うどんUDON~♪

昨日『UDON』観終わった後、絶対どこかに売ってるはずだと思って近場のスーパーやら探したけど全然置いてなかったので、改めて今日コンビ二に行ったら見事ビンゴです♪やはりキャプテンUDONは目立ちますね(^▽^;)(笑

でも讃岐風うどんって書いてますけど、食べたらこれまた普通の赤いきつねうどんと味が変わっていないわけでありまして・・・(--;)違うのパッケージだけですわ(凹

げふげふ・・やはり本場が食べたい・・・

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
UDON

【監督】本広克行
【出演】ユースケ・サンタマリア/小西真奈美/トータス松本/鈴木京香/升毅/片桐仁/要潤/小日向文世/木場勝己/他
【公開日】2006/8.26
【製作】日本

【ストーリー】
BIG!になるため故郷の讃岐からNYへ飛び出した松井香助。しかし夢半ばで挫折し、借金を背負ったまま帰国してしまう。昔の仲間に暖かく歓迎されるも、頑固な父親からは逆に一喝されてしまう香助。取り敢えず借金を返すため、親友の庄介の紹介でタウン誌で働く事になるが・・・


【コメント】
『うどん屋を探すなら煙突を探せ・・・』。そんな分かり易い見分け方があったなんてっ?!( ̄▽ ̄;)田中要次の豆知識で知恵が1上がってしまいました♪香川を訪れた際には是非実践してみたいものですね♪

本広監督の記念すべき10作品目である本作は、『うどん』をテーマに主人公・松井香助と、彼を取り巻く人々との暖かい交流を描いた何ともハートフルな物語。
つい最近観た『かもめ食堂』の鑑賞後と同じ気持ちになってしまうのですが、この映画も観た後、なんだか無性にうどんが食べたくなってしまいますね~。しかも何も乗っけていない『素うどん』をズゾゾゾ~!!と豪快に音を立てて食べたくなっちゃうような気分です(^^;)
劇中に出てくるうどんはシンプルなものが多かったですが、地元の人達の食べ方が多種多様で凄く面白かったし、逆に食欲もそそります。どんぶりを使わず、無造作に袋に入れて食べる姿は正に地元ならではって感じですね。

ストーリーに関しては前半は観ていてちょっとだるかったですね。香助と恭子が山中で遭難する時に出てきた熊があからさまに安っぽくてとても痛かった・・(--;)むしろ後半のうどんブームの到来とその衰退の様や、香助と拓富の親子の確執等はお涙頂戴で結構見応えがありました。

また本作は本広監督の10作目という節目のようなものであるせいか、監督の過去の作品に出演した人達が多数出ていて、ちょっとした集大成のようにも見えます。
キャプテンUDONに出て来た悪者みたいな役をしていたのは、寺島進と石井正則で『交渉人 真下正義』からでしたし、長蛇の列でバタッと倒れた男は『踊るムービー1』で青島を刺した坂下始。
そして『サマータイムマシンブルース』からはヴィダルサスーンの新美に、『・・と言いつつ♪』で笑わせてくれた石松と小泉のボケボケ3人組。佐々木蔵之介が演じていたホセも少し出ていましたが、相変わらず自分の説明を聞いてもらえていない所にまた笑ってしまいました♪
あとウッチャンナンチャンの南原や大泉洋も出演していたのには意外でしたね。でも南原は香川県出身だから関連性は分かるとしても、大泉洋って北海道出身のはずじゃ?・・・とまあ自分はこれだけ探せたんですが、もしかしたらもっといたかもしれませんね。本編よりもゲストキャラを探す方が面白いかも?(汗

それにしても小学校の給食に出て来たあのうどん、懐かしかったなぁ~♪そばとうどんが出る日は妙に嬉しかったんですよね。休んでいる人の分のうどんが余ると、欲しい人同士でサバイバルジャンケンをしていたのを思い出してしまいました(デザートも然り)(笑

『UDON』公式サイト

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
トム・クルーズ、パラマウントに契約切られる

ケイティ・ホームズ、外出までサイトロ監視役付き

クリスティーナ・リッチ、やはり身長が低いから・・・

『スーパーマン リターンズ』のブランドン・ラウスが婚約!

田中麗奈の剣さばき。映画『幻遊伝』

映画『ロッキー』のテーマ曲を演奏したメイナード・ファーガソン氏が死去

『トップをねらえ!&トップをねらえ2! 合体劇場版!!』10月1日公開決定


※停滞してた映画情報を久々にちょこっとだけアップです(^▽^;)

田中麗奈は密かに好きな女優さんだから『幻遊伝』もどんな出来映えなのか個人的には興味津々です。キョンシーなんて何年振りだろう・・?
『トップ1・2合体劇場版!!』も面白そうですけど、上映館少なすぎー( ̄▽ ̄;)2はピンと来ませんけど、1は結構ハマッたので劇場で観たいもんですねー♪

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
花田少年史 幽霊と秘密のトンネル

【監督】水田伸生
【出演】須賀健太/篠原涼子/西村雅彦/北村一輝/安藤希/杉本哲太/もたいまさこ/上田耕一/他
【公開日】2006/8.19
【製作】日本

【ストーリー】
小さな港町で評判のわんぱく少年・花田一路はある日、トラックと衝突する大事故に遭ってしまう。九死に一生を得た一路だったが、その時から何故か幽霊が見える不思議な能力が身に付いていた。その日から彼の周囲には様々な幽霊が出現し、願い事や相談を持ちかけてくる・・


【コメント】
『ALWAYS 3丁目の夕日』に出演していた子役の須賀健太くんが主演を務めているのもそうですけど、予告編などを観て何とな~く雰囲気もALWAYSに似てるな~?(ぇ)とも思い、今月の作品の中でも結構気になっていましたが、これは個人的にアタリでしたね♪笑って泣けて感動しました♪

ALWAYS同様、本作も漫画が原作。見た事はないですけど、アニメの方も凄い好評だったとか?
やっぱり原作の漫画読んでおくべきでしたかね~?予備知識があったらもっと面白かったかも?主人公の一路他、一路の家族や友達、幽霊と、魅力的な登場人物たちもいっぱいですし、冒頭で一路に人質に取られる猫や愛犬となるジロも可愛くて、動物キャラもとても良い役所ですね♪

本作では突出した大きな笑いと言うよりも、細かい場面に適度に笑いが転がっていて、面白さを終始持続させている感じにも見えます。次はどこで笑えるのだろうかと観ていてワクワクさせられる気分も味わえるんじゃないかと(^▽^)

また、一路の父・大路郎の過去や、一路の友達の壮太が死んだ自分の父親と運動会で出会うシーン等は涙無しでは観る事かないません。
借り物競争で壮太が『お父さん』と書かれた紙を・・・・・・・・・ぐあぁぁあ~~!!!やはり自分の涙腺は耐える事が出来ませんでした(TоT)
大路郎も何で運動会で一路じゃなく、壮太の方を応援してるのかな?と最初疑問に思ったんですが終盤でその謎が・・・・・・・・・ぐあぁぁあ~~!!!二度泣きは久しい気がします(TоT)
音楽もいい所でグワッと盛り上がるので、泣かせる雰囲気出しまくりでちょっと卑怯ですよ(笑


最後に海でドラ●ンボー●のような戦闘が繰り広げられるシーンは意味があったのかなと思うほど違和感ものでしたが、それだけを我慢すればこの映画は凄く見応えがありました♪
親の過去って知ってるようで実は知らなかったりする事が多いし、そういう自分も親父の青年時代や自分が生まれる前はどうしていたか?など、はっきり分かっていなかったりする。(そういう話題を面と向かって聞くのも恥ずかしいと言う理由も含まれているんですけど)

一路のように自分も父親の過去を知る事で、今以上に親子の絆は深まるだろうか?その辺りも変に興味が沸いて来ましたぞ(笑

『花田少年史 幽霊と秘密のトンネル』公式サイト

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
ゾンビキング

【監督】ステイシー・ケイス
【出演】ジュールス・デローム/ジェニファー・トーム/ロブ・エチェバリア/ニコラス・シン/ジェイソン・ベアフォード/ジム・ニードハート
【公開日】未公開
【製作】カナダ

【ストーリー】
ゾンビが世界中に蔓延る時代。プロレス界の英雄ユリシーズは海辺の家に向かっていた。そこには、恋人メルセデスと彼女の弟ブルー・セイントが待っていた。久しぶりの再会を祝う3人であったが、そんな中一匹狼のプロレスラーティキがゾンビと試合をするという。ユリシーズたちは試合会場に向かうが、それはなんてことはない八百長試合であった。しかしその試合の最中、観客の一人がゾンビに喰い殺されてしまい、ゾンビを操るティキに容疑がかかるが・・


【コメント】
以前地元のラジオ番組でこの映画の事が触れられていて、『何も言う事はない』と変な意味で絶賛されていたので、自分も気になって今日観たんですけど・・・・・なるほど、確かに言う事なし(--;)と言うかこの映画ってアルバトロス作品じゃないですか。納得です(汗

ロメロプレゼンツってとこからして、ホラー好きゾンビ好きな方をピクっと反応させてしまうんですけど、ロメロ全然関係ありません( ̄▽ ̄;)
唯一関係あるとすれば、劇中でプロレス技のロメロ・スペシャルが出るって事くらいじゃないでしょうか?(笑
ゾンビが蔓延る世界って言う設定は理解できるにせよ、そこに何故覆面レスラーが入ってくるのか?ここでもう理解不能に陥ってしまいます。
終始マスクを被りながら買い物したり、ドライブしたり、海水浴したり、会社に勤めたりと、思い切り馴染んでいるように見せて違和感アリアリなんです。
更にゾンビとはプロレスしちゃったり変にお色気シーンまであったりするんですけど、この無理矢理さや馬鹿馬鹿しさがアルバトロスらしくてイイ所でもあったりしますからどこか憎めない(笑

そして登場人物に至っては、現役のプロレスラー達が演じていると言う辺り無駄に本格的です。マスクマン同士でのプロレスバトルはやっぱり本職ですからそれなりに魅せてくれるんですけど、ゾンビとのバトルはかなり単純でもっさりしてます。首をポンポンポンポン引っこ抜くマスクマン達を見てると『おまえらバカだな~・・・・(^▽^;)』と素直な気持ちが頭をよぎりますね


最後も最後でゾンビ達を正気に戻し、一緒にワイワイパーティーをすると言う素晴らしいオチが用意されていて、もうムチャクチャです。でも自分が観たアルバトロス作品の中でもこのゾンビキングはかなり上位に入りますね。それくらいツボでした♪
これが2時間映画だったらさすがに苦痛ですけど、77分とかなり短いので、大抵の人なら何とか我慢して観る事が出来ると思います。

ロメロ作品が好きな人にももしかしたらウケるかも?(笑

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
ユナイテッド93

【監督】ポール・グリーングラス
【出演】ベッキー・ロンドン/シェエン・ジャクソン/チップ・ジエン/クロー・シレーン/クリスチャン・クレメンソン/コリー・ジョンソン/他
【公開日】2006/8.12
【製作】アメリカ、イギリス

【ストーリー】
2001年9月11日。午前8時42分、ニュージャージー州ニューアークからサンフランシスコに向けてユナイテッド93便が飛び発った。
その直後、ワールド・トレード・センターに2機の旅客機が激突。93便の乗客乗員は何も知らず穏やかなフライトを続けていたが、その時機内にいたテロリスト達が一斉に動き出し、機内はパニックと化す。やがてもう1機の旅客機が国防総省に激突。3機の情報を聞いた乗客たちは自分たちもどこかのターゲットに向かっていることを確信し絶望する。しかし何もしなければまた多くの犠牲を出してしまう。愛する者に最後のメッセージを残し、乗客たちは勇気と団結力を胸に行動を開始した・・


【コメント】
この事件をテレビで見た時の記憶は今でも留めています。
仙台から一時帰省してきた兄貴とゲームをしていた時に、下にいた母から『NHK見てみろ』と言われ、何事かと思いながらNHKに切り替えたら、あの忘れられない光景が目の前に写し出されていました。
ワールドトレードセンターが黒煙を上げているのを見て、最初は一体何が原因でこんな事が起きたのか分からなかったけど、後になってそれがハイジャックされた旅客機による自爆テロだと知り、国や人種も違えど、自分も1人の人間としてショックを隠しきれませんでした。

あの9.11事件から今年で5年が経とうとしてますが、本作はその事件でテロに使われた4機の旅客機の1つである、ユナイテッド93便の中で起こった悲劇をドキュメンタリータッチでリアルに描いています。

この事件が起きた後日本でもこぞって9.11の出来事を扱った特番が放映され、それによって自分も今日に至るまで一応の情勢は把握したつもりではいましたが、この映画を観てまだまだ知らない事が多すぎた気がしてなりません。
情報が入り乱れ、誤報が飛び交い、迅速な判断が遅れてしまった管制塔や防衛庁の混乱の様や、93便内でのテロリストと乗客たちの墜落までの恐怖と絶望の時間。監督のポール・グリーングラスが犠牲者の家族などにインタヴューをし、真実に近い徹底さを求めただけあり、当時の緊迫感のようなものががひしひしと伝わってくる。

キャスティングにしても有名な俳優や女優を起用せず、無名の人達や実際に事件を目にした管制官達をそのまま本人役で起用すると言う点からも分かるとおり、エンターテインメント性を求めたものじゃないグリーングラス監督のこの事件に対する真摯な思いが良く分かります。

93便内での出来事は目撃者もいないので劇中のシーンが本当にあった事なのかどうかは誰にも分かりません。でもテロリストに立ち向かう際に、乗客の各々が機内電話や携帯で家族や恋人に最後の言葉を残すシーンは、遺族の証言から察するに本当の事だと思う。それ故に凄く胸を打たれる。
『愛してる・・・さよなら』と、皆一貫して口にする言葉。それを観て自然と涙が出て来ました。

この9.11事件には自爆テロ以外にも様々な陰謀説があり、その信憑性はどこへやらな感じにもなってますが、確かなのはこの事件によって数多くの方が亡くなったというのは紛れも無い事実であり、一番悲しい事だと思う。
テロにしろ陰謀にしろ、あの惨劇は二度と見たくも無いし、起きても欲しくない。しかし忘れてもならないと思うからこそ、出来れば自分もより多くの人にこの映画は観て欲しいと思いますね。

『ユナイテッド93』公式サイト

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
スーパーマン リターンズ

【監督】ブライアン・シンガー
【出演】ブランドン・ラウス/ケイト・ボスワース/ケビン・スペイシー/ジェイムズ・マーズデン/パーカー・ポージー/エヴァ・マリー・セイント
【公開日】2006/8.19
【製作】アメリカ

【ストーリー】
5年前に地球から忽然と姿を消したスーパーマンは、自分の居場所を探し求めて宇宙を旅していた。しかし、故郷の惑星クリプトン星が放射能に汚染された死の星になっていると知った彼は、第2の故郷であるスモールビルのケント農場に帰還した。だがその頃、スーパーマン不在のメトロポリスでは犯罪が急増。そしてスーパーマンの宿敵レックス・ルーサーも釈放の身となっていた・・・


【コメント】
冒頭で壮大な宇宙をバックにしながら流れるスーパーマンのメインテーマから、とてもワクワクさせるような気分になってしまいました。スーパーマン初心者な自分でさえ心躍ったのだから、往年のファンにとってはさぞかし待ち焦がれた曲だと思いますね。

本作はリメイク版ではなく正統な続編と言う事で、正直な所クリストファー・リーヴとメインテーマしか知らないアルティメットビギナーな自分でも付いて行けるものかと不安も少しあったんですが、思いのほかすんなり観る事が出来ました。一応劇中でもスーパーマンが住んでいた星の事や地球での生い立ちを回想シーンで、そしてロイスがスーパーマンの力の源や弱点などをさりげなく説明してくれたりと、初めて観る人にとっては結構嬉しい配慮にも思えますね♪

見所の1つとしては、やはり最新の映像技術を駆使したスーパーマンのアクションが予想以上に凄い。飛行機事故のシーンからもう圧巻です。超が付くほどの怪力に、高速で空を飛び、息で炎をかき消したり透視も出来たりとデタラメな強さですが、しかし逆にそのデタラメさがホレボレするくらいにカッコ良くも見えてしまう。
予告編でも印象的だった目に銃弾を当てられるシーンでも分かるように、1つ1つのアクションがスーパーマンの強さを強調してるようでしたね。

今回のスーパーマン役である若手のブランドン・ラウスも長身でイケメンとクリストファー・リーヴにも劣らない新スーパーマンっぷりを演じていたのではないでしょうか?ガッツリマッチョな肉体も全身タイツのようなスーパーマンの衣装で更に映えている。ついでに言うとマッチョな肉体は自分も憧れているのでなんか羨ましいですよホント・・・( ̄▽ ̄;)
後、ロイスの婚約者でリチャードと言う役をジェイムズ・マーズデンが演じていましたが、この人自分の中では『X-MEN』のサイクロップスしか印象に無いので、新鮮でもありましたが地味でもありましたね。それに何処となくジム・キャリー似ですし(笑


上映時間は長かったけど、個人的には全然飽きが無かったですね。単純明快なストーリーもヒーロー映画には付き物ですし、日本でも昔のウルトラマンや仮面ライダーがそうだったように、気兼ねなく楽しめるからファンも多いし、シリーズになったりと根強い人気を持つんだと思う。
自分もイイ年こいて未だに仮面ライダー好きですし、世代を超えて愛されるヒーローってやっぱり万国共通ですね♪

『スーパーマン リターンズ』公式サイト

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
ゲド 戦いのはじまり

【監督】ロバート・リーバーマン
【出演】ショーン・アシュモア/ダニー・グローヴァー/クリスティン・クルック/イザベラ・ロッセリーニ/アラン・スカーフュ/セバスチェン・ロシュ
【製作】アメリカ

【ストーリー】
多島世界アースシー。魔法が大いなる力を持つこの世界は、<平和の腕輪>と巫女たちの祈りの力によって平穏が守られてきたが、ある日その腕輪が割られてしまう。それを機にカルガド帝国は各地の侵略を開始する。一方、ゴンド島で鍛冶屋の息子として生まれたゲドは、魔法使いを志すものの、それを認めない父親に反目を抱いていた・・・


【コメント】
ジブリの『ゲド戦記』はあまり満足とは呼べない出来映えだったので、口直し的に今度はこのゲドを観たわけですが、やはりこちらの方が面白い・・・さすがホールマークはお金掛けてます( ̄▽ ̄;)

ジブリゲドは原作の3巻目を中心に描いた物語ですが、『ゲド 戦いのはじまり』は原作の1・2巻目である若かりし頃のゲドを描いた最初の物語。

鍛冶屋の息子だったゲドが大賢人オジオンに弟子入りし、魔法使いを目指すものの、自分の力に慢心し師匠にも反発するようになるといった展開を見ていると、スターウォーズのアナキンを彷彿としてるようでしたね。もしかしたらアナキンのルーツはこのゲドなのかも?(笑
後に魔法学校で魔法を学ぶものの、禁断の魔法を使用し、邪悪なる存在と呼ばれる『名なき者』を呼び出してしまい自身の影に追われる身となるゲドなんですが、アレンもそうだったように、若き日のゲドも同じ経験をしていたんですね。だからアレンにも親身になっていたんでしょうかね。

また、『ゲド戦記』では些か説明不足だったゲドとテナーの出会いもしっかりと描かれていたので、原作未読な自分もこれですっきり♪2人が長い時間を経てやっと出会えたシーンも感動的です。クモはさすがにいませんでしたけど(^^;)

ただ劇中で1つ疑問に思ったのはゲドの真の名前。『ゲド戦記』ではゲドが真の名前だったのに対し、本作では何故かハイタカが真の名前になっていました。これってばどっちなんでしょうね?どっちとも真の名前とかってやつなんでしょうか?(マテ
それとホールマークってB級にしてはスケールが大きくてVFXもふんだんに使っているのでボリュームがあって結構好きなんですけど、上映時間もそれに比例して長大。
2部構成みたいになっているので、全部で何と172分!3時間と殆どどっこいです。ぶっ続けで観るとなるとやはり『忍耐』と言うスキルが必要になってくるかも知れません・・(汗

自分と同じく原作未読の人は、ジブリゲドを観る前に『ゲドビギニング』のような本作を事前に観ておくと、もしかしたら若干見方が変わるかもしれませんね。自分も最初にこっちを観るべきでした・・

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪
劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE

【監督】石田秀範
【出演】水嶋ヒロ/佐藤祐基/里中唯/徳山秀典/加藤和樹/森下千里/小林且弥/虎牙光輝/武蔵/他
【公開日】2006/8.5
【製作】日本

【ストーリー】
1999年巨大隕石が地球に落下し、世界中の海が一気に蒸発。更に隕石と共にやってきた地球外生命体『ワーム』が地球に侵入してしまう。ワームの脅威から人類を守るため、秘密機関ZECT<ゼクト>はマスクドライダー・システムを開発し、ワームと壮絶な戦いを繰り広げていた。
しかし隕石落下より7年後。ゼクトは内部分裂を起こし、反乱分子<ネオゼクト>が誕生。事態は<ゼクト対ネオゼクト対ワーム>と言う三つ巴の様相を呈していた・・・


【コメント】※仮面ライダーカブトのみのレヴューです。
今日はいっちゃん早い時間帯(8時)で観に行ったんですけど、お子様の朝ってやっぱり早いですね~・・・自分の予想を遥かに超えた親子連れの群れ群れ群れ!!
同日上映の『NARUTO』とも時間が被っていた為か、朝一から長蛇の列で驚いてしまいました。

去年の『劇場版 仮面ライダー響鬼』はストーリーもぶつ切りみたいな感じだったし、アームドセイバーの無理やりさもあって、個人的に何とも不評な出来映えだったんですが、今回の『劇場版 仮面ライダーカブト』は、毎度お馴染みのオリジナルライダーに加え、シリーズ初となる宇宙空間でのバトルも登場。尚且つ『泣かせ』要素も含めてと、色々な意味でスケールが大きくて中々楽しめました♪

今回はワームとの戦いよりも、むしろライダー同士での戦いが主で何とも自分好み♪カブト、ガタック、ザビー、ドレイクのTV版ライダーをはじめ、劇場オリジナルのケタロス、ヘラクス、コーカサス計7人のライダーバトルは結構激しくて見応えがある(でもサソードはチョイ・・・(汗)
人物設定も若干変わっていて、加賀美とひよりが婚約者になってるし、ザビーも影山からパーフェクトハーモニーな矢車に変更されてて、これまた嬉しい♪ザビーはやっぱり矢車が良く似合う♪

そして劇場版の見所でもある主役ライダーの新形態は今回も健在。『ハイパーゼクター』なるものを装着したカブトハイパーフォームは、『虫』らしいフォルムが更に強調されててカッコイイ。ハイパークロックアップで遂に時空を超える能力まで身に付けちゃったりと、もう何でもありって感じですね(^▽^;)

後、個人的にもう1つ見所だったのがやっぱりこの人。K-1ファイター武蔵選手。
 

最強のライダー・コーカサスに変身する黒崎一誠を演じてるわけですが、普段のイメージとは全然違いますね。『白』統一の服装が何とも微妙(^▽^;)帽子もあんまり似合ってないし(汗
でも彼が自分で考えたと言う空手の型を模した変身ポーズは、格闘家である彼らしいポーズでカッコ良かったです♪


劇場版のストーリーは毎回TV版とは異なるパラレルワールドなものになっていますが、今回は最後の部分だけTV版と上手く繋がってるように見せていて納得できるラストでもありました。
確かにあの結末だと、何故マスクドライダー計画以前に天道がベルトを持っていたのかと言う謎も一応の説明が付きますし、観終わった後妙にすっきりした気分にもなってしまいました。でもTV版はTV版でまた違った真相があると思いますが、劇場版の結末でも充分いけるんじゃないのかな?と思った次第です。

『劇場版 仮面ライダーカブト GOD SPEED LOVE』公式サイト

FC2ブログランキング←FC2ブログランキングに参加しています。良ければクリックを♪

PAGETOP