も昇進し、自らも体力の衰えを感じていたタカとユージ。タイトルは『よぼよぼあぶない刑事』がいいのかもしれない(失礼っ!)。 生死不明のまま7年経ってしまったダンディ鷹山とセクシー大下。実は韓国釜山で小型核兵器の闇取引をめぐる
 公式サイト 映画 『 まだまだあぶない刑事(アブデカ) 』  [劇場鑑賞]2005年:日 本  【10月22日ロードショー】 [上映劇場 ]監 督:鳥井邦男脚 本:柏原寛司オープニングテーマ:オレンジペコー挿入歌:柴田恭兵エンディングテーマ:舘
わーーい♪あぶ刑事だーーーー♪♪予告観て、一瞬目が点になったけど(笑)だって、まさかまたやってくれるとは・・・思ってなかったし~初日初回で早速行っちゃいました^^『まだまだ あぶない刑事』TVシリーズ始まったのって1986年・・・約20年も前...
実は私の初恋のひと・・とまでは言わないけど、芸能人で一番初めに憧れたひとが「柴
「まだまだあぶない刑事」7年ぶりとなる“アブデカ”、公開初日に鑑賞してきました。好きなアーティストの新譜を最初に聴くような、ワクワクした気持ち。時間が経過して、横浜、港署が様変わりし、町田透(仲村トオル)、真山薫(浅野温子)が出世しても、タカ(舘ひろし
ダンディ~、鷹山!セクシ~、大下!あの二人が、帰ってきた!イッツ、ショータイム!!
「まだまだあぶない刑事」、初日に見てきました。 二人とも老けたけど相変わらずカッコよかったです^^ ストーリー展開も意外性がありテンポもよく、犯人との対決シーンも見ごたえがありました。ラストのとき映画館内は静まり返りましたが、パンフレットを見ると二人は足が
イッツ ア ショータイムお待たせ、タカとユウジが帰ってきましたと言っても、私の場合、時々TVで見ていた程度なので、「アブデカ」命って方々からすると、新参者が!と、お怒りもあるかも韓国釜山で、アンダーカバーコップとし大きな事件を追っている二...
帰ってきました、帰ってきました、7年ぶりに!あの横浜(ハマ)のダンディ~鷹山(館ひろし)&セクシ~大下(柴田恭平){/3hearts/}(『まだまだあぶない刑事』のHPは、こちら) 今回は、映画を見るって言うより、タカ&ユージを見に行ってきました。もう、TVシリーズか
映画「まだまだあぶない刑事」を観に行ってきましたー!!ハマっ子のぼくとしては「あぶない刑事」は絶対外せないアイテムの一つなわけですよ。いやー館ひろし&柴田恭平(ダンディ鷹山&セクシー大下)は相変わらず横浜の街がよく似合う格好よさですね。浅野温子の真山....
オマタセ、ベイベー。イッツ・ショータイム。はいっ、毎度!!映画みました。まだまだあぶない刑事
公開から1週間経つ金曜日に観て来ました。まだまだあぶない刑事!まず何が良いって、タイトルロゴです。明朝体に戻ってるんですよね。これがなんと言ってもいいです。昔からのファンとしては、ココに帰ってきて欲しかったっ。今回の映画公開に当たって、残念なのは、メイキ
只今、公開中です。監督・・・鳥井邦男出演・・・舘ひろし、柴田恭兵、浅野温子、仲村トオル、佐藤隆太、窪塚俊介、水川あさみ、原沙知絵、ベンガル、山西道広、木の実ナナ、小林稔侍、他。・物語序盤・7年前の事件で生存不明となっていた"タカ"こと鷹山敏樹と&q
80??Ľ?λ?80?Ľ?ħΤ??å???????ä?Τ????ĿŪ80?Υ???20餤??Ρ??å??Υ??å?20?δ????????ä???????????ηΤ?????ä?α??????????餺??äΤ????????ä????????ä????2005???äĨ?о???????????ζä?ΰ?????2000???Τ?ä80????å??äų?????????????
お昼休みにダッシュで郵便局に行った時、その隣の隣にある金券ショップをちょこっと覘いたら「アブデカ1800円/2名」と書かれている株主優待券を発見。試写会に当たっていたけど見にいけなかったし、秀君も見たいって言ってたなぁ…と思い、福岡出張中の秀君に早速電話。そし
劇場版のアブデカを観るのは、実は初めてでした!ドラマでやっていたときに結構見ていたのでなんかスッゴイ久しぶりにタカ&ユージに会えたのが嬉しかった♪相変わらずのノリのお二人♪周りの仲間たちも健在!!若いころのキレは亡くなったかもしれませんがダンディー...
懐かしきかなぁ~☆昔から大好きです!なので今作はかなり楽しみにしていました。うちの劇場でも公開初日からまずまずの入りでした。ま、年齢層はそれなりですけど・・。この人、かなりの好きモノだな?って人もいましたよ。笑。前作のラストで、確か「ダンディー鷹
この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)?     ※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→                       0点□□□□□□□□□□10点     ※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦する
を見てきました。オマタセ、ベイベー!!もう昼間しかやってないのね。見に行くのが遅いのか・・・。せっかくだから一番人がいなさそうな時間帯を考えてオデカケ。刑事もの大好きな血が騒ぎ~キッチリ見てきました。まだ見てない人は、映画館へ急げ~~~。友達
連れが観たいといっていた映画、まだまだあぶない刑事を観に行ってきました。これは平日の夜でいいかな~と思っていたのですが・・。久しぶりのコンビ復活!ということで舘ひろしと柴田恭平が余裕たっぷりに演じてます。正直言ってTVシリーズはほとんど観てないし、映画..
まだまだあぶない刑事   11月9日、あぶない奴らを作った人物がひかり荘にやってくる! 山田キヌヲさんのひかり荘の生配信に、全国東映系で全国大ヒット公開中の映画『まだまだあぶない刑事』の監督、鳥井邦男氏がゲストで登場! ・・・・・・・・
私のところを御覧になる方は「コイツ、バカみたいに映画観まくってるな」と思うと思いますが、まあ、実際映画のカテゴリー(横の数字がそのまま観た作品数)を見てみるとスゴイ観てるな(^_^;)。で、まあ映画はいろんなところで観ましたが(実家近くや岐阜でも観たりしたし(
今頃になってしまいましたが「まだまだあぶない刑事」の感想です。とりあえず買っておかないといけないファングッズ。1.前売券(あ、前売り特典の卓上カレンダー忘れた、汗)
韓国・釜山で核爆弾の闇取引現場に潜入していたタカ(舘ひろし)とユージ(柴田恭兵)は、華麗な連携で取引を阻止し、7年振りに横浜の街へと帰ってきた。港署に戻った2人は、7年前に逮捕した凶悪犯・尾藤が脱獄したことを知って捜査に乗り出す・・・。
 『オマタセ、ベイベー。 イッツ・ア・ショータイム。』  コチラの「まだまだあぶない刑事」は、去年公開されたシリーズ最新作なんですが、もうTVで放映されちゃってましたね。って、「デスノート 前編」もうやっちゃうんですね。  何故か「踊る」シリーズが動くと?...
 7年振りにタカとユージがハマに戻って来た。  まだまだ若いもんには負けられません。  個人評価 ★★★  『 映画雑感 』 (劇場...

コメントの投稿

非公開コメント

TB あざーす!!
とても凝ったブログですね。とてもかっくいいです。
たまーに映画ネタをエントリーしたときはTBさせていただきやす。
年齢もいい年なので、ユウジ派からタカ派へと移行し、ダンディを目指して行くことにしました

ダンジリ

>しろくまさんこんばんわ♪

五十路過ぎても館ひろしと柴田恭平はダンディですよね♪ダンディ鷹山を目指すならダンジリにならないように気を付けましょうね(笑

やっぱり?^^;;;

こんにちは
やっぱり・・・ダンジリですか?(笑)
そういう猫もかなぁり受けてましたが^^;;;

>ストーリーよりも、タカとユージや脇役達のコメディトーク(一部寒い所もありますが)、そしてシリーズ通じての『お約束』の展開の方を強く期待している

そうなんですよねぇ~だからストーリーこんなんでも、許容しちゃうんですよねぇ、、、
あの、なめるように署内を写し、課長席にたどりつくまでの間の定番映像
あのときの署内の表情も、はずせない3つの映像と同じくらい猫は楽しかったです。

同じく・・

メビウスさん、こんばんは。
>シリーズ通じての『お約束』の展開の方を強く期待している
にゃんこさん同様、私もそのひとりです。

また、万が一・・・いまどきの若者で、リメークとか言ったら、絶対見ない(笑)
コレは舘ひろしと柴田恭兵だからこんなストーリーでも成立するのですよ。。
ですから、この二人なら、「もう一作・・・」もまんざらではない・・かな?

>もすっかり老け込んだものの、ダンディズムは逆に増していた
まさにそのとおりですね!

もう少しあぶない刑事?

>にゃんこさんこんばんわ♪

ダンジリは本当に予想外だったのでかなり印象に残ってしまいました。あそこで本当に『ダンディ』って言うと思ってましたから(汗

そう言えば港署に入るタカとユージ視点の定番映像も『お約束』の1つですよね♪すっかり忘れてました(^▽^;)>゛皆2人を見て驚いてたり、泣いてたりと、7年と言う月日がが凝縮されてる表情を皆さん見せてくれて面白かったですよね。


>たいむさんこんばんわ♪

この映画は自分もリメイク(もし作られるのなら)反対ですね。タカとユージ以上のダンディズムを出せる人はいないと思いますしね。
次回作作るとしたら・・・今度のタイトルなんでしょうね?

後1作くらいいけそうですから『もう少しあぶない刑事』とか?(爆

TBありがとうございます。
「だんじり鷹山」は、私も印象に残りました(笑)
確かに、映画的にはファン向けのところありますが、私達ファンにとっては、コレがいいですね。ほんと、タカ&ユージを楽しめた作品でした。

変わらぬ良さ

>カオリンさんこんばんわ♪

変にストーリーに凝った内容にせずとも、アブデカはあくまでアブデカらしさを貫き通してくれるだけで、ファンも喜びますよね♪
変わらないと言うのは良い事でも悪い事でもあるのですが、アブデカシリーズに関してはあまり変わらないで欲しいものですね☆

カッコイイ!

書き込みありがとうございます!
観てきましたよ。わが青春のアルカ・・いやあぶない刑事。
知り合いに高1の子が居るのですが、アブデカの読み方すら判らないと
言われた日にゃ・・・泣けてきました。
しかし、健在でしたね。意味なくダンディなお二方!!もうシブすぎです。
確かに始めてみる方々には、結構入りにくい世界かもしれませんが・・・
薫はごめんなさい、何とかして欲しいです。。どうしてあんな風に?!
もう一作くらいいけますよね「どっこいしょ、あぶない刑事」?!

どーもです。

こんばんは。
TB&コメントありがとうございます。
アブデカはアブデカでしたね。
王道とも言える。

アブデカを知らないっ?!

>NAROさんこんばんわ♪

ひえ~!!今時の高校生はアブデカの読み方すら分からないのですか?!ちょ・・ちょっとショックですね~・・・それと同時に時代の流れを感じさせますね(^▽^;)(汗
アブデカの魅力を理解出来る人がだんだんと少なくなっていく事が懸念されますね

『どっこいしょあぶない刑事』って言うタイトルも捨て難いですね(笑
次回作作るとしたら、どんなタイトルになるのか楽しみでもありますね♪

メビウスさんへ☆

見ましたよ~☆
もう、タカ&ユージ最高!!トオル&カオルも最高!!
私もアブデカファンなので、かなり楽しめました。身内ネタってヤツですか?
ファンじゃないとわからない、みたいな。
「セクシィ大下」のポーズが好きです・・★

鶴のポーズ

>ななりさんこんばんわ♪

劇中随所に見られる小ネタもファンならププッ♪と笑ってしまうものばかりですからね。分からない人には寒いギャグとかに思われてしまうのがちょっと悲しい・・・(==;)

セクシー大下のポーズはなんか鶴みたいでしたね(笑

私も

だんじり鷹山には思いっきり笑っちゃいました。
こうやって書いてても思わず、プって吹き出しちゃいます(笑)

だんじり

>chishiさんこんばんわ♪

だんじりと言った西村・・・だったかな?真面目に言うもんだから、余計笑ってしまいますよね(^w^;)セクシー大下は覚えていたのに・・・

7年経つと呼び名も色褪せてしまうものでしょうかね~(汗

ダンディ~

メビウスさん、今晩は☆
劇場で見逃してしまったのでDVDでの観賞になっちゃいました。^^:
ストーリー云々はさておき…
相変わらずのタカ&ユージの姿を観るだけでも、ファンとしては満足でした♪
今回はトオルが課長に昇進していましたが、中条静夫の課長みたいな威厳はなかったですね~。^^:

お祭り映画

>ルーピーQさんこんばんわ♪

アブデカシリーズは毎回毎回お祭りみたいな映画で、ツボを心得ている方なら笑えちゃうところが多いんですよね~。
でもやっぱりトオルが課長っていうのは違和感ありありですね。やっぱり元祖課長の中条氏でなければっ!

お約束

は昔からのファンとしては楽しいですよね。
でも、コレを映画館で観るかと言われたら
正直ビミョー。TV映画、TVドラマで充分かもね。

価値あるかも?w

>miyuさんこんばんわ♪

確かにTVスペシャルでも出来そうな内容ですけど、あの数々のお約束ネタに、自分は映画料金払うだけの価値はあった♪と判断いたしましたw
でもファンの人たちじゃないと、あのネタは付いていけませんしね~。興行的には失敗してそうですね(汗

PAGETOP