ジョン・ウィック:パラベラム



【監督】チャド・スタエルスキ
【出演】キアヌ・リーヴス/ハル・ベリー/イアン・マクシェーン/ローレンス・フィッシュバーン/マーク・ダカスコス/ランス・レディック/エイジア・ケイト・ディロン
【公開日】2019年10月4日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
裏社会の聖域:コンチネンタルホテルでの不殺の掟を破った伝説の殺し屋、ジョン・ウィック。全てを奪ったマフィアへの壮絶な復讐の先に待っていたのは、裏社会の秩序を絶対とする組織の粛清だった。1400万ドルの賞金首となった男に襲いくる、膨大な数の刺客たち。満身創痍となったジョンは生き残りをかけ、かつて“血の誓印”を交わした女、ソフィアに協力を求めモロッコへ飛ぶ。しかし最強の暗殺集団を従えた組織は、追及の手をコンチネンタルホテルまで伸ばしてジョンを追い詰めていく・・・。
 
【感想】
初志貫徹な復讐心、そして銃と体術を巧みに使い分ける超絶アクション『ガン・フー』によって今では世界中のファンを魅了するシリーズとなったアクション作品『ジョン・ウィック』。御年55歳という年齢を感じさせないキアヌ・リーヴスの演技なども作品を重ねるごとに驚かされてしまい、本作でもその身体能力は健在といった所でしたね^^・・・まあお話の方は一作目のように『愛犬を殺されたのでマフィア共に復讐します』といった自分の大好物である単純明快さこそもう鳴りを潜めてしまったものの、ただその分闇の世界の事を前作以上に深く知る事が出来るようにもなっていたので、それはそれでまた見応えがあったと思える次第。

聖域内での殺人というご法度をしてしまった事で今度は逃亡者の身となってしまった本作ではチャプター2でのあの最後から間を置かずでもあったので、その前作での切迫感をそのまま維持したままのスタートはタイムリミットが刻一刻と迫るジョンの焦りも伝わって自分も冒頭からドキドキしながら観る事が出来てとても面白かった♪今回ジョンは追放処分になってしまったせいで前作以上に支援の後ろ盾がないため、その危機的な状況を持ち前の身体能力と暗殺スキルをフル活用しながら多くの刺客達の襲撃を掻い潜っていく様なんかはやはり見事という他はなく、また逃亡の過程で面会となる新しい人物たちにしてもまるで一筋縄では行かない面々ばかりで、ジョンとは過去の因縁も深い分そのやり取りも非常にピリピリしているから、どこか満足のいく安心感を与えてくれないのも正直観てて結構辛いとこでしたね^^;(汗
・・とはいえ協力をとりなすとやはり心強いことこの上なくで、本作においては特にハル・ベリーが演じていたソフィアが個人的にとても強烈な印象を与えてくれた気がします。まあジョンとの因縁こそあの血の誓印で繋がってるといった断片的なもので劇中だと残念ながら口頭のみの語りではありましたけど、それでも戦闘においてはジョンに負けず劣らずなガン・フーアクションを炸裂させますから素晴らしいの一言であり、寄り添う愛犬2匹も合図で敵にけしかけさせ攻撃したり援護させたりと、彼女のアクションシークエンスはまるでゲームでよく目にするそのもの。侍〇のガ〇〇ォードとかを思い出してしまったので自分もとてもお気に入りになりましたが、スポット参戦のような立ち位置だったのがちょっと勿体ない感じにも見えてしまったのでした。

勿論キアヌ・リーブス扮するジョン・ウィックのガン・フーも言わずもがな圧倒されましたし、まるでリズミカルにキリングしていくそのアクションシーンはもはや芸術の域にまで来ていますね。前作以上にアクションが豊富かつ多彩、そして思わずププッとさせるユーモアも盛り込まれたので、観た人それぞれのお気に入りの1シーンとかも絶対ありそうな気がする(個人的には前半のナイフ投げ合戦w)。チャド・スタエルスキ監督もキアヌのスタントマンを演じた過去の経験があるからこそ、彼を良く魅せ、そして限界を超えたアクションもどこまで出来るかを熟知してるんでしょうねぇ。なので今回も素晴らしいアクションの数々にはとても満足♪
逃亡の果てに迫られた非情な決断も、結局は長年と培った厚い信頼を屈する事は出来ずこれまたお約束の大立ち回りが展開されたりするのも好きでしたが、けどまさかお話もまだまだ尾を引くものだとは思わずで、最後はやや苦笑気味に^^;・・即興(?)の策とは言えジョンもオーナーに突然撃たれて怒り心頭なので、次の復讐の標的も主席連合の前にウィンストンだとも思っちゃうのですが、さて4作目はどうなるでしょうかね?

6 Comments

ノルウェーまだ~む  

ハル・ベリー

メビウスさん☆
ハル・ベリーとワンちゃんが大活躍で、私もあそこ大好きです。
そして血の誓印の繋がりだけなので、砂漠では簡単にあばよって感じなのもクールでしたね。
スピードアクションでだんだんズタボロになっていくキアヌが気の毒になってくる私でしたが、色々なフーは確かに芸術的で見事でした♪
4作目どうなるんでしょう??少なくとも傷をちゃんと治してほしいです(笑)

2019/10/20 (Sun) 00:29 | EDIT | REPLY |   
メビウス
メビウス  

ワン(犬)・フー

>まだ~むさん♪

ジョン・ウィックの共闘シーンは珍しいのであのモロッコでの大立ち回りは自分も大好きでしたし、ハル・ベリーのガン・フーとワン・フー(笑)の組み合わせも最強ですね^^中盤までの出演だったのが残念でしたが、でも最後まで鑑賞して四作目が確定的だと分かると彼女のあっさりな感じもどこか納得できます。
次もまたカッコイイガン&ワン・フーを見せてくれるに違いありません。

2019/10/20 (Sun) 21:33 | EDIT | REPLY |   
ここなつ  

こんにちは。

こんにちは。
流石にキアヌのアクションは凄かったです。ただ、てんこ盛り過ぎて少々お腹いっぱいになってしまいましたが。
私は個人的には、コンチネンタル・ホテルや血の誓いをはじめとした殺し屋家業の掟が好きなので、それが次々と破られていくのはちょっとショック(笑)。

ところで、幣ブログの「アド・アストラ」の所に何故かメビウスさんの本作のTBが張られています。

2019/11/05 (Tue) 10:23 | EDIT | REPLY |   
メビウス
メビウス  

凄いやり過ぎ

>ここなつさん♪

TBの件はご迷惑をおかけしました(汗

前回よりもキルカウント数は明らかに伸びてますし、大立ち回りのシーンでは数秒に1キルの感じだったのでお腹は早い段階で膨れちゃいますよねw特に中盤でのハル・ベリーとの共闘はやり過ぎなくらいでした^^;

主席連合が定める組織の掟は闇の世界らしい厳格さがあって好きでしたけど、裁定人の登場でその徹底さが少々不和を生じさせているようでもありましたね。次回作はジョン以外にも反旗を翻す人達が多そうな気もします。

2019/11/10 (Sun) 21:02 | EDIT | REPLY |   
SGA屋伍一  

ジョンさんもモーフィアスさんも最後は「なんで生きてんのー!?」とつっこみたくなりました(笑) でもまあ生きててよかったw 二人とも仲良くマトリックス4でも活躍してほしいですねー

2019/11/14 (Thu) 23:02 | EDIT | REPLY |   
メビウス
メビウス  

斬られたのに・・

>SGAさん♪

ジョンさんはともかくモーフさんは7回も斬られたのになんで生きてんの?!でしたね(笑)まあ斬られましたけど、思いの他皮下脂肪が厚かったんじゃないかと思うようにしましょう^^;

そういえばマトリックス4は前日譚でしたっけ?キアヌさんは出番少なそうにも感じるのですけど・・(汗

2019/11/18 (Mon) 20:46 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

2 Trackbacks

この記事へのトラックバック
  •  「ジョン・ウィック:パラベラム」
  • ジョン・ウィック。職業、殺し屋。愛する女と共に暮らす為に業界初の引退を敢行した。だが、その妻が死に、悲しみに暮れていた時に妻から遺された愛犬を悪徳ぼんぼんに殺され、復讐の鬼と化す。復讐の為だけだったはずの殺しは、坂道を転がるように加速度的に増えて行き、遂には中に入れば殺しはご法度の、殺し屋が集うコンチネンタル・ホテルで禁を破り、ムカつく相手を殺してしまう。その時、掟を破ったジョン・ウィックに...
  • 2019.11.05 (Tue) 10:18 | ここなつ映画レビュー
この記事へのトラックバック
  •  ジョン・ウィック:パラベラム
  • キアヌ・リーブスが伝説の元殺し屋に扮し、銃とカンフーを融合させた「ガン・フー」や車とカンフーを合わせた「カー・フー」など、これまでにないアクション要素を盛り込みヒットした「ジョン・ウィック」シリーズの第3弾。監督は前2作から続投のチャド・スタエルスキが担当。イアン・マクシェーン、ローレンス・フィッシュバーンら前作からのキャストに加え、オスカー女優のハル・ベリーが謎の女ソフィア役で出演。あらす...
  • 2019.11.06 (Wed) 19:09 | 映画に夢中