【監督】中澤祥次郎
【出演】白石隼也/奥仲麻琴/永瀬匡/戸塚純貴/高山侑子/小倉久寛/KABA.ちゃん/中山絵梨奈/篤海ユウゴ/前山剛久/忍成修吾/陣内孝則
【公開日】2013年 8月2日
【製作】日本

【ストーリー】
ある夜虹色の竜巻が世界を襲い、晴人とコヨミは科学よりも魔法が発展した「魔法使いの国」に迷い込んでしまう。2人はそこで竜巻によって母親を失った少年シイナと出会い、「金色の魔法使い」こと仮面ライダーソーサラーが竜巻を起こした張本人ではないかという情報をつかむ。真相を確かめるため、晴人らは魔法使いの国を統治するマヤ大王の居城へ向かうが・・・。
 
【コメント】
数年前くらいだと、それこそ夏と言えば特撮っていうほど本作のライダー&戦隊作品は自分にとっても楽しみの1つでしたが、今ではもう1年を通してコンスタントに劇場公開されるようになってしまったので、なんと言いますか年に一度の楽しみみたいなワクワク感が妙に薄れてしまってるよーな気がしないでもないこの頃・・--;
奇のてらい方みたいなものも最近だとMOVIE大戦やスーパーヒーロー大戦の方が目立って来ちゃってはいますけども、ただ夏劇は夏劇で両ヒーローの本編の魅力を崩さないよう堅実で安定した内容にもしているんだな、というのを今回改めて感じた次第です。

『奇のてらい方』というのは、個人的にはライダーと他作品とのコラボレーションの事を主に指していて、それこそ近年の特撮作品ではもう当たり前のようなものになっている手法。過去のシリーズでも前年のフォーゼはキョーダインでしたし、その前のオーズでは暴れん坊将軍とかがいかにもな感じで出てましたけど、本作のウィザード劇場版ではそういった異色さがまるでなく、これは『ダブル』以降久々のような気もする・・・・と言いますかそのダブルでも恒例になっている新ライダーのお披露目名目でオーズが友情コラボしてましたが、その新ライダーの参入すらも今回突っぱねてた辺り、ホント混ざり気無しの純粋な劇場版という感じに自分は見えちゃったのです^^;

まあそんなすっかりお馴染みや恒例のものが無くなってる分面白さが半減してるかと言えば案外そうでもなく、現実世界が魔法世界に作りかえられてしまったせいで、晴人とコヨミ以外の既存のキャラクターの変わり映えが面白くなっており、そこは自分には何かと笑えてツボでもあった。全員魔法が使えるせいで仮面ライダーメイジになってファントムとも対等に戦えちゃったりしてますし、個人的に瞬平と輪島のおっちゃんの変身プロセスが何気に『おっカッコイイ』と思ってしまったほどw仁藤はうさんくさい自給自足の考古学者になってましたし、ベルトが手作りだとか、マヨネーズが釣れるだとか言う細かいとこでこれまた笑いを誘ってくれてる。
また敵役の仮面ライダーソーサラーも、演じてるのが陣内さんのおかげかアクが強くて好印象でしたね。テレビで見るようなおちゃらけた感じは無く、腹黒で結構ドスも利いててイイ悪役。劇場版のゲストキャラクターは毎年楽しみにしてますけど、今回の陣内さんは結構サマになってたとも思いました。


異色さを加えなかったことで突出した楽しさやお祭り感を望む事は出来なかったものの、その分従来の作品よりはシンプル且つ綺麗に纏まってる気がし、無理矢理感もあまり目立ってなかったように見えたので、単品として可もなく不可もなくといった所でしょうか?坂本監督は今回戦隊の監督を担当していたのでド派手アクションもおあずけでしたが、それでもウィザードのスタイリッシュなアクションはソーサラーとの戦いでかなり堪能する事が出来たので、個人的にはそれでも充分でしたねぇ♪
テレビシリーズがクライマックスを迎えつつある「仮面ライダーウィザード」の単独劇場
『劇場版 獣電戦隊キョウリュウジャー』の同時上映はこの作品――と言いたいくらい、今回の2本立ての期待は『キョウリュウジャー』に絞り込まれてました。本来、尺からいってもメ

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは

メビウスさん、こんばんは!

今回の「ウィザード」は僕も奇をてらったところがない作品だと感じました。
ギミック的なものも楽しいのですが、暴れん坊将軍までいっちゃうと本筋と違い過ぎとも思っちゃうんですよね。
個人的には「W」の劇場版のバランスがもっとも良いかなと思っています。
世界観として純粋でありながらも劇場版らしい華がある感じがしています。

W超えはあるのやら

>はらやんさん♪

こういった純粋な劇場版もたまにいい感じがしますよねw・・もっとも、今回のウィザードの場合もともとファンタジー要素が強い内容でもあるからか、コラボに相応しい特撮ヒーローが見当たらなかった?という考えも出来なくは無いのですが、でも変に介入してバランスが悪くなるよりはマシだったかもしれませんね^^;

ちなみに自分も『W』の劇場版が未だに不動のナンバー1ですね。坂本印ですし尚且つストーリーも本編と地続きにさせつつ、単品としても秀逸だったので揺ぎ無い良作です♪

No title

陣内孝則の史上最高齢の仮面ライダーってだけでも充分ですよね…
しかし、陣内孝則も仕事を選ばないな(たぶん2男の就職をテレ朝にお願いしてたりして。み○もんた方式で(笑))

年長記録更新中

>クロツ大尉さん♪

過去にも仮面ライダー役には今のようなイケメン俳優さんだけじゃなく、年配の大人ライダーも結構変身していましたが、今回の陣内さんでまた年長ライダーは記録を更新しましたねwその前の記録保持者は確か劇場版『電王』に出演してた渡辺裕之さんだったと思います。

でも仮面ライダーに出演して『変身!!』と言う事は俳優さんにとっても結構憧れに近いものがあると思うので、もしかしたら陣内さんも内心では言ってみたかった・・のかもしれませんね?

PAGETOP