【監督】シェーン・ブラック
【出演】ロバート・ダウニー・Jr./グウィネス・パルトロウ/ドン・チードル/ガイ・ピアース/ベン・キングスレー
【公開日】2013年 4月26日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
人類滅亡の危機をかろうじて回避した『アベンジャーズ』の戦いから1年。合衆国政府は未曾有の危機に際してヒーローという“個人”の力に頼ることを危惧していた。一方、億万長者にして天才発明家のトニー・スタークは悪夢にうなされながらまだ見ぬ敵の影に脅え、何かに憑かれたかのように新型アイアンマンスーツを次々と開発する。そんなある日、心身ともに極限まで追いつめられたトニーは、正体不明の敵“マンダリン”による襲撃を受け、これまで彼を守ってきた世界から放り出されてしまう。全てを失った彼だったが、大切な者たちを守りたいという強い信念から、トニー・スターク=アイアンマンは最後にして最大の戦いに挑むことを決意する・・・。


職場の先輩の結婚式が近いので、スーツを新調しようと『はるやま』に行ったら意外(?)なコラボに出会いました。



【監督】エイケン・サタイヴ
【出演】クラレイ・アナルベコヴァ/アリーヤ・アニュアルベック/アリーヤ・テレバリソヴァ/アシルハン・トレポヴ
【公開日】未公開
【レンタル日】2013年 3月22日
【製作】カザフスタン

【ストーリー】
18世紀初頭のカザフスタン。広大な大地と自然に囲まれ、静かで平穏な暮らしをしていたカザフ族の集落に突如野蛮なモンゴル族が押し寄せてくる。モンゴル族に虐げられ、土地を取り上げられたカザフ族の人々はその後、敵の目の届かない山奥に隠れ住むことを余儀なくされた。数十年後・・民族の誇り、そして愛する人を守るため、カザフ族の青年サルタイは報復を誓い、10代の勇士達を率いて部隊を結成。戦力を培い、敵陣へと乗り込んでいく。それは、何十年に渡る迫害から祖国を解放する歴史に残る戦いとなるのだった・・・。

STGからADVへ

戯言

2013-04-20



おお~♪『解放少女』PS3でまさかの最新作キター♪・・・って、えぇっΣ( ̄Д ̄;)ADV!?



【監督】石井裕也
【出演】松田龍平/宮崎あおい/オダギリジョー/黒木華/渡辺美佐子/池脇千鶴/伊佐山ひろ子/八千草薫/小林薫/加藤剛
【公開日】2013年 4月13日
【製作】日本

【ストーリー】
出版社・玄武書房に勤める馬締光也は営業部で変わり者として持て余されていたが、言葉に対する天才的なセンスを見出され、辞書編集部に異動になる。新しい辞書『大渡海』は見出し語24万語。完成までおよそ15年。個性は揃いの辞書編集部の中で、馬締は辞書編纂の世界に没頭する。そんなある日出会った運命の女性。しかし言葉のプロでありながら、馬締は彼女に気持ちを伝えるに相応しい言葉が見つからない。問題が山積みの辞書編集部。果たして『大渡海』は完成するのか?馬締の思いは伝わるのだろうか・・・?


【監督】神谷誠
【声の出演】マシュー・マーサー/デイブ・ウィッテンバーグ/コートニー・テイラー/ヴァル・タッソー/ウェンディー・リー/サリー・サフィオッティ
【公開日】2012年 10月27日
【製作】日本

【ストーリー】
アメリカ大統領直属のエージェントであるレオンは、東欧の小国・東スラブ共和国の内戦に生物兵器B.O.W.が実戦投入されたとの情報を受け、現地に潜入。しかし米国が同国から手を引くことになり、レオンにも退去命令が下される。B.O.W.の真相に迫っていたレオンは、命令を無視して単独で戦いに身を投じる・・・。
  

先週スクラッチを20枚程購入したら結構大きめな利益となって思わぬ臨時収入が発生したので、それを軍資金に兼ねてより欲しかったゲームのサントラなどをこの際纏めて買ってしまいました

個人的に気になった映画情報をピックアップ(特に気になった情報はが付いてます)


新海誠監督、新作「言の葉の庭」に「作ることができて1番よかった作品」と自信

映画『サイレントヒル:リべレーション3D』に追い風!静岡県が“サイレントヒル県”に改名!?

伝説の宇宙海賊が30年の時を経て再誕=リブート!『キャプテンハーロック』特報映像&ポスターが到着!

長石多可男監督が死去 「平成仮面ライダー」など東映ヒーロー支える 享年68歳

『ファインディング・ニモ』の1年後を描く続編製作決定!全米公開は2015年

エマ・ワトソンが斧を手にしたサイコパスに!

映画「ドラゴンボールZ」今年最速!公開6日間で100万人突破へ!

映画「県庁おもてなし課」 本編に「ドラえもん」シリーズ寺本監督のショートアニメ

ロバート・ダウニー・Jr.がレッドカーペットで股間ファスナー全開

マイケル・ベイ製作「ミュータント・タートルズ」にウィル・アーネットが参戦



寺本監督遂に独立!・・・と思ったら映画の中でのショートアニメそれでもなんか期待をしてしまいますね。個人的に寺本監督が手掛けたドラ映画は全て高評価なので、ドラえもん以外の作品でも果たしてその手腕を発揮出来るのか興味があります。ちょっと不純な動機ですが、ソレ目当てで『県庁おもてなし課』が観たくなってきました^^;


【監督】アレックス・デ・ラ・イグレシア
【出演】カルロス・アレセス/アントニオ・デ・ラ・トレ/カロリーナ・バング
【公開日】未公開
【レンタル日】2013年 3月6日
【製作】スペイン、フランス

【ストーリー】
檻に入れられた猿が暴れまわる中、外では人と人とが殺し合う狂気のサーカス・・スペイン内戦が繰り広げられていた。無理やり共和国側に参加させられた『がらくたピエロ』は、ピエロの衣装のままナタを振り回し国民軍を次々と残虐に殺していった。 長い月日が過ぎ、時はフランコ総統時代。がらくたのピエロの息子ハビエルはサーカス団で『泣き虫ピエロ』として働き始め、そこでハビエルは『怒りのピエロ』セルジオと初めて出会うのだった。顔が醜くゆがんだ2人のピエロとなったハビエルとセルジオ。サーカス団で最も美しく残酷な美女ナタリアをめぐり、怒りと絶望、渇望に煽られた彼らの命がけの戦いが始まる・・・。


久々のワンコイン本♪・・と言っても正確には500円じゃなくて650円相当なのでワンコインではないのですが、手頃な値段で『ためになる』という部分は同じように見えたのでちょっと手に取ってみた次第。・・とはいえ自分のブログのモットーの1つとして『分り易い』を挙げているのでこうした哲学用語なんかも記事では滅多に使わないんですけども、そこは『使わない』のではなく実際は『意味を理解していないから使えない』というのが正直なとこなので、今回は後学も兼ねて読本してみました

PAGETOP