【監督】宮崎駿
【声の出演】庵野秀明/瀧本美織/西島秀俊/西村雅彦/スティーブン・アルバート/風間杜夫/竹下景子/志田未来/國村隼/大竹しのぶ/野村萬斎
【公開日】2013年 7月20日
【製作】日本

【ストーリー】
1930年代、空に憧れ飛行機の設計技師になった少年・堀越次郎。しかし戦争の波に飲み込まれ、次郎は零戦を設計することになる。そんな中、とある少女・菜穂子に出会い恋をするが、彼女は重い病を患っていた・・・
【コメント】
崖の上のポニョ以来ともなる宮崎監督の最新作はなんだか随分と落ち着いた作品になったもんですねぇ。一応実話系などは好物のジャンルなので、戦時中の同時代を生きた2人の実在人物の半生と悲恋を題材にした本内容からは、当時の若者の生き方みたいなものを少し垣間見ることが出来ましたし、中身もまた結構ドラマチックに仕上がっていたのですが、楽しめたかと言えばちょっと違うかな?というのも正直なとこ。悲喜交々さをじんわりと味わわされたような感じにも見えちゃったので・・^^;

しかし『火垂の墓』と時代が近く、また零戦設計技師の物語ともあったため、予告編なども最初観た時はそれこそ自分の苦手な戦争の背景が強い内容なのかなという懸念もありましたが、実際はそれほど濃くなかったしやたら重くも無かったのは救いでもあった。むしろ『そういった部分』は劇中だとアニメならではの過剰な演出みたいなのを利用して敢えてリアリティを崩していたようにも見えましたし、戦争描写も妙に断片的だからキモはやはりそこじゃないんだなとも思えてしまう。
戦争・震災・不景気などが起こっていた非常に厳しい時代の只中で1人の青年が夢に向かって突き進みながらも懸命に生きていた姿は、先行きの不安や絶望といった暗黒めいた所は然程感じさせず、戦闘機の試験飛行や様々な飛行機が大空を飛び交うシーンなども多く見受けられた分、逆に清々しいというか妙に爽やか~な雰囲気で満たしてもくれてた気もするんですよねぇ。震災での出会いを経て数年越しに再会を果たすドラマチックさも加味して二郎と菜穂子の青春模様も後半に行くほど見応えが増して行きますし、遠くない内に別れの時がやってくると言う結末も鑑賞前に理解していたものの、その最後の時まで諦めまいとする菜穂子の生きる姿勢などにも胸打たれてしまうわけでして・・。まあ『死中に活を見出す』ってわけではないですが、やはり今と違って日本にも戦争と言うものがあった分『死』というものが誰の身にも降りかかっていた時代でしょうから、菜穂子のように一瞬一瞬を必死に生きようとする『覚悟』みたいなものが現代とは明らかに異なっていたのでしょうかねぇ?自分が二郎と菜穂子の2人に『暗さ』より『明るさ』、『不幸』より『幸福』の方に見えたのは、そう感じたからなのかもしれません。


実在のモデルを題材にしてるのもそうですけど、雰囲気の良いキスシーンもあれば劇中の効果音なんかも人の声で収録してると言うのをテレビでも知り得ていたので、総じると『風立ちぬ』はジブリ作品の中でも結構挑戦意欲を伺わせる作品のようにも見えちゃいましたねぇ。・・ただ良い作品であることは認めるんですけども、不満が1つあるとすれば今回はやっぱし庵野さんだったかな~・・と(汗
感情があんまり込もっていない淡々としたセリフの数々は二郎を演じ切る上でのものなのか、はたまたただ単に下手くそなだけなのか定かではありませんが、自分にはどーも庵野さんの声は肌に合わなかった。う~ん、ロードショーで放映される度に聞き続けて徐々に慣らしていく他は無いかな?( ̄-  ̄;)
生きるって切ないが嬉しい。  
映画「風立ちぬ」を鑑賞しました。
 アニメ『風立ちぬ』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)随分しつこく前宣伝をしていましたし(特に、松任谷由美の『ひこうき雲』入りで)、興業収入が100億円達成かなどともいわれる...
映画「立ちぬ」★★★ 庵野秀明、瀧本美織、西島秀俊 西村雅彦、スティーブン・アルパート 風間杜夫、竹下景子、國村隼 志田未来、大竹しのぶ、野村萬斎 声の出演 宮崎駿監督、 126
「崖の上のポニョ」から5年ぶりの宮崎駿監督の新作です。 本作は宮崎監督としては珍
□作品オフィシャルサイト 「風立ちぬ」□監督・脚本・原作 宮崎駿□キャスト(吹替) 庵野秀明、瀧本美織、西島秀俊、西村雅彦、スティーブン・アルパート ■鑑賞日 7月20
□作品オフィシャルサイト 「風立ちぬ」□監督・脚本・原作 宮崎駿□キャスト(吹替) 庵野秀明、瀧本美織、西島秀俊、西村雅彦、スティーブン・アルパート ■鑑賞日 7月27
20日のことですが、映画「風立ちぬ」を鑑賞しました。 大正から昭和にかけての日本。 航空機の設計者である堀越二郎は飛行機製作者カプローニを尊敬し、いつか美しい飛行機を作り上
オープニングから既に美しい映像。 早朝の大地に降り注ぐ太陽の日が、わーっと広がって行く。 これだけで思う、 究極に美しいアニメーションだな これは! その後も1カット、1カ
【48 うち今年の試写会5】 宮崎駿さんがはこの作品を最後に今度こそほんとに長編アニメ製作からの引退するって発表した・・・そんなん言われたら観に行っとかなあかんやんか~。  ...
やっぱ主人公の声に違和感を感じてしまう・・・。
 宮崎駿監督の育った家は、戦争中とても景気のいい家だった。  自動車の個人所有が一般的ではなく、しかも原油不足から民間では木炭自動車が使われていた当時にあって、彼の父は
風立ちぬ MOVIXさいたま 7/20公開 宮崎駿監督がゼロ戦の設計者・堀越二郎と作家の堀辰雄をモデルに、 1930年代の日本で飛行機作りに情熱を傾けた青年の姿を描くアニメ。 大正から昭
戸口の狭い作品なんだなと言う印象。しかし、これをアニメーションで描ききったというところには感嘆する。 ゼロ戦の設計者の堀越さんは有名ですが、きっとゼロ戦好きの父にすれば、色々これをみて誰かに話したくなるに違いない、とは思った。私はそこまで知識がないので、ドキュメンタリー番組と映画を比べるしかないかな。 「永遠の0」で描写された、当時としては世界一の凄い機体をつくりあげたその情熱には感服す...
THE WIND RISES 2013年 日本 126分 ドラマ/ロマンス/青春 劇場公開(2013/07/20) 監督: 宮崎駿 『崖の上のポニョ』 プロデューサー: 鈴木敏夫 原作: 宮崎駿 脚本: 宮崎駿 音楽: 久石譲 主題歌: 荒井由実『ひこうき雲』 制作: スタジオジブリ 声の出演...
かなり賛否両論みたいですが、水彩画チックな印象を抱きました。個人的に好きなのは、初期の夢と希望のある、サービス精神満載な活劇時代なのですが、次第にアーチスト志向になり、「テーマ」が全面に。極彩色で圧倒感のある油絵チックな「もののけ姫」や「千と千尋の神隠し」時代とは、対照的な力を抜いたサラっとした描き方に、「…なるほどなぁ」と感じたのでした。やはり、ジブリ作品ですね。美しかったし、力の抜けた分...

コメントの投稿

非公開コメント

韓国では

韓国ではすでにネットで叩かれまくってますね、韓国で上映されてないのに… 単に「ゼロ戦の設計者が主人公」ってだけで脊髄反射的に。となりのトトロの時は「トトロは韓国語のどんぐりを意味するトトリでどんぐりの妖精だ」とか宮崎駿が聞いたら激怒しそうな事言ってたりしてたんですが(苦笑)

お隣

>クロツ大尉さん♪

お隣の国は日本だけじゃなく、色んな国の映画(主に戦争作品)に対しても過敏に反応しますよね--;上映されてないと言うことは観てない人が大半でしょうから、そういう食わず嫌いな批評はあんまり信用できないかなと。でも観た感じとしては個人的にそんなに戦争色は濃くなかった気がします。

こんばんは

メビウスさん、こんばんは!

戦争の時代を舞台にしていながらも、おっしゃるようにあえてリアリティは避けていた感じはしますよね。
そのあたりは宮崎監督らしいとも思いましたし、けれどももう少し宮崎監督がそれを正面切って描いたらどうなるかという期待もあったので、物足りなくもありました。

戦争の犠牲~

メビウスさん、こんばんは^^
TB&コメント、ありがとうございましたm(__)m

この映画、やはり賛否両論ありましたね(笑)
しかも庵野氏の吹替えも。
時代を考えると、もっと戦争色が色濃くなってもと思いましたが、
宮崎さんは直接的ではなく、間接的に、二郎の夢と、
二人の恋愛を戦争の犠牲にはしたくなかった。
だからこそ、ああいう少し不自然な形の描き方に
なったのかなぁなんて、二度観て感じた次第です。

リアリティ有りか無しかと言われれば・・

>はらやんさん♪

前半の関東大震災のシーンにしても、大地が大きく波打つように表現されていたので、自分はそれがリアリティを避けつつも、当時の震災の凄まじさをアニメーションで上手く表しているな~なんて事を思っちゃいましたねぇ。でも一応実在の人物をモデルにしてる面もありますから、情勢諸々もリアリティにすれば、それはそれで見応えはあった・・かもしれませんね?こういう戦争の最中にあった史実などは映画を通して知り得る事もかなり多くなってきましたので、ジブリ作品から学ぶというのも興味深い気がします。

>cyazさん♪

個人的に物語は魅力に溢れてて自分は好きでしたっ。主人公の純粋な夢と恋。戦時中という激動の時代の真っ只中でも二郎と菜穂子の2人は凄い幸せに見えてしまったくらいですし。・・戦争色を色濃くしなかったのは、2人の悲恋の原因を戦争と直接結び付けたくなかったからなのかもしれませんね?ただまあそのせいか、終わり方なども少しファンタジーの表現で頼っていた所も否めなかったかもしれませんね(汗

No title

こちらにも…
メビウスさんは庵野ボイスダメだった派ですか。そういう方たちの意見も十分わかるのですが、わたしはあの妙な棒読みにはまってしまいました(^^;
一アニメファンとしては庵野さんと宮崎さんの歪んだ師弟関係というのが興味深くあったりもします。なんかで宮崎さんエヴァのことを酷評…というか「全然観たことない」みたいなことを言ってましたけど、確かにああいうの嫌いそうですよね。でも人間としての庵野さんは気に入ってるということなんだろうな~ この二人の関係はもしかしたら劇中の黒川&堀越に近かったりして

(今は)ダメ派

>SGAさん♪
こちらにも有難うございます♪

そうですね~、自分はちょっと庵野ボイス駄目だった方ですね^^;少なくとも自分にとっては初見殺しに近かったです(汗)。
聞いた限りではあんまり抑揚が感じられず・・・まあざっくばらんに言っちゃうと棒読みみたいに聞こえちゃいまして・・。けど多分あの喋り方にも宮崎監督の何かしらの意図が含まれてると思いますし、そこに庵野さんの起用理由もあるんでしょうけども、その意図が自分には汲み取れなかったので結果聞いたまんまの評価にしちゃったんですよねぇ~。理由を知る事が出来れば、もしかしたら自分も見方を変えてツボにハマってたのかもしれませんが・・(汗


>全然観た事が無い

でもこれはちょっと意外ですねw新劇場版などはともかくとしても、テレビアニメの方は見知ってたんじゃないかなと思ってたので^^;・・う~ん、そう考えると宮崎監督の好きなアニメって一体何なんでしょうね?

こんにちは

もっと戦争を意識した作品なのかと思っていました(勝手に)戦争と言うよりは、夢を追う青年の半生が描かれていましたね
庵野さんの吹き替えは自分的にはありだと思ったのですが(宮崎さん、ああいう普通の人々っぽい淡々とした声質が好きですよね)弟は「棒」とか言っててそうじゃなかったみたいです(笑)
作品としてはとても面白かったのですが、
どうも、宮崎監督の夢、そのものをこの堀越青年に託しているような気がしてなりませんでした

重すぎず軽すぎず

>makiさん♪

最初は自分も勝手ながら『火垂るの墓』のような重苦しいものを想像してましたね。でも観てみると『そういった部分』は直接的というよりもやや遠回しに砕けた感じで描かれてるようにも見えてしまい、おかげであまり抵抗無く鑑賞出来たような気もしました。
・・まあ結末こそ切ないんですが、そこに到る過程の堀越次郎と菜穂子の生き様というか生き方には『強さ』や『覚悟』が見受けられて、やはり感動がありましたね。

こんばんは!

メビウスさん、こんばんは。
私も最初は庵野さんの声に違和感を抱くのかなぁと思っていたのですが、第一声を聴いた時に「意外と大丈夫だな」という印象は受けました。
かなり賛否両論はあるようですが、私は賛の方ですかねぇ。
淡々と主人公の人生を追う物語でしたが、彼がどういった人生を生き抜いてきたのかを丁寧に描いていたので、私的にはすんなりと物語に入り込めました。
宮崎監督長編最後の作品としてはとても良かったと思います。

まだ『否』

>ヒロ之さん♪

史実の堀越さんの事は全然知らなかったので、その彼の足跡を辿りどういう人生を歩んだのだろうと言う事も知る意味では、確かに観た価値はあった作品でしたね。あと戦時中の物語と言うのも最初は若干抵抗あったんですが、意外に爽やか(?)だったのも良かったですね^^;

ただ庵野さんは・・・自分は今の所まだ『否』ですね(汗)。感情がイマイチこもってないように聞こえてしまったのは自分だけでしょうかね~?でもヒロ之さんのように『賛』の人も多いんですよねぇ。これこそ賛否両論ですね(汗

PAGETOP