【監督】パティ・ジェンキンス
【出演】ガル・ギャドットダイアナ/クリス・パイン/ロビン・ライト/ダニー・ヒューストン/デビッド・シューリス/コニー・ニールセン/エレナ・アナヤ/ユエン・ブレムナー
【公開日】2017年8月25日
【製作】アメリカ

【ストーリー】
ワンダーウーマンが生まれたのは、女性だけが暮らすパラダイス島。ダイアナ(ワンダーウーマン)はその島のプリンセスだった。ある日、不時着したアメリカ人パイロットを助けた事から、外の世界で戦争が起きていることを知る。彼女のは自身の力で世界を救いたいと強く願い、二度と戻れないと知りながら故郷を後にする。そんな彼女は初めての世界で何を見て、何のために戦い、そして何故戦士へとなったのか・・・。
 
【感想】
自分はDC作品がちょっと苦手・・・というより、あんまり面白くないシリーズという印象が先行しておりまして、それはMCUのように作品を連動させていく腹積もりがあるとこなんかにも個人的な懸念を示してるってのもありますが、『マン・オブ・スティール』から始まって『バットマンvsスーパーマン』、そして『スーサイド・スクワッド』と一応一通りの鑑賞はしてるものの、自分のツボにハマッたのが今の所『マン・オブ~』しかないもんですからやっぱし少し不向きかも・・なイメージも拭えないんですよねぇ。だから本作も正直観なくても良いかなという気持ちも当初無きにしも非ずでしたが、そういった食わず嫌いをしなくて良かったかなという気持ちに変換されたのが鑑賞後の感想でもあったり(汗)。最強美女戦士ダイアナ=ワンダーウーマンの大活劇、想像してたよりも面白かったですね。

DCエクステンデッド・ユニバースでしたかな?^^;・・・の枠組みとしてだと4作品目に該当する本作ですが、その内容は2作品目の『バットマンvsスーパーマン(以下BvS)』で初登場し活躍したワンダーウーマン、彼女の前日譚のようなものになっていましたね。これMCUとかだとある程度単独作品が公開された後にアベンジャーズのような集合作品が作られたりしていますけども、なんかDC作品側の方は集合作品の方を先に作ってからこういった単独作品に持って行ってるようにも見えますね?マーベル作品とは真逆なスタンスにも思えてどこか対照的でもありますね。
・・で、その前日譚的なワンダーウーマン始まりの物語ですが、上記の通りなかなか面白かった♪彼女の事はBvS以前だと名前とその容姿くらいしか知らなかったので、その強さの元や彼女の生い立ち、そしてBvSにどのように繋がるのかというのも含めて興味深く観れた点は沢山あったと思う。まあBvSでは彼女の超人的なパワーばかりが際立っていたのでそれが魅力にも見えたのですが、本作ではそのパワーだけじゃなく人間の世界の事を全く知らないダイアナの言動の数々・・・その良く言えば純粋で悪く言えば無知な所が本作を面白く観る事が出来た要因の一つでもあったかもしれない。
ほぼ隔離されたような環境で育ったがゆえに人間の世界での彼女の一挙手一投足はまさしく箱入り娘のそれであって、観ててかなりユーモアに溢れてもいたんですよねぇ。アクション時は眼光もするどくクールなイメージも定着していたので、その世間知らずさや大胆さでスティーブを常にヒヤヒヤさせるやり取りなどは見ててとてもコミカルで楽しかった。
一方で女戦士一族としての誇りや正義感も人一倍強いため、見慣れぬ世界への不安や恐怖よりも諸悪の根源である軍神アレスの討伐にも燃えるダイアナなのですが、その考えというか行動目的はどこか子供に近いものがあり、アレスを倒せば戦争が無くなるとかアレスを倒せば平和になるという極めて単純な思考で突き進んでもいくんですよねぇ、困ったことに^^;当然戦争も、そして世界もそんなに単純なものではなく、大将を倒してはい終了ともならなければ、大きな目的のための小さな犠牲なども彼女にとっては理解し難い状況ばかり。あまり多くを学ばず過酷で非情な戦争の只中にすぐその身を投じた事にもよって、人間の醜悪さや理不尽な現実を直接感じ取ってしまい、結果自分の中の正義が揺らいでいく後半部はユーモアを交えていた前半とはまた違ったシリアスさや感動、そしてアレスとの迫力のバトルもあったりでこれまた見応えがあり、またそのアレスとは逆に人間の良心や愛を説きダイアナを立ち直らせたスティーブも最後まで良い仕事をしてて好印象でしたね。・・・と言いますか、今年に入ってなんか『愛する者のために身を賭してなんちゃら~』的な展開で最後を盛り上げる作品多い気がしますねぇ?こんなに立て続けだと飽きるもんだとも思うんですが、それでも相変わらず涙腺を刺激されるのは自分が涙脆くなってしまったのかはたまたクリス・パインが好演だからなのか・・?なんにせよ本作でもかなりグッときちゃいましたねw


とまあ人間の良い部分も学んだけどそれと同時に悪い部分なども目の当たりにし、更には最愛の人も失ったりと、BvS以前の彼女の物語は結構波乱に満ちていた事が分かりましたし、またこうした経験もしたからこそでしょうか、そのBvSの方でもなんだか最初戦うことに対してあまり協力的な姿勢じゃなかったのも、本作を鑑賞したことで大分想像の出来る限りにはなりましたね。パズルのピースがはまるような『なるほど』的な描写も多かったので、やはり観て損は無かった感じ。アクション面に関しても女性が終始これほど豪快かつ優雅にスクリーンで暴れまわるのも珍しいような気がしましたし、個人的にはダイアナの故郷の島の海岸でドイツ軍とアマゾネス達が大立ち回りをするシーンがとても好きっ♪スローを多用したアマゾネス達のダイナミックなアクションがとても美しかったですね^^
『ジャスティス・リーグ』の方でもダイアナの勇姿がまた見れるようなので、そちらもちょっと期待が膨らんできたかな?
 
予想外に面白かった。「予想外に」なんて書くと、全てのDCファン、アメコミファンから袋叩きに遭うのかもしれないが、個人的な思いとして、もうDCやマーベルのアメコミ系はいっかなー、と思っているもので。だから、確か「スーサイド・スクワッド」でだったと思うけど、ラストにワンダーウーマンが出てきて観客から歓びの声が上がる、なんて現象にはちっともノレなかったし、美しきアマゾネス戦士にも大して興味もなく、...
シュメール語を理解できる貴重な女性を前線に送っちゃダメ・・・
人間社会との接触が全くない孤立した女性だけの一族のプリンセスとして生まれた女性戦士ワンダーウーマン。 彼女は地球最高レベルの強さと美しさを兼ね備えており好奇心旺盛だが、外の世界を一切知らず、男性を見たことすらなかった。 ある日、彼女は浜辺に不時着したパイロットを助ける…。 女性スーパーヒーローアクション。
<DCフィルムズ>という日本独自の呼び名は一向に定着しないようなので、改めて<DCEU>と呼びますが、それの第三弾!「バットマンVSスーパーマン/ジャスティスの誕生」で鮮烈なデビューを飾ったワンダーウーマンのオリジンを描く、単独主演作がこちらです。この第三弾という表現にも馴染めなくて、「マン・オブ・スティール」、「バットマンVSスーパーマン」、「スーサイド・スクワッド」に続く4作目だろ?!…...
こんなにボディラインはっきりのスーツで、優雅に舞いながらアクションを華麗にキメて、クールビューティーな美人がバッタバッタと男性を倒していくんだから、そりゃもう男性陣はたちまちノックアウトでしょう?
ガル・ガドット、かっけー。
NY渡米時にちょうど公開されていたが「どうせアメコミヒーロー物」とスルー。 というのは、もうMARVELでさえウンザリ! なのに、DCコミックス物。 「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」はどうみても クソ映画(笑) そっち系統なので、あっさりとパスしたのだ! そしたらすこぶる評判が良く、少々後悔。 で、さっそく(笑) 主演のワンダーウーマンを演じ...
ここんとこ女性のアクション映画が目白押しですね。主人公は女性ではありますが相手役スティーブ(クリス・パイン)の無精髭に★を進呈して5点満点の4★★★★です。 <公式サイトはコチラ> ハリウッドの女性アクション映画に美しい動きを期待するのは無理なのかなぁ、という気持ちで臨みました。 まぁだいたい予想通りCGバリバリでどこまで本人の動きなんだか、という感じだったんですけど。...
女神の降臨!DCの逆襲! DCエクステンデッド・ユニバース3作目 『ワンダーウーマン』 ~あらすじ~ 人間社会から孤立した女性のみの一族のプリンセスとして生まれたワンダーウーマン(ガル・ガドット)は、自分が育ってきた世界以外の環境を知らず、さらに男性を見たこともなかった。ある日、彼女は浜辺に不時着したパイロットと遭遇。彼を救出したことをきっかけに、ワンダーウーマンは身...
【解説】 『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』にも登場した人気キャラクターで、美女戦士ワンダーウーマンを主人公にしたアクション。女性だけの一族出身で男性を見たこともないプリンセスがたどる運命を描く。ワンダーウーマンを演じるのは『ワイルド・...
とにかく、ほとんど何の事前情報もなしに観た。 もちろんDCコミックスの世界観のなかでのお話で、「ジャスティスの誕生」に登場した魅力的なワンダーウーマン(ガル・ガドット)が再登場するとか、やけに北米をはじめとした全世界で大ヒットしているとかいう事情はさすがに承知。 でも、おかげで大好きなロビン・ライトが女性だけの国アマゾンの将軍アンティオペ役でいきなり現れたのにびっくり。おまけに、「グラデ...
 『ワンダーウーマン』を、渋谷シネパレスで見ました。 (1)評判が良さそうなので映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、本作の主人公のダイアナ(ガル・ガドット)のモノローグ。  「世界を救おうとしたあの頃、世界は美しかった」「しかし、私は何も知...
人類が争いをやめないことについて、深く考えさせられた。

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

こんにちは。メビウスさんの冒頭の感想(鑑賞基準?)、私もほぼ同じことを感じていたので
=自分はDC作品がちょっと苦手・・・というより、あんまり面白くないシリーズという印象、
この記事を拝見してすごく嬉しく。私も本作はとても面白かったので!!ホント、観て損は無かったです。
それにしても、ガレ、美しかったです!!

100年前

そんなに不老長寿なのか~と驚き、
それは粘土で出来ていたからだと納得。
これからも活躍するワンダーウーマンの生い立ちを知る上で
重要な映画だったと思います。
これからも応援したいと思ってます!

リアルワンダーウーマン

>ここなつさん♪

DC作品は個人的にちょっと出だしでつまづいちゃってるのが目立っていたので、必然的にネガティブなイメージを持っちゃったのですけど、本作はその自分の中の悪いイメージを払拭する面白さが確かにありましたね。
主演のガル・ガドットも美しく強かったですし、聞くところによると彼女は母国で兵役経験も持ってるらしいので、正にリアルでもワンダーウーマンといった感じですねw


>kossyさん♪

彼女が何十年経っても若さを保っていたのは、やはり神様の血を受け継いでいるからなんでしょうねぇ。『バットマンvsスーパーマン』観た時はどうなってるの?と疑問にも思いましたが、本作はそんなダイアナの色んな素性を知る上でも確かに見応えがあった作品だったとも思いますね^^

ジャスティスも楽しみ

メビウスさん☆
私もこのところ低迷気味のヒーローものなので、見ないで済まそうと思っていたら案外面白かったですよね。
スローを多用して迫力のアクションシーンも素晴らしかったし、何より凛とした美しさとアクションの完璧さと純真無垢が同居するダイアナは女性が観てもとっても魅力的でした。

優雅

>まだ~むさん♪

自分もDC作品だからまたイマイチかなぁと決めつけていた部分もあるので、素直に反省ですね^^;
ワンダーウーマンのアクションは派手な所もありましたが、それと同時に女性ならではの優雅さも見受けられたので、カッコイイの他にどこか美しいと思える所もあった気がしましたね。あとちょっと世間知らずなダイアナの姿も確かに魅力でしたねw

アクション(動き)の美しさ

こんにちは。
拙ブログにコメント&TBをありがとうございました。
ガル・ガドットという人は動いている方が美しいのかな、と思いました。
ネットで探してみたら静止画のロクなのがないんですよねぇ。
それだけ彼女がエネルギーに満ち溢れているということなのかも。

こんにちは!

コメントありがとうございます!

そっかー、メビウスさんもDCちょっと苦手でしたか?
僕もです(笑)ぶっちゃけ面白いものが少ないんですよね~。
でも今作はホント、良かった。マーベルに比べると地味ですけど
それでも彼女が魅せてくれたっ!って感じです。

ある程度認知してからの方が・・

>ケフコさん♪

自分も正直な所、ガル・ガドットが動いてる・・と言うか出演作品を観たのは多分このワンダーウーマンを演じてるDC作品関連だけなので、やっぱり観ててかなりパワフルな女優さんというイメージがありましたね。調べたらワイルドスピードシリーズにも出演してるそうなのですが、ワイスピ一度も見た事がないので全然分からなかったですね(笑
まあともあれ、サラ・コナーのように強い女性は自分も好きですw


>タケヤさん♪

自分マーベル作品群の流れをずっと見て来たせいか、単独作品で先行せずいきなり全員集合のような作品を公開するDC作品にイマイチ乗り切れなかったんですよねぇ。スーサイドスクワッドがいい例でして、よく知ってるヴィランがジョーカーのみでしたからあとの奴ら誰だよって感じに(汗
やっぱり個人的にはある程度キャラクターやその背景を認知してからオールスターモノは観たいので、DCも出来ればそういう作りをして欲しいんですけどねぇ・・^^;

箱入り

世間を知らない箱入り娘、的なところはユーモアを生むポイントでしたね。
アクションすれば、かっこいいし、もー、惚れてまうやろで、次の作品が楽しみです!

ちょっと新鮮でもありで

>ボーさん♪

マーベル側にもダイアナのような世間知らずなヒーローはいなかった気がしましたので、そこもまたちょっと新鮮で面白く観れた点だったかもしれませんね^^
次に彼女が出るのは11月の『ジャスティス・リーグ』らしいので意外にお早い再会wさすがに世間知らずな面は改善されてるでしょうね(笑

PAGETOP