【監督】クリス・コロンバス
【出演】ローガン・ラーマン/ブランドン・T・ジャクソン/アレクサンドラ・ダダリオ/ショーン・ビーン/ピアース・ブロスナン/スティーブ・クーガン/ロザリオ・ドーソン/ケビン・マクキッド/ユマ・サーマン/他
【公開日】2010/2.26
【製作】アメリカ

【ストーリー】
パーシー・ジャクソンは学校に溶け込めず悩む17歳の高校生。落ちこぼれだった彼の人生は、ある日突然一変する。学校の先生が突然クリーチャーに変身して襲いかかってきたのだ。危機一髪のところを救ってくれたのはブラナー先生。さらにブラナー先生は驚くべき真実を告げる。ギリシア神話に出てくる神々は今も存在しており、パーシーが神と人間の間に生まれた“デミゴッド”であるというのだ。自分の出生の秘密を知るパーシー。水を自在に操る能力を備えていた彼はこうして、半身半ヤギの親友グローバーとデミゴッドの訓練所に向かうことになるが・・。
個人的に気になった映画情報をピックアップ(特に気になった情報はが付いてます)


アカデミー賞候補者は事前に2種類のスピーチを用意!涙は禁止!!

時代の波に乗れ!あの最強のオヤジ俳優がこの春ついに“3D”に

イタリア政府が『アバター』にNG!3Dメガネを映画館から押収

実写版『AKIRA』監督有力候補の兄弟が最新作取材で「AKIRA」への思いに言及!

アンジー、長年疎遠だったオスカー俳優の父親とついに和解?

『踊る3』の会見で織田裕二が「現場で血が流れます」宣言!

ブルース・ウィリス主演「ダイ・ハード5」、2011年にクランクイン

反エコ!ハリソン・フォード、チーズバーガーを買いに飛行機を飛ばす

『シャッター アイランド』 謎解き映画を楽しむための「超日本語吹替版」登場!

オスカーに赤信号?「ハート・ロッカー」プロデューサーが規定違反



ついに吹替に『超』が付いたーっ∑( ̄▽ ̄;)
戸田奈津子さんが監修するだけあって今までとは違う相当凄い吹替版を作り上げるみたいですねっ。・・・しかしこういうのを聞くと映画鑑賞の際の活字離れが思った以上に深刻になってるのかも?というのも感じてしまいますねぇ~。一応自分は洋画字幕派なんですが、近い将来肩身が狭くなりそうな悪寒・・

でもタレント声優廃絶とばかりに「プロの声優だけを使う」って部分はなんかイイっ♪内容良くても声優ダメって作品が過去に何度もありましたからねぇ・・(近年覚えてる中で個人的に一番最悪だったのが『呪怨パンデミック』)

超吹替は本職の方には仕事が増える一筋の光明となるかも・・?


【監督】リチャード・エアー
【出演】 リーアム・ニーソン/アントニオ・バンデラス/ローラ・リニー/ロモーラ・ガライ/パム・フェリス/パターソン・ジョセフ
【公開日】未公開
【レンタル日】2010/2.5
【製作】イギリス

【ストーリー】
IT会社を経営するピーターは、靴デザイナーのリサと円満な結婚生活を送っていた。しかしピーターは妻のもとに見知らぬ男からのメールが届いているのを見つけてしまう。それは妻が長い間その男と不倫の関係にあったことを証明するものだった。さらに妻のPCには、不倫相手のレイフとの淫らな写真が隠されていた。自分には見せたことのない妻の艶やかな表情にピーターは強い憤りを感じる。ピーターはレイフへ妻に扮して返事を送り、レイフのいるミラノへ向かった・・・。


2/20の国内限定公開と同時にPlayStation®StoreでもガンダムUCがいよいよ配信となり、自分もこの日が来るのを密かに楽しみにしておりましたっ。
『逆襲のシャア』でのシャアの反乱から3年後を描いた宇宙世紀の新しいストーリーは原作未読な分新鮮な所もあり、それでいてどことなく懐かしい時代背景も匂わせてたりで、とても濃い60分だったようにも思える。アニメーションのクオリティやモビルスーツ戦の迫力もテレビとは明らかに違うので、これは自分も映画館で観たかったな~とも思っちゃいましたね。


【監督】クリント・イーストウッド
【出演】モーガン・フリーマン/マット・デイモン/トニー・キゴロギ/スコット・イーストウッド
【公開日】2010/2.5
【製作】アメリカ

【ストーリー】
反アパルトヘイト運動により反逆罪として逮捕され27年を監獄で過ごしたネルソン・マンデラは、釈放後の1994年、遂に南アフリカ共和国初の黒人大統領となる。だが彼は国民の間に人種差別と経済格差がいまだに残されていることを痛感する。そんな中、スポーツという世界共通言語で国民の意識を変えることができると信じるマンデラは、弱小だった南アフリカ代表ラグビーチームの再建を決意。翌年に自国で開催するラグビー・ワールドカップに向け、マンデラとチームキャプテンのフランソワ・ピナールは、互いに協力していくことを誓う・・・。


【監督】トラノン・シーチュア
【出演】ピサーン・シーマンコ/シリンダー・ジェンセ/パーヌデート・ワタナスチャート/スチャオ・ポンウィライ/ジティマ・バンマ
【公開日】未公開
【レンタル日】2010/2.5
【製作】タイ

【ストーリー】
2022年。度重なる環境の激変により世界中で異常気象が発生。シアム博士率いる調査チームは、東南アジアの海底火山の動向を調査していた。調査員のフーは、断層の変化を発見。火山の爆発によって引き起こされる地震・津波を予測し、警告を政府に発する。しかし、政府はその警告を真剣に取り扱おうとはしなかった・・・。


【監督】アンドリュー・モラハン
【出演】クノ・ベッカー/レオ・グレゴリー/JJ・フェイルド/ニック・ノーラン/カーシャ・スムティニアック
【公開日】未公開
【レンタル日】2010/2.3
【製作】イギリス/ドイツ

【ストーリー】
いよいよワールドカップが迫ってきた。イングランドの代表としてサンティは、チームメイトのチャーリーとリーアムと共に世界の頂点を目指すことに。カリスマプレーヤーであるチャーリーは、サンティとリーアムと一緒に映画の撮影現場に入り、そこでソフィアと知り合う。意気投合した4人だが、交通事故でサンティは腕を骨折してしまう。アル中のリーアムは酒を絶ち、練習に没頭する。
そしていよいよワールドカップ開幕。ベンチ入りしたチャーリーとリーアムだが、チャーリーは試合中に事故の後遺症のせいで急死してしまう。リチャードは友達のため、祖国のためにピッチに立つ・・・。


2010年最初のS.I.C.はてっきりイクサやダークキバといったキバシリーズがまたラインナップされると思ったのですが、ここで路線を変更していきなりの仮面ライダーカブトが登場っ。電王シリーズみたいにキバも勢い(?)に乗ってバババッ!!と一気に発売して欲しかったもんですけど、それとは別に平成ライダーシリーズの主役ライダーを全種類揃えてみたいと言う密かな願いも片隅にはあったので、カブトの発売もやっぱり嬉しかったりはしますね。
でもカブトは『キャストオフ』という機能が備わってる点でもS.I.C.化は正直難しいんじゃないかとは思ってたんですが、今回のS.I.C.仮面ライダーカブトはそのキャストオフよりも凄いギミックが満載で驚いてしまいましたっ

PAGETOP