オペラ座の怪人

【監督】ジョエル・シュマッカー
【出演】ジェラルド・バトラー/エミー・ロッサム/パトリック・ウィルソン
【製作】2004年/アメリカ

【ストーリー】
1870年代のパリ。オペラ座では”ファントム”(オペラ座の怪人)の仕業とされる謎の事件が続いていた。
リハーサル中の事故でプリマドンナの代役を務める事になったクリスティーヌ(エミー・ロッサム)は、その初主演のステージで喝采を浴び、幼馴染のラウル(パトリック・ウィルソン)と再会する。
だがその喜びも束の間、クリスティーヌは仮面を被った謎の怪人・ファントム(ジェラルド・バトラー)にオペラ座の地下深くへと連れ去られてしまう。
クリスティーヌは、ファントムを亡き父親が授けてくれた『音楽の天使』だと信じ、密かに慕っていたが、地下の隠れ家で仮面の元に隠されたファントムの正体を知ってしまう・・・

【コメント】
先ず個人的な見解で言ってしまうと、自分はこの『オペラ座の怪人』と言うものは『名前は聞いた事はあるんだけど、ミュージカルなんかで実際に見た事は1度も無い』と言う経験を持つ者の1人であり、したがって今回のコメントは本場のミュージカルなんかで『オペラ座の怪人』を見た方にとっては「こ~の素人がっ!!」って思うかもしれませんが、了承してくださいませ・・・(汗

本場モノを見た事が無いので、今回の映画化が自分にとって初オペラ座(笑)なわけなのですが、衣装やら美術やら作曲家やら、もう凄い豪華絢爛。
この物語の象徴とも取れるシャンデリアが、最初にお目見えする時に使われていたあのフルオーケストラチックな音楽が、聞いてて凄い迫力があって個人的にメチャクチャ好きな音楽です。
全編通して映画・・と言うよりも殆どミュージカルそのもの。映画観に来たはずなんだけど、どことなくミュージカルも一緒に見てるような感じにもさせ、結構独特な演出でした。『シカゴ』なんかともなんか違う感じですし。
それにキャスト陣の吹き替え無しでの歌声(一部吹き替えとかそうでないとか)も本物顔負け?
でも素人目で見てるから、実際本場を聞いた人や、『それ』を職業にしてる人達から見ればやっぱりあの歌唱力でも『素人』なんでしょうかね~?

でも今回ミュージカルには無い映画だけのオリジナル要素も入れているって聞いたのですけど、これまたやっぱり本場ミュージカルを見てないので区別のしようがないのが残念・・(-_-;)

う~ん・・・・やっぱり本場を一度見てみたいですね。映画自体も面白かったので尚更♪
 
新暗行御史

【監督】志村錠児
【声の出演】藤原啓治/小林沙苗/宮本充/朴路美
【製作】2004年/日韓

■ストーリー■
いにしえの国、聚慎(ジュシン)に『暗行御史(アメンオサ)』と言う隠密要員がいた。
彼らは王の特使として秘密裏に地方を巡り、悪性を糾弾し、庶民を救う特殊官吏であった。しかし、その聚慎が滅んでしまった今、ひとりの暗行御史、文秀(ムンス)がこの乱世を流浪っていた。
迫り来る数多の悪や魑魅魍魎。暗行御史の証である”馬牌(マハイ)”を操り、護衛である山道(サンド)を得て真実を問い続ける文秀。彼が探していたのは聚慎を滅ぼしたひとりの男だった・・

■コメント■
日本文化開放政策が行われているお隣韓国で、来年には日本のアニメにも開放令が出され、その先駆け作品として日韓合同で製作された今作。

原作を見てない方等に分かりやすく言うと、韓国版の水戸黄門です。
そしてもう少し捻りを入れるなら腹黒い水戸黄門です(爆
山道と言う助さん格さんのような強い護衛をお供にし、紋所のような馬牌を高らかにかざして『暗行御史の出頭(おでまし)だ!!』と言う所など、結構日本の水戸黄門と酷似している部分がある、そんなアニメです。(史実ではあるのですが、原作はかなりアレンジされています)

自分もこの原作は凄く好きで毎回立ち読みしてるほどです(コラ
でも劇場版を観ると凄さ半分、そしてガッカリ半分といったところでしょうか・・
確かに志村監督も力を入れてると言っていた、馬牌から幽幻兵士(ファントムソルジャー)が召喚されるシーンはCGをフル活用していて凄いカッコイイ。
戦闘シーン等も結構スピーディな部分も多く、初の日韓合作にしては、従来のアニメにも追随をなす出来映えです。
しかしやっぱり個人的に気になったのは背景の粗さ
しょっぱい!!背景が凄くしょっぱいです!!
全部が全部駄目とは言わないのですが、それでもやっぱり粗い背景+キャラクターが被ると、どうしてもキャラクターの方が浮いてるようにも思えてしまい違和感を感じてしまいました。

もし・・・もしですが、来年には韓国でもジャパニメーション文化が開放されるので、もしまた今作の続編とか作るのであればっ!!今度は新海誠作品ばりの美しい背景をプラスして欲しいものです。


※でも文秀役に藤原啓治と言うキャスティングは非常に適役だと思う♪
『クレヨンしんちゃん』のしんちゃんパパの声とは180度変わって、かなりドスの効いた重みのある声がカッコ良かったです☆(密かに好きな声優さんですし)

『新暗行御史』公式サイト
 
オーシャンズ12

【監督】スティーブン・ソダーバーグ
【出演】ジョージ・クルーニー/ブラッド・ピッド/マット・デイモン/ジュリア・ロバーツ/キャサリン・ゼタ=ジョーンズ/アンディ・ガルシア
【製作】2004年/アメリカ

■ストーリー■
前作から3年。べガスで大金をまんまとせしめたオーシャン(ジョージ・クルーニー)とその仲間達だったが、その金を強奪されたべガスのベネディクト(アンディ・ガルシア)の怒りは未だ収まっていなかった。
その後オーシャンの仲間達を次々と見つけ、『利子付きで全額返済しなければ命は無い』と脅迫をするベネディクト。
金を準備する為世界を飛びまわるオーシャン達だが、ヨーロッパ最高の怪盗の挑戦状、更にはユーロポール(欧州警察機構)にまで追われ、表の世界でも裏社会でも国際指名手配にされてしまう。これまでに無い窮地に陥ったオーシャンズに最大の危機が訪れようとしていた!

■コメント■
前作よりもこれまた豪華~~なキャスティグではあるのにも関わらず、内容は前作よりも凹んでしまっているのがかなり痛い・・・(-_-;)
『11』の時のような華麗な強奪計画とは打って変わって今度は借金返済映画と成り果ててしまっている。
前作を見ているだけにこの落差は正直ちょっと残念でした。

ただ、出演陣だけは今回もやたらドリームキャスト♪
『ターミナル』でスッチー姿が久しいゼタ=ジョーンズ、今回やけにダンディズムなヴァンサン・カッセル♪
そして意外といえば意外すっかりスキンヘッドがトレードマークになってしまっているあの俳優まで友情出演と、この豪華絢爛さは他の映画でもそうそう無いとは思います。

でもこの映画、個人的に面白いと思える所は内容じゃなくオーシャンズ達の会話や『やりとり』が結構笑えちゃいました。
中でも今回も”プロ見習い”扱いのマット・デイモン扮するライナス。
オーシャンやラスティーに自分を認めてもらおうと、必死にアプローチしたり慌てふためいたりと、四苦八苦する行動は笑いを誘ってくれます。
これ見た後『ボーン・スプレマシー』観たらかなりギャップ感じるとは思いますね(^m^*)♪
  
雲のむこう、約束の場所

【監督】新海誠
【声の出演】吉岡秀隆/荻原聖人/南里侑香/石塚運昇/井上和彦/水野理紗
【製作】2004年/日本

■ストーリー■
日本が南北に分断されたもう一つの戦後の世界。米軍統治下の青森の少年・藤沢ヒロキ(吉岡秀隆)と白川タクヤ(荻原聖人)は同級生の沢渡サユリ(南里侑香)に憧れていた。
彼らの瞳が見つめる先は、彼女ともう1つ。津軽海峡を走る国境線の向こう側、ユニオン占領下の北海道に建設された巨大な『塔』。何時か自分達の力で『塔』まで飛ぼうと小型飛行機を組み立てる二人。
だが中学三年の夏、サユリは突然東京に転校してしまう・・言いようの無い虚脱感の中、うやむやの内に飛行機作りも投げ出され、ヒロキは東京、タクヤは青森の高校へとそれぞれ別の道を歩き始めるが・・


■コメント■
やっとこさ、自分の地元にもやってきました♪今回も前作の『星のこえ』同様、音楽以外原作、脚本、監督、撮影、編集、美術に到るまで全て新海氏が手掛けた今作。
初長編作品(90分)なので期待も膨らみましたが、見終わった後なんだか90分とは思えないくらい時間が長く感じられました。そのくらいのめり込んでいたと言う事でしょうか?
自分の地元である青森が舞台なだけに『あれ?もしかしてここって○○じゃない?』と地元っ子だけにしか分からない反応w
しかしストーリーはどっちかと言えば、内容を理解するのに最初かなり戸惑ってしまった。
要所要所で語り部的な会話が盛られているが、これは個人的に理解に苦しんだ・・(-_-;)(自分だけか?)
でも内容はそれとしてやっぱり背景や色彩に関しては今回もかなり力が入っています。自分はそっちの方に目がいっちゃいましたけどっ

しかし、もう1つ欲を言うならば・・・やっぱり舞台が青森なだけに、方言である津軽弁にも力を入れて欲しかった
青森なのに標準語っていうのはどうも・・・(汗)架空な世界観だから標準語な青森って言うのもありかもしれませんが、でもちょっとだけ違和感もの。
やっぱり津軽弁は難しかったかな~・・津軽弁が分からない人の為に字幕付いても別に良かったのですが・・(^_^;)(苦笑

『雲の向こう約束の場所』公式サイト
 
カンフーハッスル

【監督】チャン・シウチー
【出演】チャン・シウチー/ユン・ワー/ユン・チウ/ブルース・リャン
【製作】2005年/中国

■ストーリー■
文化革命前の中国。強大な権力や悪が横行し、大多数の貧しい人々が相対する不安な時代、強くなる為に悪を目指す街の負け犬チンピラ・シン(チャン・シウチー)は、期せずして華やかで冷酷非情なギャング団『斧頭会』と、日々を誇り高く生きる普通(?)の住民達との戦いに巻き込まれるが・・・実は彼らは、かつてカンフーを極めた史上最強の達人達であった!

■コメント■
口では言いませんでしたが、心の中ではほくそ笑み浮かべながら『ありえね~』と言ってしまった自分・・・(^_^;)いやいや、チャン・シウチーの思惑に見事にはまってしまいました(笑
全体的に見ると、前回の『少林サッカー』と比べ笑いは結構抑えられていますが、それでもププ・・(^m^*)と吹いてしまう所もあります。(特に大家夫婦の喧嘩は凄く笑えた♪)
今回はカンフーが主体な為か、その笑いも若干抑えたと言うのならば致し方ないですが・・・
でもそのカンフーのアクションは凄いスピーディー且つ迫力満点♪ユエン・ウーピンとサモ・ハン・キンポーをアクション指導に迎えただけあって、正に折り紙付きのアクションシーンばかり。

キャラも若手と言うか、メッチャクチャ”濃い”キャラばかりで、その中でもやっぱり大家夫婦が一番イイキャラしてますね☆ああいうキャラ好きです。

ただ、主人公シンと思い出の彼女とのロマンスみたいなものが薄くて、そこをもう少し劇中で強くして欲しかったな~・・と言うのが本音。
でも別にそのシーンが無くても、この映画90%以上アクション映画なので、かえって蛇足かも・・・

元旦公開映画としては(と言うか元旦に公開される映画なんて滅多にありませんが)、この映画は当たりかもしれませんね☆
是非『ありえね~』と言って欲しいです。(⌒ー⌒)

『カンフーハッスル』公式サイト
 

PAGETOP