MAKOTO

【監督】君塚良一
【出演】東山紀之/和久井映見/哀川翔/ベッキー/室井滋
【製作】2004年/日本

【ストーリー】
大学の法医学研究所に勤める監察医、白川真言(東山紀之)は、この世に想いを残して死んでいった者の霊が見えるという特異な能力を持っていた。
死者の想いを代弁し、仲間達と共に様々な事件の意外な真相へと近付いていく。突然死した幼女、絞殺された女子高生、飛び降りたはずの男・・死者達は残された者達へ想いを伝えるべく霊となって真言の前に現れる。
真言の妻・絵梨(和久井映見)もその1人だった・・・

【コメント】
『泣けるホラー』と言う割にはそれ程怖くも無く、そして泣きもしなかったのですが感動はしました。
劇中は様々なサイドストーリーを間に入れて、事故死した真言の妻が生前伝えられなかった想いを突き止めていくといった流れなんですが・・
『死人に口無し』と言う言葉がピッタリ当てはまるように、出てくる幽霊さん方は何も語らずただそこにボーーー・・と立っているだけ。(あるいは頷くだけ)
何かを伝えたいのに、真言はその想いを正に手探り状態で究明しなければならないため、時折見せる悲壮感と言うか苦労が良く分かり、そこらへんは感情移入しちゃいましたね。観てるこっちまで歯がゆくなってきます。
また、真言が死者の想いを代弁して真実を究明し、それを残された人々に伝えたとしても決して全てがハッピーエンドにはならないと言う所も一辺倒過ぎなくて◎
救われる者もいれば逆に知らなかったほうがいい真実を知ったために苦悩する者もいたりとラストに行き着くまでの物語も結構魅力的です☆

ただ、時折のシーンで音が以上にデカイ所等があって、そのシーンでのセリフはやや聞きづらいのが残念。
東山が扮する真言はどっちかと言えばそれほど明るいキャラではないので、声量も少し控えめな感じなのも合わさって聞き辛いセリフが少々ありました。

更に言うならラストのオチもかなり中途半端な感じ・・
ラストの手前、真言と妻の絵梨が再び再会(?)するシーンなんかは感動モノなのに、オチで総崩れさせてるような・・

やっぱり2時間と言う枠の中では、この作品の本当の良さを活かし切れないのでしょうかね~?
マモラ氏の同名コミックでドラマにもなった『きらきらひかる』と同じように、ドラマ化にすればもっとこの作品は『味』が出ると思うのは自分だけでしょうか・・・

映画館で観る分には、夫婦の方に多く観て欲しい映画でもありますね♪


※あ、↑で『それ程怖くも無く』と言いましたが、1箇所だけ怖い所・・と言うか思いっきりビビッた所が・・(汗
敢えて詳しくは言いませんが、これだけは1つ。

別所には気を付けろっ!!
 
ボーン・スプレマシー

【監督】ポール・グリーングラス
【出演】マット・デイモン/フランカ・ポテンテ/ブライアン・コックス/カール・アーバン
【製作】2004年/アメリカ

【ストーリー】
記憶を喪失したCIAのトップエージェント、ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)。連絡を断った事からCIAに命を狙われる身となった彼は、体が覚えていた戦闘術と抜群の知力を駆使して追ってをかわし、自分の正体を突きとめていった。
あれから2年・・ボーンは過去を捨て行動を共にする中で愛を育んだマリー(フランカ・ポテンテ)とひっそりと暮らしていた。
しかし、突然現れた殺し屋に襲われ彼女は命を奪われてしまう。辛くも窮地を脱したボーンは、全ての真実を知るため、ただ1人孤独に立ち上がるのだった・・・

【コメント】
007のような派手さが際立つスパイ映画と違い、マット扮するジェイソン・ボーンはどっちかと言えばあまり多くを語らず、そして記憶喪失な為に自分は誰なのかと日々苦悩する、孤独でそして寡黙なスパイ。
従来のスパイ映画と比べて何処と無くギャップ感じる作品なので、今回の続編も結構期待して観ちゃいました♪

しかし、今作は結構内容が複雑でした。前作復習してなかったら『?』マーク何個付いていたことか・・・(汗
前半は展開がややだるいですが、後々になってくるとジェイソン・ボーンの真骨頂とも言うべき、CIA諜報員としての華麗なる行動が出て来てどんどん面白くなってきます♪元トップエージェントとしてのその手際の良さはやっぱり『おお~♪』と魅了されてしまいます。
後半のトンネル内でのカーチェイスも凄く迫力満点。前作も結構アツイカーアクションが見所だったので、今回もその良さを前作以上に引き上げてくれた感じ♪

ただカメラが異様に『ブレル』ため、少し気持ち悪くなってしまったのが難点・・(^▽^;)ブレも前作以上?!(笑

アクション自体は少なめですが、それでもやっぱり個人的に好きな作品♪
最後もなんか意味深な終り方で、これは続編を期待してもいいって事なのかな?
原作も3部作って事らしいですし、今度のジェイソン・ボーンにも早くも期待大です!
 
THE JUON

【監督】清水崇
【出演】サラ・ミシェル・ゲラー/ジェイソン・ベア/ビル・プルマン/ケイディ・ストリックランド
【製作】2004年/アメリカ

【ストーリー】
東京の国際大学に留学しているカレン(サラ・ミシェル・ゲラー)は、同じ大学に通う恋人のダグ(ジェイソン・ベア)と、目にするもの全てが新鮮な日本での暮らしを楽しんでいた。
福祉を学ぶカレンは授業の一環として、ビジネスマンのマシューとその妻のジェニファー、そしてマシューの母親で軽度の痴呆があるエマの3人が暮らしている『ある家』に介護に行く事になる。

しかし、それは想像を絶する恐怖への第1歩に過ぎなかった・・・

【コメント】
02年に日本中を恐怖一色で染めた『呪怨』のリメイク版。
やっぱり怖かった・・・(;´Д`)
自分はオリジナル、劇場版、そして今作のハリウッド版を合わせると5回以上見てるのですが、ストーリーもそれ程(と言うか全然)変わってないのに、やっぱりカヤコとトシオくんが出るとビビるっ!!

ア”ア”ア”ア”ア”~・・・・・と言うカヤコ独特の声も相変わらずでまた耳から離れなくなってしまいました・・・(-_-;)
しかしハリウッド版のリメイクだと言うのに、舞台が同じ日本な為か、どことなく日本のホラー映画を観てるような雰囲気を受けそこは何だか個人的に面白い部分でもありました。
純和風な日本の家に外国人と言うテイストも、ギャップがあって良かったですし。

でも前述の通り、今作のリメイク版も日本版の『呪怨』とストーリー性にあまり変化が無く、新鮮味が薄いのが残念。外国ではウケが良かったのは認めますが、日本でこれまでの呪怨シリーズを見て来た人達にとっては演出にもう少し工夫が欲しかった所でもあるのでは?

一応変わっていた所と言えば、カヤコ(確か漢字では伽椰子)が夫の武雄に殺されてしまう動機でしょうかね。

教授役である大統領ことビル・プルマンが代わりに出てきて、日本版の真相を見事にぶっ壊してくれたのは斬新と言えば斬新ですけどね(^_^;)

続編ももうすでに製作が決定しているだけに、今度はもう少し変更点を多くして欲しいですね

『THE JUON-呪怨-』公式サイト
 
着信アリ2

【監督】塚本連平
【出演】ミムラ/吉沢悠/瀬戸朝香
【製作】2005年/日本

【ストーリー】
保育士の仕事をする傍ら、チャイルドセラピストの勉強を始めている杏子(ミムラ)は、恋人の尚人(吉沢悠)と会う時間も取れずにいた。尚人はカメラマンを目指し修行中。しかし2人はそれぞれの夢を追い励ましあっていた。
その日尚人のアルバイト先に向かった杏子はそこで薄気味悪い着メロを耳にする。
それは1年前に起きた、その着信を受けた人間は必ず死ぬと言う”死の予告電話”のメロディだった。呪いはまだ終っていなかったのだ。
やがて杏子の携帯にもあの不吉な着メロが流れ出し、杏子は恐怖にかられ始める。

一方、一連の死の着メロ事件を追うルポライターの孝子(瀬戸朝香)は、1年前水沼美々子の怨念が起こした事件との違いに気づき、その鍵が台湾にある事を突き止める・・・

【コメント】
かなり気だるさが残ったラストシーンで印象的だった前作なだけに、今回は一体どうやって繋げて行くのだろうと若干期待はしていましたが、なんか観終った後、前作よりもかなり気だるさが残りました・・

要所要所に出て来る展開と伏線にかなり無理矢理な感じが見え隠れしていますが、本来ホラー映画は『非常識』な展開は当たり前なので、突っ込むべきではないのですが、でもストーリー的に見ると『えっ?!なんでそこに○○があるの?!』みたいな突発的な辻褄合わせみたいなものが発生して、そこでちょっと期待感を削がれますね。

今作は大雑把なストーリー展開にすると、前半は日本編、そして後半は台湾編みたいな感じになるのですが、台湾編になるとなんだかガラリと内容が変わってしまう・・・
元々本作は『携帯から死の着信メロディが届くと必ず死ぬ』と言う都市伝説的な恐怖を描いたものであるにも関わらず、後半に入ると都市伝説と言うよりも『昔から言い伝えなれている~』みたいな伝承的恐怖に入れ替わってしまう。一本道なストーリー展開が駄目だったのなら、最初から『呪怨』のような無差別的恐怖にした方が良かったような・・・(-_-;)
それに終盤には何やら『リング』の井戸から貞子の遺体を発見して、その辛さと悲しみを共感するシーンに非常に酷似しているような場面が見られ、『またパクリか・・・』と思ってしまいました・・

まあこの作品、個人的に粗探しをすればかなり出て来る事とは思いますが、それでも良い点も幾つかは存在します。
前作でもそうだったのですが、無理なストーリー展開を除けば、ホラー映画の”キモ”みたいな部分でもある『脅かし』は今作でも◎です♪
主要キャラの後ろを音も無く過ぎ去り、ハッ!と後ろを振り向くとすでにそこには誰もいないみたいな脅かし方は、もう見慣れているので対して驚きもしませんでしたが、意表を突く場所からいきなり手がガバッ!と出てきたりする脅かし方は相変わらず慣れません・・と言うかその際に音が急にデカクなるので、もしかしたら自分はそれにビビッてるのかもしれません(笑


※でも出演しているピーター・ホー、相変わらず演技がぐでんぐでんです・・(-_-;)
『パラダイスロスト』の時とあまり進歩してないのでは?

仮面ライダーサイガも死の着信には勝てなかったと言うわけですか・・(・ロ・;)

PAGETOP