GANTZ

映画館鑑賞

2011-01-30



【監督】佐藤信介
【出演】二宮和也/松山ケンイチ/吉高由里子/本郷奏多/夏菜/千阪健介/白石隼也/伊藤歩/田口トモロヲ/山田孝之
【公開日】2011/1.29
【製作】日本

【ストーリー】
幼馴染の玄野と加藤は、線路上に転落した酔っ払いを助けようとして電車に轢かれてしまう。次の瞬間2人は見慣れぬマンションの一室にいた。そこには同じように死んだはずの人々が集められ、リビングの中央には『ガンツ』と呼ばれる謎の大きな黒い球が異様な存在感を誇っていた。
出ることの許されないその部屋で、生き残るためのミッションをガンツから与えられる。それは、星人と戦い、殺すこと。戦いの場へと転送された彼らは、何者かも分からぬ異形の星人と対峙する・・・。
 


ここ最近面白そうな本を購入していなかったので、久々とばかりに目を付けて買ったのが少々人格を疑われそうなこんな本だったりします・・
しかしこういう辞典やら百科系の本ってワンコイン本でもたくさんありますし、安上がりと言う意味ではそっちの方が良いのでは?とも思うんですけども、この『悪人辞典』なる本にちょっと興味を持ったのは、実在の悪人だけじゃなく架空の悪人(要は映画や漫画等)も掲載している点がちょっと面白く感じたので、本屋さんで立ち読みではなく、じっくり読んでみたいと思った次第です。
 


【監督】ハリー・バジル
【出演】リー・パイプス/ルー・ダイアモンド・フィリップス/クリスティン・カヴァラーリ/ジョシュ・ヘンダーソン/アンドリュー・ローレンス/
【公開日】未公開
【レンタル日】2010/11.26
【製作】アメリカ

【ストーリー】
1957年、テキサス州の踏切で子供たちを乗せた一台のバスと列車の衝突事故が起きた。バスに乗車していた子供たちはみな即死状態だった。その惨劇は50年が経過した現在に至るまで色褪せることなく、“スクールバスの悲劇”として語り継がれ、この踏切内で車を停止させると死んだ子供たちが現れ列車に追突させようと車を押すという都市伝説が生まれるほどであった。この街に越してきたメラニーはある日、踏切内で遊んでいる子供の姿を目撃する。それからというもの、クラスメイトのミッチの謎の死をきっかけに、メラニーの周りで不可解な出来事が頻発するようになる・・・。
 
個人的に気になった映画情報をピックアップ(特に気になった情報はが付いてます)


[全米を席巻]『トゥルー・グリット』公開僅か11日間でコーエン兄弟歴代作品No.1新記録樹立!

80年代ゲームファン待望!?名作シューティングゲーム「ミサイルコマンド」が映画化!

あの「タイタニック」の続編か!? 大ヒットあやかり系C級映画が異例の劇場公開

3D作品が映画産業をダメにする!? 米で驚きの報告

ゴールデングローブ賞は「ソーシャル・ネットワーク」が4冠

『GANTZ』香港公開で、衝撃的タイトルが決定!!その名も『殺戮都市』!!

「モータル・コンバット」がダークホラー・アクションとなって再映画化&ウェブシリーズ化!

2010年最もTweet(ツイート)された映画って?

「トランスフォーマー2」は「ひどい出来」と監督自ら認める

アン・ハサウェイが『ダークナイト』続編のキャットウーマン役に決定!



内容を考えれば『殺戮』って部分は表現的に間違っていないとは思うものの、『都市』ってのがまた微妙ですねぇ・・。香港で発売されてる原作漫画タイトルの通りとの事ですが、個人的には『遊戯』とか『球』って漢字に置き換えた方がしっくり来るような気がしないでもなく、それ以前に普通に『GANTZ』じゃ駄目だったんでしょうか?
邦題もしばしば変なタイトルになる事がありますけど、香港のタイトル事情もちと分からないとこが多いですね。

でもGANTZはちょっと楽しみにしてますっ。



【監督】デヴィッド・フィンチャー
【出演】ジェシー・アイゼンバーグ/アンドリュー・ガーフィールド/ジャスティン・ティンバーレイク/アーミー・ハマー/マックス・ミンゲラ/ブレンダ・ソン/ルーニー・マーラ/他
【公開日】2011/1.15
【製作】アメリカ

【ストーリー】
2003年、ハーバード大学に通うマーク・ザッカーバーグは、親友のエドゥアルド・サベリンとともにある計画を思い付く。それは大学内で友達を増やすため、学内の出来事を自由に語り合えるサイトを作ろうというもの。ハーバードというエリート階級社会で、『自分をみくびった女子学生を振り向かせたい』そんな若者らしい動機から始めたこの小さな計画フェイスブックは、瞬く間に大学生たちの間に広がり、ハーバードからアイビー・リーグ、シリコンバレー、そして全世界へと山火事のように広がっていった。けれどIT界の伝説、ナップスター創設者のショーン・パーカーとの出会いを経て、彼に傾倒していくマークと、彼を警戒するエドゥアルドの間には、次第に亀裂が生まれ始めていく・・・。
 


PS2にラインナップされていた頃は、それこそナンバリングタイトルや猛将伝が出る度購入してプレイしていた時期がありましたけども、戦国やOROCHIのようなコラボ作品も登場し、更にPS3に移ってからはガンダムや北斗の拳といった『亜種』のようなものも立て続けに出てからというもの、懐事情とも重なってだんだんと追い付けなくなってしまって無双シリーズ。気が付けばすっかりご無沙汰な感じになってしまいました・・^^;
まあこのガンダム無双にしましても、イチガンダム好きとしては興味はあったものの全然プレイしてなかったのですが、今回この3に00が参戦すると聞くや即座に購入してしまった現金な自分だったり。
親しみのある三国とは勝手が違いますが、久々の無双シリーズはやはり楽しめました♪
 


【監督】トニー・スコット
【出演】デンゼル・ワシントン/クリス・パイン/ロザリオ・ドーソン/ケヴィン・ダン/ジェシー・シュラム/ジェフ・ウィンコット/リュー・テンプル/他
【公開日】2011/1.7
【製作】アメリカ

【ストーリー】
ペンシルバニア州の操車場に停車中の最新式貨物列車777号が、整備員のミスによって走り出した。まもなく全長800メートルに及ぶ777号には、大量の化学薬品が搭載されているという戦慄の事実が判明。鉄道会社と警察は様々な手段で停止もしくは脱線させようと試みるが、このままでは777号が人口密集地域の街に突っ込み、取り返しのつかない惨劇を起こすことは誰の目にも明らかだった。・・その頃、同じ路線で旧式機関車1206号を走らせていたベテラン機関士フランクは、非常事態を察知し、初めてコンビを組んだ若き車掌のウィルとともに777号の追跡を開始する・・・。
 


【監督】吉浦康裕
【声の出演】福山潤/野島健児/田中理恵/佐藤利奈/ゆかな/中尾みち雄/伊藤美紀/沢城みゆき/清川元夢/杉田智和/山口由里子/水谷優子
【公開日】2010/3.6
【製作】日本

【ストーリー】
ロボット倫理委員会の影響で人々はそれを『家電』として扱うことが社会常識となっていた。頭上にあるリング以外は人間と全く変わらない外見に影響され、必要以上にアンドロイに入れ込む人々は『ドリ系』と呼ばれ社会問題とされるほどである。高校性のリクオも幼少の頃からの教育によって、アンドロイドを人間視する事は無く、便利な道具として利用していた。ある時、リクオは自家用アンドロイドのサミィの行動記録の中に奇妙な言葉が含まれていることに気付く。親友のマサキとともにサミィの足跡を辿ると、そこには『人間とロボットを区別しない』というルールを掲げた奇妙な店が広がっていた・・・。
 

PAGETOP