【監督】伊藤智彦
【声の出演】松岡禎丞/戸松遥/伊藤かな恵/竹達彩奈/日高里菜/高垣彩陽/沢城みゆき/平田広明/安元洋貴/山寺宏一/神田沙也加/井上芳雄/鹿賀丈史
【公開日】2017年2月18日
【製作】日本

【ストーリー】
2022年。天才プログラマー・茅場晶彦が開発した世界初のフルダイブ専用デバイス≪ナーヴギア≫。その革新的マシンはVR(仮想現実)世界に無限の可能性をもたらした。それから4年・・。≪ナーヴギア≫の後継VRマシン≪アミュスフィア≫に対抗するように、一つの次世代ウェアラブル・マルチデバイスが発売された。
≪オーグマー≫。フルダイブ機能を排除した代わりに、AR(拡張現実)機能を最大限に広げたその最先端マシンは、覚醒状態で使用することが出来る安全性と利便性から瞬く間にユーザーへ広がっていく。その爆発的な広がりを牽引したのは、≪オーディナル・スケール(OS)≫と呼ばれる≪オーグマー≫専用ARMMORPGだった。アスナたちもプレイするそのゲームにキリトも参戦しようとするが・・・。
 
【感想】
累計発行部数1900万部以上を記録したというライトノベル小説を原作とする本作は、VR(仮想現実)などがとても身近となった近未来のゲーム内で起きる様々な事件を描いている内容となっており、自分もテレビアニメの第二期が始まる前に職場の後輩くんの勧めで一期の方を後追いの形で鑑賞したのが確かこの作品のファーストコンタクトと記憶しています。・・とはいえ今でも見事なにわかであることには変わりないんですが、自分もこのソードアート・オンライン(以下SAO)はハマったアニメ作品だったので今回の劇場版も密かに楽しみにしていた者の一人ですし、まあ予め予習とかもしてはいませんでしたがそれでもやはり楽しめる内容にはなっていましたね。

原作の方は未読ではあるものの、少なくとも自分が以前見てたテレビアニメの方では主にVR機能を用いたオンラインゲーム内での物語となっていましたが、本作ではそのVRゲームでは無くAR(拡張現実)を用いた現実世界でのゲーム体験となっているのが特徴的で、日本でもこのAR機能を用いたゲームと言えば昨年とても話題になった『ポケモンGO』が良い例ですね。実際本作に出てくるオーグマーと呼ばれるデバイスで行うゲーム『オーディナル・スケール』も、特定の場所に直接行ってそこに出てくるモンスターを倒していくみたいな流れが似通っていたようにも見えましたけど、同時に見慣れたあのフルダイブVRとは随分異なる違和感めいたものも途中で思いはしましたが、それでも進行に連れて物語の方もテレビアニメで見た時のようなあのゲームであってゲームじゃない不穏な雰囲気がじわじわと出て来るんですよねぇ。
それににわかなれど一応二期までちゃんと見まして、テレビアニメの中だと二期のファントム・バレット編とかが自分は結構好きだったんですが、劇場版の本作もそのファントム・バレットと少し似てる感じが見受けられた気がしましたね。かつてキリト達が体験したSAO内での出来事やプレイヤーとの因縁が巡り巡って別のゲームで再び絡み合っていく展開が自分も好きなとこでして、キリト達のように生還したSAOサバイバーもいれば、残念ながらゲーム内で犠牲となった人達もかなり多かったので、その犠牲となった人達・・まあちょっと言葉を悪くするとモブキャラというか、要は外様で名前すらも覚えてもらえないような人達にもちゃんとドラマが存在していたっていう、『ローグワン』よろしくなアナザー的部分が垣間見れたのが今回観てて面白かったかなと♪

あとSAOと言えば色んなオンライゲームで繰り広げるストーリーだったりもすれば、キリトを始めとしたキャラクターだったりと魅力を感じる所は見た人それぞれにあると思いますが、個人的にSAOの見所と言えばやっぱりキリト無双が見れるとこだったりしますね(笑
一番最初のSAO時代の『黒の剣士』時が一番強かった感じもするんですが、それでもやはり主人公だからかその後の色んなオンラインゲームでも『勝手が違う』と最初は言いつつも最終的には無双状態になってるからそれもまた面白いんですよね。少なくとも自分はそれが結構ツボにハマってた^^;
でも主人公をメチャクチャ強くしたいってのはゲームを遊んだ事がある人なら多分分からないでもない気持ちじゃないかなとも思いますし、それを体現しているキリトの活躍は本作でもまた健在。最終的には黒の剣士にもなりますし、ラストバトルも迫力があって圧巻でしたね。若い子たちの『凄ぇ』っていう声が少し漏れていたのも聞き逃しませんでしたし本当にその通りでもあると思ったのですが、ただ個人的にはもう少しスピード感を落とした方が見易かった印象もあったのでした(汗


まあこの劇場版SAOは原作者のオリジナルストーリーでもあるらしいんですけども、観た感じですとやはりテレビアニメのその後といったようでもありましたから、もし新規の方が観たとしたらあんまり楽しめない作品だとは思います。SAOの経緯とかは説明されていても、キリトを取り巻く人間関係とかはそれほど詳しく描かれていなかったりなのでちんぷんかんぷんは確実。・・が、逆にファンの方でしたらその辺りは既知でしょうから、見知った人々がほぼ出てくるオールスター的な大盤振る舞いなんかも凄くボリュームがあって満足ができるはずですし、アニメの方でしか知らない自分でも同様の気持ちにはなれた。キリトとアスナの恋愛模様の方も少しではあるけど進展は見せていたので、繋ぎのような役割も含め『次』に向けての良い作品になっていたと思いますね。
絵が綺麗だったし、普通に面白かった。
▲絵は後から入れる予定→予定完遂。 五つ星評価で【★★★宮崎駿と対照的】 原作小説、TVアニメ未読未鑑賞。いつもの如く一見さん鑑賞である。 冒頭、今までの『ソードア ...

コメントの投稿

非公開コメント

おひさです

うん、このシリーズのお楽しみはやっぱり”キリト無双”ですよね(笑)キリトくんが強くてナンボ。チートでなくてもほとんどチートだろって笑っちゃうくらいスゴイのが愉快です。
もはやそれ見たさで私もこっそり観に行ったわけで、久々に本物の二刀流も見られたし、最後のアレ何よってくらいの一振り殲滅が爽快で概ね満足でした。

しかしまぁ、さらなる続編決定とか。
原作は私もほぼ未読なのだけど、気になってウィキとかであらすじみるとまぁ同じこと繰り返しているというか、菊岡さんのうさん臭さというか、好みの路線から外れてきている感じなのでとりあえず様子見ってところですね。

最近年取ったせいか、まどマギのような変化球とかアンハピエンドにはストレスばかりを感じちゃうので、多少の苦難はあれど最後はまるっと王道ハッピーエンドを好んでます。
とはいえ、ハーレムはそろそろねぇって感じ。
そんなこんなで、EDのアスナ家訪問のカットは良かったです。

ご無沙汰しております^^

>たいむさん♪

個人的にアスナのお色気要素とかも見応え(汗)はありましたが、やっぱり自分もキリトの一騎当千な活躍がこのシリーズの一番好きな所ですね♪確かにチート並で強過ぎない?っていう意見も聞きますが、ゲーム好きの視点としてはやはり主人公キャラは強くあるべきなので、今回もありえん速度でランク上げて行くところは『おいおいw』なんて思いつつも、さすがキリト!とどこか納得してしまっていたのでした^^;

そういえば最後でマーベル作品のよろしく、戻ってくる宣言されてましたね。おそらく三期だと思いますが、自分も原作を知らない分、今度はどういうオンラインゲームが出てくるのか楽しみですね。

PAGETOP