コープスブライド

【監督】ティム・バートン
【声の出演】ジョニー・デップ/ヘレナ・ボナム・カーター/エミリー・ワトソン/アルバート・フィニー
【公開日】2005/10.22
【製作】アメリカ

【ストーリー】
19世紀のヨーロッパのとある村。活気が無く重く暗いこの村で、気弱な青年ビクターは、没落貴族の1人娘ビクトリアとの結婚を控えていた。
結婚式の前日、ビクターは式のリハーサルで誓いの言葉を中々言えず、牧師に誓いの言葉をきちんと言えるまで式は延期すると言われてしまう。
薄暗い森の中で1人誓いの言葉の練習をするビクター。そして地面に突き出ていた小枝をビクトリアの指に見立てて結婚指輪をはめたその瞬間、地面は割れ、その中からボロボロのウェンディングドレスに身を包んだコープスブライドが姿を現すのだった・・・


【コメント】
77分と言う短い上映時間なものだから、てっきり『アンダルシアの夏』のように1000円均一かと思ったら、しっかり大人料金取られました・・・(笑
しかしながら、120分映画に決して引けを取らない非常に内容の濃い77分間でした。

『チャーリーとチョコレート工場』の人気も未だ衰えぬ中で、バートンとデップの最高コンビの新作がまたしてもやってくれた言う感じですね。
『チャーリー~』とほぼ同時期に予告編で流れており、平行して楽しみにしていたのですが、いやいや♪これは個人的にチャーリーを超えてしまった気が致します(^▽^;)

内気な主人公ビクターが、没落貴族の1人娘ビクトリアとの結婚前日、誓いの言葉の練習中にひょんな事からエミリと言うコープス・ブライド(死体の花嫁)に結婚指輪をはめてしまうと言うストーリーなのですが、とにかくこの映画に出てくる1人1人のキャラが素晴らしいくらいに魅力的で、特にメイン(?)のヒロインであるコープス・ブライドのエミリーが、リビングデッドと呼ぶ以前にあまりにもチャーミングなのです。

体も半分腐りかけ、骨も見えてて、片目が時々ポロッと落ちるし、すっからかんな頭の中には何故か虫が住み付いているのですが、そんな死人120%な雰囲気をプンプンに醸し出しているにも関わらず、観る側に不思議な魅力を与えてくれるので何とも憎めない。
もう1人のヒロインであるビクトリアも性格的な面では清楚で控えめで、エミリーとは対極的な感じを与えますが、『強い結婚願望』を持っていると言う点では共通しており、故にひょんな誤解からとはいえ求婚してしまったエミリーとも結婚して欲しいし、初めて顔を合わせた瞬間から運命的な恋に落ちたビクトリアにも結婚して欲しいと思ってしまうんですよね~。

また、対極的と言う面ではエミリーとビクトリア以外にも生者と死者の街並みの雰囲気にもそれが表されており、殆ど灰色一色に覆われ活気が無い生者の街並みに対し、色取り取りに溢れ陽気と活気に満ちた死者の街並み。
コントラストの格差が激しいものの、誰しもが1度くらいは思った事がある『死者の世界は陰鬱で暗い』と言う既存のイメージ、発想の逆転とも言えるような世界観も観ていて非常に面白いです。

ミュージカル仕立てなシーンも混じってますがそれ程苦にもなりませんし、キャラそれぞれの表情も非常に細かくて、とてもストップモーションアニメで作った映画と思えないくらいに滑らかで、観ているとそれを忘れてしまう程です。

ただ、自分が観た映画館では吹き替えしかやっていなく、おかげで声優初挑戦と言うジョニー・デップの声が聞けなかったのが残念でなりません。
字幕で観てたら最高評価の『☆』ですが、個人的不満から『◎』にしました(^▽^;)


今度は遠出してでも字幕のある映画館にまた観に行きたいですね。


『ティム・バートンのコープスブライド』公式サイト
イギリス 77分監督:ティム・バートン出演:ジョニー・デップ    ヘレナ・ボナム=カーター    エミリー・ワトソン   (声の出演)19世紀ヨーロッパのとある小さな村。ビクトリアとの結婚を間近に控えた青年ビクターは結婚式の前日、一人森....
色々と紆余曲折あって14日ではなく19日になってしまったのですが;楽しみにしていた、●"ティム・バートンのコープスブライド" http://wwws.warnerbros.co.jp/corpsebride/の試写会、
『チャーリーとチョコレート工場』で散々予告しまくって煽りまくってくれたのは『コープス・ブライド』ティム・バートンのストップ・モーションアニメ ようやく登場です♪去年のハロウィンの頃、久々に『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』劇場で観れたときもな...
「チャーリーとチョコレート工場」が”週間ランキング第一位”に返り咲いているという
ティム・バートン製作 ストップモーション・アニメ映画ジョーニー・デップが声の出演をしているアニメーション映画19世紀のロシアの民話を ストップモーション・アニメにしています主人公ヴィクターは裕福な家庭に暮らし、一方のヴィクトリアの家は家系が由緒正しいのです
ちょっと眠いけれど,涙を誘う場面もあるファンタジックラブストーリー。
ティム・バートンのコープス・ブライド(日本語字幕版)監督:ティム・バートン声:ジョニー・デップ、ヘレナ・ボトム・カーター、etcすんません。ゴースト・ブライドかと思って
●コープス・ブライドをTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 ひょんなことから花嫁の死体と
【映画的カリスマ指数】★★★★★  骨まで愛して。
ティム・バートンの前作ストップモーション・アニメ『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』を12年前に見ていないので今回が初になります。予習として見てから行った方がよかった?!見比べた方の記事で1作目は「独特のカクカクした動き」から2作目は「CGアニメかと思うく
?{/fuki_love/}??С?Υ???餫???Τ??ν?ä???礦????????ä??顢???Ū???ä???????Τ?α?????κ?????ä??????Υ?Х???????β???İ?Ū????å????ο???????Ĥ???????ä???å???褫ä?????????????Ū??λ???????Ū????ä????????????????????ä??γ±?Υå??©
うん。更新が滞ってた。なので今日三日ぶん更新してみた。日記のように自分で感じたいので別々の記事にしてみた。これからもやっていくのだろうけど。今日は昨日のイベントのままオールでカラオケ。いったん家に帰って映画を見に!!ティムバートンの「コープス・ブ
KAZZのこの映画の評価 愛だね、愛!この”コープスブライド”死体の花嫁のお話。上映時間が77分と、久々に短い映画でした映像が、とても素晴らしいキャラも個性的で特にスクラップス君は、お茶目でクール現世をモノトーン、死後の世界?をカラーで...
「Beautiful and Wonderful!」 ☆☆☆☆☆監督)ティム・バートン イギリス。77
9月30日アメリカ公開 日本語オフィシャル・サイト 日本では、「チャリーとチョコレート工場」が大ヒット中。 ジョニー・ディップは、アメリカよりも日本での人気の方が高いようです。    さて、ジョニー・ディップとティム・バートン監督のコンビの次作....
待ちに待った甲斐がありました。「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」の流れをくんだ
【監督】ティム・バートン【声の出演】ジョニー・デップ/ヘレナ・ボナム・カーター/エミリー・ワトソン/アルバート・フィニー【公開日】2005/10.22【製作】アメリカ【ストーリー】19世紀のヨーロッパのとある村。活気が無く重く暗い
ティムバートン監督作品は大好き!だけど、「ナイトメアビフォアクリスマス」、それほど好きじゃないんだよね。。。このコープスブライド、トロントに住むyueのまわりでの評判ではいまひとつで「映像いいけど、内容が...」と言っていたのでさほど期待もしていなかったんだけ
公開中なので控えめに 活気の無い暗く重苦しい町で、結婚式のリハーサルが行われていた。 花婿のビクター(ジョニデ)は、先ほど花嫁のビクトリア(エミリー・ワトソン)と初めてあったばかり。 互いに両親の思惑のために結婚させられる事になったのだが、初対面で相手に好
鑑賞:試写会2005年10月22日日本公開 2005/イギリス監督 ティム・バートン 「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」声の出演 ジョニー・デップ/ヘレナ・ボナム=カーター/エミリー・ワトソン原題 “Corpse Bride”19世紀、ヨーロッパのとある小さ...
公開初日に見てきました、ティム・バートンのコープスブライド。「ナイトメア~」から10年以上過ぎて、発表されるストップモーション・アニメの最新作。1、2秒のコマ撮影のために、12時間もの時間が必要とされる作品。77分の上映時間のために必要な時間を単純計算して
 ウンパ・ルンパも参加!? 死者の世界からは、人間の世界を「ランド・オブ・ザ・リビング」と呼ぶ。ティム・バートンもジョージ・A・ロメロが好きなんだろうな~と想像できる設定ですね(ジョニー・デップもロメロ好き)。そして、スクラップスという犬を登場させるとこ
原題:TIM BURTON'S CORPSE BRIDE  -二人の花嫁- 19世紀ロシア民話を元にしたストップモーション・アニメによる映画化、ティム・バートン監督とジョニー・デップ(声)のコンビ作品。・・・結婚式の予行演習を失敗して気落ちする気弱な若者ビクター、帰り道、誓いの言
昔々、19世紀のヨーロッパの片隅に、ある小さな村がありました。この村の人々は、みな活気が無くて、村全体が暗く重苦しい雰囲気に沈んでいます。そんな中、一組のカップルが結婚式を挙げようとしていました。しかし...
ここのところ、試写会が続きます。日曜日に安田生命ホールで見てきました。「コープス・ブライド」!ティム好きとしては、「チャーリー・・」に続く期待作です。裕福な商人の息子ビクター(声:ジョニー・デップ)は政略結婚をする、貧しい貴族の娘ビクトリア(エミリー・ワ
19世紀のヨーロッパでの出来事・・・翌日結婚式を控えた、ビクターとビクトリア。式のリハーサルで初めてご対面お互いに惹かれ合うんだけど、気弱なビクターは、リハーサルで、誓いの言葉が、ちゃんと言えない指輪を落としたり、ビクトリアの母親のドレスに...
Tim Burton's Corpse Bride 恋人のビクトリアと結婚間近のビクターは、間違って別の女性と結婚の誓いをしてしまう。しかもその女性はすでに死んでいて……。  観てきましたよ。この映画のためにTim Burtonのコマ撮りアニメ特集でも組もうかと思ったくらいですよ。Nightmare
昨夜観に行ってきますた!
私の大好きなジョニー・デップとティム・バートン監督がタッグを組んだ「Corpse Bride 」のお話をしたいと思います。この作品はティム・バートン監督の「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス 」に続いて2本目のクレイアニメとなる作品で、ナイトメアーに引き続き ティム
 ティム・バートンのストップモーションアニメ初監督作品。ナイトメアー・ビフォア・クリスマス(1993)は製作と原案を担当していただけだから。ヘンリー・セリックかわいそうだな。ナイトメアーをティム・バートンが作ったと思ってる人多そうだから。でも、バートン色に溢れ
「ティム・バートンのコープス・ブライド」を観てきました~。 「チャーリーとチョコ
アニメとかはあんまり好きじゃないんだけど、思わず観ちゃった。話がいい。いかにもティム・バートンらしい心に残る、というか、後味のいいファンタジーだ。誓いの言葉を練習中にひょんなことからゴーストに勘違いされ結婚するはめになった主人公は、ちょっと内気で優しさ..
ディズニーランドのアトラクションみたいな感じに仕上がっていて、オペラみたいなところも要所に盛り込まれています。それがまた、いい味をだしていました。ティムバートンの世界がうまく表現されていて、軽い笑いあり、感動ありで見終わったあとの充実感がありました。ただ
見てきましたよコープスブライド♪ナイトメアからはや12年!ストップモーションアニメの金字塔!ナイトメア好き、ジョニーデップ好きの俺が見に行かないわけもなく、はやばやといっちゃいました♪ネタバレもあるけどそれでも読みたい人は↓へ
やっと休みの日曜日。細かく言えば二日ぶりの休みだが、連休じゃないから休んだ気がせんっ一日なんて。家の事やったら終わってしまいそうだもの。そんなの嫌だから、とっとと終わりにして、子供に今日は何してようかー?って聞いたらさ、良いお返事が返ってきましたと
?????Υ?å?????Τ??????Ĥ?12?κ???12???ĵα???Űå???ν??ä???????Ф??????Ť????о???Τ??ä{/good/}μ???å?????Τ??ä?äα鵻??βΤ??å???ΤŻ??Υ????Τ?{/face_ase1/}??å???????Ť?????????ġ???ο?Τ?????Τ???ġ?????ïĤ??ä?Τ褦???
一日に数秒しか撮影できないという非常に手間のかかるストップモーションアニメによるディズニー映画『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』(1993年)の原案と製作を手掛け、グロテスクなメルヘンの世界を描いたティム・バートンが再び3年の歳月をかけて完成させた彼の
久しぶりに映画を観てきた。 今日はこの映画が先週末に公開されてから最初の水曜日だったので、午後の上映にもかかわらず満席だった。
監督 ティム・バートン マイク・ジョンソン声の出演)ジョニ
声:ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、エミリー・ワトソン、出演のアニメ。公開日:10月22日☆ストーリー☆むかしむかし、19世紀のヨーロッパの片隅にある小さな村がありました。この村の人々はみんな活気がなく、村全体が暗く重苦しい雰....
お気に入り度:★★★★「チャーリーとチョコレート工場」は観てないくせに、こっちは観るんですかい、と自己ツッコミ。さて、コープスブライドですが、面白かったです
「ティム・バートンのコープス・ブライド」の記者会見行って来ました! ティムさんはもじゃもじゃ頭に上から茶の・・・シャツ(ロンTだっけ?)に、黒のダボダボパンツ、そして黒の靴とだい~~~ぶラフなスタイル。そしてそのラフさをこれでもかと強調するように靴下は
『ティムバートンのコープス・ブライド』見てきました。 19世紀ヨーロッパのとある村。 親同士が欲得ずくで決めた結婚に戸惑いながらも初めて出会った瞬間からお互いに惹かれあった富豪の息子ビクターと落ちぶれ貴族の娘ビクトリア。ところが、結婚式の前日。森の中...
チャーリーとチョコレート工場に続き、ジョニーデップとティムバートンのコンビ。『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』『ジャイアント・ピーチ』に引き続きブラックユーモアが満載ね。コマ撮りで撮影された映像は、最近のアニメにはない味わいがあるわ。現世がモ
オフィシャルサイト → ティム・バートンのコープス・ブライド19世紀ヨーロッパのとある村。親同士が欲得ずくで決めた結婚に戸惑いながらも初めて出会った瞬間からお互いに惹かれあった富豪の息子ビクターと落ちぶれ貴族の娘ビクトリア。ところが、結婚式の前日。森の中でひ
10月25日(火)TOHOシネマズ木曽川にて19世紀ヨーロッパのとある村。お金はあるが家柄が悪く、上流社会に憧れるヴァン・ドール家の息子、ヴィクター(声・ジョニー・デップ)と、上流階級の出で家柄は立派なものの、お金はとうに底を突いていた落ちぶれた貴族のエヴァー....
監督:マイク・ジョンソン/ティム・バートン声の出演:ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、エミリー・ワトソン、アルバート・フィニー、リチャード・E・グラント評価:90点(100点満点)公式サイト楽しく切なく美しい映画だった。...
ずっとずっと楽しみにしていたので、一気に2回見てしまいました!!やっぱり、ティム・バートン天才です!ビクターは、親が勝手に決めた婚約者がいるにもかかわらず、ひょんな事から死体の花嫁(コープス・ブライド)にプロポーズしてしまいます。それから微妙な三角関
コープスブライド観賞しました。予告編を見たときには、怖い映画なのかな?とも思いましたが、ティム・バートン監督とジョニーディップのコンビは、観たいと思っちゃいますよね。ネットでは、質感がわかりにくいけど、スクリーンだと人形に見えるわ~。人形を、...
鑑賞した日 : 10月27日木曜日 鑑賞した劇場 : 109シネマズ名古屋(19:40~) 素晴らしい!前回の鑑賞で睡魔に襲われた自分が恥ずかしい。物足りなさもあるけど全然OK。自信を持っておススメできる作品です。死者の花嫁エミリーが愛しくてしかたない。彼女の...
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(70) コープス・ブライドコープス・ブライドを観た。人形を1コマ 0.5ミリずつ動かし、デジタルスチルカメラで撮影して製作したという映画。最近全盛のCGとはひと味違うできばえにな...
ティムバートン監督のストップモーションアニメ。(人形を1コマ、0.5mmずつ動...
せっかく、吹替えはジョニー・デップ&ヘレナ・ボナム・カーターがやっているっていうのに、地元の映画館では日本語吹替え版しか上映されていませんでしたので、仕方なく日本語で観てきました。どうしても「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」と比較してしまいます...
「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」を"ティム・バートン監督作品"と勘違いしている皆さん、お待ちかねの正真正銘の"ティム・バートン監督作品"です。ただしマイク・ジョンソンという方と共同ですからね。もっとも「ナイトメア」も「コープス」と同様
『ティム・バートンのコープス・ブライド』公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/corpsebride/米国サイト:http://corpsebridemovie.warnerbros.com/原題:TIM BURTON'S Corpse Bride製作:2005年イギリス監督:ティム・バートン出演:ジョニー・デップ/ヘレナ・..
「当たらなければどうということはない!」byシャア・アズナブルどうも。映画をみる事が義務みたいになってる今日このごろ。皆さん、どーお過ごしですか?な
'05.10.23 KTと『コープス・ブライド』ホントはKTオススメのジンギスカンを食べに行く予定だったんだけど定休日(涙) 予定繰り上げ。ティム・バートンのストップモーション・アニメといえば『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』だけどアレは監督はしていない。今回は...
 今日は終業後に会社の組合の集まりがあって、会社を出たのが17時半過ぎ。間に合うか不安がありつつも、急いで『ティム・バートンのコープス・ブライド 』の試写会へ。何とか開映10分前ごろに到着。すごく観たかった作品なので、間に合って一安心(^-^)STORY 19世
? ホネまで愛してくれますか? ?気の遠くなるような長い時間をかけて撮影するストップモーションアニメ。ひとつずつの動きを大切に、丁寧に撮り重ねているのがよく分かります。そんな努力の結晶である作品がこんなにも美しいのは、ある意味、当然か...
コープスブライドhttp://wwws.warnerbros.co.jp/corpsebride/面白かったああああ!!!!バートンワールド炸裂です。これぞ、ティム・バートンな感じです。キモメルヘンきもファンタジーだね。キモ可愛いは、バートンが一番早いよね。。余すところ無くバートンです。声優初
ストーリー:19世紀のヨーロッパ。小さな村で、ある結婚式が迫っていた。新郎はビクター。成金夫婦の気弱な一人息子だ。新婦のビクトリアは、落ちぶれた貴族の娘。つまり、この結婚は政略結婚。でも若い2人は出会った途端、互いに好意を抱く。が、内気なビクターはリハーサ
素敵な世界観だ!死人の花嫁・・花嫁が死体!この世とあの世の行き来が物凄く愉快で、ブラックな笑いとそのセンスに感動さえしてしまう。グロテスクな中にも吹き出すような笑いが詰まっているのがやっぱり楽しくて好きだなぁ・・。終始ニヤニヤ度は高かった。眼孔か....
[:映画:] 「チャーリーとチョコレート工場」を観た時に予告編を観て「絶対観る」と決意。 「ナイトメア・ビフォー・クリスマス」も好きですが、こちらの方が、普通に可愛いです。 ほのぼの&ラブストーリーです。といってもそこはティム・バートン色濃厚な、独特な世界で
 結婚それは オンナノコは 誰しもが 夢見るものです。ついに 見てきました! 『 ティム・バートンの       コープスブライド 』監督 : Tim Burton(ティム・バートン)声の出演 : Johnny Depp(ジョニー・デップ)       Helena Bonham Carter(ヘレ
監督、製作がティム・バートン、声の出演がジョニー・デップ、そして「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」が好きとくれば必見の作品でしょう!舞台となる‘この世とあの世’の描き方も~~薄暗く、どこか抑圧だらけで堅苦しい人間界、それとは対象的にカラフルで伸び....
この映画を観る多くの方がきっとそうなんじゃないかと思うのだけど、私も例に漏れずで「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」が大好きで、あのシニカルでブラックなメルヘンファンタジーな世界にはとても感動しちゃいました。ということで、この「コープスブライド」とって
前回はチャーリーとチョコレート工場を観たわけですが、今回はそこで公開宣伝をやっていた、同じくティム・バートン監督作品「ティム・バートンのコープスブライド」を観て来ました。「ティム・バートンのコープスブライド」公開日:2005年10月22日配給:ワーナーブラザーズ
「コープス・ブライド」★★★ティム・バートン監督、ジョニー・デップ声なめらかで、スムーズではないロボット的な動きと実際の物語の内容とがマッチしている。死者の世界が描かれているがこの乾いた感じはパペットの動きが作り出したもの。これ...
本日、「ティム・バートンのコープスブライド 」を観てきました。チョコ工場が満員でしたので、こちらも混んでるんだろうなーと思っていきましたらガラガラ。うーん不思議。さてさてお話は。場所は19世紀のヨーロッパの小さな村。落ちぶれた貴族の娘ビクトリアと成...
「ティム・バートンのコープス・ブライド」
話題のコープスブライドを観ました。 ちょっと、女性視点の作品のためか、よく分からなかったです(汗 ただ、“人形劇” としての作品の完成度は結構凄いんじゃないかと思いました。 いちいちキャラクターが個性的なので、芸術的な観点で楽しむことがで
「ティム・バートンのコープスブライド」ティム・バートン監督がジョニー・デップと協力のもと作られた映画のうちの1本。この2人協同の作品は少なくない。シザーハンズ、エド・ウッド、スリーピー・ホロウ、ナイトメア・ビフォア・クリスマス。今回「チャーリーとチョコレ
【渋谷シネパレス】 「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」(レビュー未掲載)以来の、ティム・バートンのストップモーション・パペットアニメ。 パペットアニメといえば、ヤン・シュヴァンクマイエルを始めチェコ産が好きな私は、ティム・バートンのパペットアニメ(ナ
DVD購入決定。さらに、自分の中で、年に1回ハロウィンかクリスマスの時期に必ず見るべき作品に指定。大絶賛ファンタジー。初めて予告編を見てから、「チャーリーとチョコレート工
ティム・バートン監督の“コープスブライド”を観てきました。19世紀のヨーロッパ(ロシア?)、魚成金の息子ビクターは、気が弱く何をやっても駄目な青年。彼は、名声欲しさに親が決めた政略結婚に気が進まないものの、式のリハーサルの際、相手の女性ビクトリアを一目見る
少し遅ればせながら「ティム・バートンのコープスブライド」を観てきました。ファンタジックでエンターテイメント性にあふれてて、素直に面白い!と言える作品でした。観客に疑問を持たせない、解釈を任せない作品作りに物足りなさを感じるときもありますが。Tim Burton's C
6.5点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。)パペットを使ったストップモーション・アニメはちょっぴりダークな世界観に見事にマッチしていたし、キャラもそれぞれきっちり性格付けされていて分かり易かったけど・・・大絶賛出来る程の作品じゃないんだよなぁ
ホネまで愛してくれますか?2005年 アメリカ監督 ティム・バートン/マイク・ジョンソン声の出演 ジョニー・デップ/ヘレナ・ボナム=カーター/エミリー・ワトソン/トレイシー・ウルマン/ポール・ホワイトハウス/アルバート・フィニー/ジョアンナ・ラムレイ/リチャード・E
「ナイトメアビフォークリスマス」・・が久々見たくなりました。 ティムバートン独特の世界はやっぱりブラックユーモア。 ティム・バートンのコープスブライド 特別版ティム・バートン ワーナー・ホーム・ビデオ 2006-03-03売り上げランキング : Amazonで詳しく見るby G-T
 姉妹作「チャーリーとチョコレート工場」が面白かったから、この作品も購入した。で、観てみると物凄く面白いのよ。 あらすじを書くと、魚の加工業で財を成した一家の息子と、家柄はあるが資産はない一家の娘が結婚するいう話である。当人の子供たちは、親の決めた結婚に
2005年 アメリカ・イギリス 監督:ティム・バートン、マイク・ジョンソン 製作
ワーナー・ホーム・ビデオ ティム・バートンのコープスブライド 特別版  (2005) 声の出演 ジョニー・デップ (ビクター)       ヘレナ・ボナム=カーター (コープス・ブライド)       エミリー・ワトソン (ビクトリア)  
storyヘンリー・セリック監督とのコンビで人形を使ったストップモーション・アニメ「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」「ジャイアント・ピーチ」を手掛けたティム・バートン監
ティム・バートンのコープスブライドDVDレンタル&販売中ストーリー ☆☆
ティム・バートンのコープスブライドTIM BURTON'S CORPSE BRIDE監督 ティム・バートン マイク・ジョンソン声の出演 ジョニー・デップ ヘレナ・ボナム=カーターイギリス 2005
★本日の金言豆★corpse:死体 bride:花嫁2006年3月3日発売 ティム・バートン監督作品って、見た目ハチャメチャで常識破りなようでいて、実は根本的な部分はきっちり王道をおさえ
  評価:★6点(満点10点)監督:ティム・バートン マイク・ジョンソン主演:ジョニー・デップ ヘレナ・ボナム=カーター エミリー・ワトソン2005年 77min19世紀のヨーロッパにある小さな薄暗い村。そこにお金はあるけど品格のない...
ティム・バートンのコープスブライド 特別版(2005/イギリス)19世紀ヨーロッパのとある小さな村。ビクトリアとの結婚を間近に控えた青年ビクターは、ある日森の中で地面から突き出ている人の指のような棒きれを発見する。彼は本番の練習のつもりでその棒に結婚指輪をはめ
お気に入りの監督のティム・バートンの作品がたてつづけに公開されて、「チャーリーとチョコレート工場 / ジョニー・デップ」は観たんだけど、もう一つの方はまだ観ていませんでした。ということで、やっと観たティ
【2005 イギリス】『ホネまで愛してくれますか?』『シザーハンズ』『スリーピー・ホロウ』『チャーリーとチョコレート工場』など独特の世界観のある映像がお得意のティム・バートン監督によるホラーファンタジー人形アニメーション。そういえばアニメーション系は初めて紹
この映画の声をジョニー・デップがやっているんだ~~~という事で、WOWOWで鑑賞    。。。。。って吹替えじゃん【story】19世紀ヨーロッパのとある村。親同士が欲得ずくで決めた結婚に戸惑いながらも、初めて会った瞬間からお互いに惹かれあった富豪の息子ビクターと、
 『冥土 in Love』  19世紀のヨーロッパの暗くて活気のない小さな村で、ある1組のカップルが結婚しようとしていました。  新郎のビクター(デップ)の父親のウィリアム(ホワイトハウス)と母親のネル(ウーマン)のバン・ドート家は、お金はあるけど家柄がよくあり?...

コメントの投稿

非公開コメント

吹替えの配役は?

どーだったんでしょうね?
猫はちょっと興味がわいてます(笑)
ナイトメアは市村さんがジャック吹替えてて結構好きだったんだけど
それにしても、地方の映画公開状況・・・やっぱり悲しいものがありますねぇ
ジョニー・ディップ前面に出して予告流してるんだから字幕も公開してくれてもいいのに
猫の地元は、今回はしっかり字幕上映もしてくれたのでよかったのですが
メビウスさん がんばって字幕観に行ってくださいね(煽ってどうするんだって言われそう)(笑)

吹き替え気になります。

メビウスさn、こんにちは。
>個人的にチャーリーを超えてしまった気が致します(^▽^;)
じ、じつは私も(笑)チャーリーが過去になっている分もありますから、もう一度チャーリー見たらわかりませんが(笑)

吹き替えはどなたでしょう?
「ビクター」はジョニー・ディップを前提に作られてると勝手に思ったので、本人でないのはもったいない気がします。だんだんビクターがディップに見えてきますしねw
機会があれば是非字幕をオススメしたいです。

口惜しや字幕版・・・

>にゃんこさんこんばんわ♪

本当は字幕が良かったんですが、でも吹き替えの配役も中々良かったですよ♪
当初は自分も吹き替えと字幕両方で上映するかと思ったんですが、見事吹き替えのみだったわけでありまして・・・
『仮面ライダー響鬼』がしつこくまだ上映されていたので、それを取っ払ってくれ!!と言いたかったです・・・
あ、でも『遠出してでも』って言ってますが、実際は3~40分くらいすれば付く所なんですよね。字幕上映してる映画館は(笑


>たいむさんこんばんわ♪

ビクターの吹き替えは、確か小林・・・何たらとか言う方でした・・・(苗字しか分かってなかったり)。
でも内気なビクターに結構合ってましたね♪
そう言えばビクターは顔立ちがデップに少し似てますよね(笑

敢えて似て作らせたかもしれませんね。

こんにちは。
吹き替えだったのですね~!それは残念。
パペットがジョニーに見えてくるほど、合ってましたよ。
暗い表情で目が飛び出そうなくらい大きい目のビクターなのに、モテモテでしたね。
まるで人形には見えないくらいとても自然な動きで、私は目が点!(笑)
面白かったです。また見たいくらい…

自分だけかな・・

>charlotteさんこんばんわ♪

人形を造る際に、やっぱり意識的にデップ本人に似てるように作ったのではと思っちゃいますね。
でも『戦場のピアニスト』に出てたエイドリアン・ブロディにも若干似てるんですよね(^▽^;)
自分だけかな?(苦笑

こんばんは

返しトラバ、コメントありがとうございます。
自分も知らないで入ったら、「吹き替え版」でした。

もう一度字幕版を観に行きます。
77分、これ、本当にいい時間だと思います。引っ張らずにきっちり「生と氏」「思いやりと優しさ」が描かれていたと思います。自分個人の趣味ではチョコレートに軍配が上がりますが、「お薦めの1本」であることには間違いありません。

おはようございます。

TBありがとうございます!!

記者会見でも、ビクターがジョニデに似ているんですけど?という質問でてましたよ。

バートン監督曰く、先にキャラクターが決まっていてあとからジョニデに頼んだそうです。
似せて作ったわけではないとのことだったんですが、似てますよね(笑)。

暫定ベスト10

>八ちゃんさんこんばんわ♪

映画全体で観ると、77分と言うのは短い気もしますが、ストップモーションで77分といったら膨大な時間と手間がかかってると思うので、素晴らしい作品であると同時に頭が下がっちゃう作品です♪自分も今年観た映画の中ではチャーリーと一緒に暫定ベスト10に入りそうな映画です


>みずさんこんばんわ♪

自分はビクターの髪型がちょっぴり『ネバーランド』に出演してた時のデップの髪型に似てるな~なんて思っちゃったんですよね(^▽^;)
でもバートンの頼みだったら、余程の事がない限りデップも断らないと思いますね。ある意味、この役所もデップになるのは必然だったかもしれませんね。

TBさせていただきました。

吹き替えで見たんですね。
どんな感じだったんだろうね。
ミュージカル風な映画の吹き替えってどんなんだろうか?
『オペラ座の怪人』とか『シカゴ』とかには吹き替えってなかったしな。
(DVDで発売になってもね。)
是非ジョニー・デップの気の弱い青年の声を聞いて欲しいです。

また遊びに来ますすね。

メビウスさんへ☆

こんばんは~☆
かなりおもしろかったです!!
私的にも、チョコを超えてしまいました!
全体的にくすんだ灰色な感じがイイ味出してますよね。

ミュージカル風ですけど・・・

>ALICEさんこんばんわ♪

吹き替えの方では、ミュージカルシーンも吹き替えの声優さんがミュージカルしてました(汗
『シカゴ』や『オペラ座~』のように本格的なミュージカル映画でも無いので、声優でやっちゃってもいいだろうと思ったんでしょうかね?
声だけども、気の弱いデップと言うのは新鮮ですね♪


>ななりさんこんばんわ♪

ななりさんもチャーリーを超えちゃいましたか♪(>ω<)チャーリー超える超えないでも色々物議を醸し出していますが、ストーリーが単純明解なのもあってか面白く観る事ができましたしね♪

生者のモノクロな世界、そして死者のカラフルな世界。間逆なようで、斬新で対極な世界観も見所ありました♪

残念ながら

残念ながら、jamsession123goにはちょっと合わない映画でしたね。
ティム・バートンなのに、ちょっとがっかりでした。

本当に残念・・

>jamsession123goさんこんばんわ♪

あら~・・・(^▽^;)今回のコープスブライドは合わなかったみたいですね。
好きな監督で好きな作品が、予想以上に期待ハズレだとがっかりしますよね。
でも人それぞれ好みもありますし、今回たまたまjamsession123goさんに合わないバートン作品だっただけかもしれませんし。

次のバートン作品に期待しましょう♪

最後まで記事を読んで大変なショックを受けました。

「印象に残ったシーン」で
ネタばれしてる!!!!!!!
もうちょっと考えて書くといいと思います。
かなりショックを受けました。明後日見に行くつもりだったのに
行きたくなくなりました。記憶を抹消したい・・・。
他の方の為にも削除されるか書き方を考えられた方が良いんじゃないですか?
いまどきちょっと信じられません。

>tinaさんこんばんわ。

うっ・・その指摘ごもっとも・・・(==;)自分が最後に書いた『印象に残ってるシーン』は確かに完全ネタバレ・・
まだ観ていない人にとっては、行きたくなくなる事この上ないですね・・(滝汗
この点については、自分も反省ですね。これから観る人の為に、一番最後の文は削除しておきます。

ただ、自分としても1つ仰りたいのですが・・
tinaさんは明後日観に行くつもりと書いていますが、それは『多少ネタバレあり』(ブログタイトル参照)と銘打っている自分のブログを確認した上で、自分の記事を最後まで読んだのですか?
自分の最後の記事の完全なるネタバレは、自分でも落ち度だとも思いますし、否定はしませんが・・・でも映画の評価をする上では、多少のネタバレをして書いている所は少なくありませんし・・

メビウスさん

申し訳ありません。昨日は私もあまりのショックに書き過ぎたと
思っております・・・たしかに多少のネタばれありと書いてあったのは
知っていたのですが、さすがにラストのバレはないだろうと思って・・・「多少」だし(/_;)
途中のバレは自分あまり気にしないのですが、EDについては・・・・・・。
ともあれ削除して頂いてすいません。
明日は自分の記憶を朧気に保つよう努力して観に行くつもりです。
では。

>tinaさんこんばんわ♪

いえ、自分もtinaさんの発言が無ければ、この先ああいう完全ネタバレを書いていたかと思いますし、指摘されるまで自覚しなかった自分にも非があります。
あの文を書いた後のご鑑賞との事なので、自分としても本当に申し訳無い気持ちです。

同じ過ちをしないように、以後更新をする際は注意を払って書き込む次第ですm(_ _)m

返TB&コメント、ありがとうございました!

そうなんですよね、冒頭は『ゲッv-237気持ち悪いxxx』なんて思ったのに、ストーリーが進むにつれて、『可愛い。。。v-238』になっちゃいましたから(*^_^*)
ステキな映画でしたね。

グロさゼロ

>honuさんこんばんわ♪

グロ~いイメージがある死者をここまで魅力的に見せるのも、バートン監督の成せる技(?)ですね。
実写じゃなく、アニメですのであまり生生しいグロさ加減はありませんでしたけどね。それでも凄く楽しめましたね♪チャーリーに続いて大成功と言えるでしょう♪

トラバ返しありがとーございます☆

ホントに、キャラが魅力的すぎます((●ノ∀`●)
あんなに感情移入してしまった自分にびっくり。
最初は「かわいくない」とか思ってたのに( *´艸`)ヶラヶラ

ナイトメアも見てみたくなりました!
あたしは字幕で見たんですが、吹き替えも一度見てみたいですねぇ。

こんばんは

そもそも「ナイトメア~」と比べるのが間違いで・・・(~_~;)
しっとりしたいい物語でした。
死者の世界の描き方なんて、めちゃバートンらしいですもん!

比べられない

>未来さんこんばんわ♪

『ナイトメア~』とは、自分もちょっと比べようがないですね。実際どっちも良い作品でしたし♪
生者と死者の対極的な描き方は斬新ですし、バートンらしいと言えばらしいですね。

トラバありがとうございました。

ティム・バートンのキャラクター造形ってちょっと不気味感がいいですよね。
ジョニー・デップの声もはまってたし、ストーリーも簡潔に分かりやすくまとめられていたしで久しぶりに安心して楽しめた作品でした。
そういえばティム・バートンは「ステインボーイ」っていうFlashアニメも作ってましたよね。
どこへ行ったんだろう?

滑らか~

>唐須さんこんばんわ♪

自分が観た時は吹き替えだったので、残念なことにデップの声は聞けなかったんですが、あの人形の滑らかな動きや造形美はすごいの一言に尽きましたね♪
『ステインボーイ』と言うのは分からないんですが、それもバートンが作ってるんですね。フラッシュとは言え、どんなものか見てみたいですね♪

ガイコツさんたちは笑わせてくれるし
意外に人間っぽくて
妙に血の通ったとこを見せてくれて
楽しかったです。
コープスの登場シーンはさすがに
ちょいコワでしたけど
ヘレンボナムカーターの声と
人形でありながら繊細につくられた仕掛けに
よってくるくる変わる表情で
どんどん感情移入していっちゃいました。
ビクトリアとコープス、どっちにも
幸せになってほしいと思うくらいに。

ラストシーンのブーケトスは物悲しくも
さわやかで
蒼い蝶の乱舞は
とてもとても美しかったです。

吹き替えのみ

>Agehaさんこんばんわ♪

自分は吹き替えで観ちゃったので、ヘレンの素晴らしい声を聞く事が出来なかったのがちょっと痛いですね。吹き替えの声優さんも結構良かったですけどね♪

ラストシーンのエミリーが蝶になっていくシーンは凄く印象的。あれがストップモーションかと疑ってしまいますね。

メビウスさん、こんにちは!
以前の記事にTBしてスミマセン!!
この映画WOWOWで観たのですが、吹替えでした。。。(泣)
ジョニーの声が聞きたかったなぁ~
ストーリーは面白かったですね。登場人物に感情移入して、最後は涙が出てしまいました。今度は字幕で観たいです!

聞き逃し

>由香さんこんばんわ♪

いえいえ、以前の記事でも構いませんよw
コープスブライドWOWOWで放映されていたのですか?自分もこの映画結構好きですから見たかったですけど、吹き替えは正直もういいっすね~(^^;)自分も映画館でジョニーの声聞き逃しましたからね・・
ストップモーションも滑らかでしたし、上映時間も短いから苦の無いストーリーも高評価ですね♪

へぇ~

コレも吹替え上映してたんですね!
上映時間は短いけど、スタッフの苦労を思えば、
1800円以上の価値があったかもしれませんね~!

何故か吹き替えなのです

>miyuさんこんばんわ♪

ウチの映画館は、洋画のアニメ関連だと決まって吹き替えを優先してしまうのが正直ちょっと嫌なんですよね~。ジョニーが吹き替えをやるなんて無かった事ですし、例え英語の発音が分からなくても彼の声優っぷりを聞きたかったですね。

PAGETOP